月別アーカイブ: 2020年8月

逆転のイギリス史 玉木俊明 著

逆転のイギリス史
今年は世界史を読むとしています。
経済史をとおしてイギリス隆盛の軌跡を追うとともに衰退期においてものこる強さを解明しています。
まず単にイギリス以前にヨーロッパ諸国が他の地域に覇権を伸ばしていく要因にその軍事力の革新とあります。15世紀頃より銃火器が普及し、また航海術の進歩とともにヨーロッパの大航海時代が始まり覇権拡大がおこります。イギリスは他の諸国よりは後発ではありましたが18世紀にはオランダよりヘゲモニー国家の地位を奪います。
イギリスの興隆の要因に巧みな財政政策が述べられています。欧州諸国との覇権闘争に戦争が絶えない時代でもありましたが、軍事費の高騰はその闘争の重要なカギとなっていました。イギリスは戦争がおこるたびに戦時国債を発行しそれを長期の償還とする事で乗り切っていました。これにより平時においてもその支払いは続きますが戦時の戦争遂行能力は高まります。近代欧州において「財政=軍事国家」としての最大の成功をおさめていたとされます。
さらにイギリス興隆の要因としてクロムエルの遺産とされる「航海法」と「消費税」。航海法により貿易にイギリス船籍以外は排除しイギリスは世界最大の海運国になります。また「消費税」により好景気が直接的に税収増にと繋がっていきます。
以前からの知識であればイギリスが覇権国家になった要因に、世界に先駆けて産業革命をおこし世界の工場としての力があったとされていました。しかしこの著作ではそれ以上に金融や財政の力があったとあります。

百年戦争 佐藤 猛 著

百年戦争
今年は世界史を読むとしています。
百年戦争とは遠い地の遠い過去の出来事として馴染みが薄い戦争です。予備知識としてジャンヌ・ダルクやシェイクスピアが描いたヘンリー5世くらいしか思い浮かべません。しかしこうしてこの著作を読めば現代に繋がるテーマが浮かび上がってきます。
このイギリスとフランスとの戦争は現代の国家間の戦争と同様には考える事はできません。そもそもその現代の概念で考える国家すら成立していません。そこにあるのは王や領主の支配する土地でありこの戦争はイギリスとフランスの王家や領主間の戦いでありました。
始まりは1337年。イギリス王のフランス王位継承権の主張や、フランス領内のイギリス王領有権の問題から勃発。途中に長い休戦期間もありますが、諸々の懸案は解決されず、主にイギリス王軍のフランス領侵攻により戦闘が行われ1453年のフランス軍の勝利により終結します。
現代人からその理解の妨げとなっているのが今と異なる国家の枠組みです。イギリス王がフランス王の臣下であったり、イギリス王がフランス領内に広大な領地を有していたり。さらに王家同士の婚姻関係が複雑に入り組んでいたりであります。
結局この戦いを終結に向かわせたのは国家の枠組みの中での臣民の存在であったようです。臣民の協力なくては戦争の遂行も終結もできい現実が露呈してきます。その象徴が”ジャンヌ・ダルク”であったようです。
この戦争の結果に明らかとなってきたのは、イギリス人でありフランス人の存在です。
私が興味深く思えたところは、戦争の初期のいくつかの会戦において数に劣るイギリス軍がロングボウを駆使して圧勝した事実です。ロングボウとは日本的には長弓に相当するもので、使用法とすれば直接照準ではなく曲射により弓矢の雨を降らせその弾幕効果によりフランス重装騎兵の突撃を砕いたようです。フランスが多く用いたクロスボウに比べ速射能力何倍もありそのあたりが勝敗の分かれ目であったようです。しかしロングボウはその習熟に期間を必要とし、一旦兵員か欠乏すればその補充が容易に行えない難点があります。従って戦いが長期化すれば戦力が先細りしていくのは否めません。

繁栄と衰退と 岡崎久彦著

繁栄と衰退
今年は世界史を読むとしております。
この著作も歴史の叙述以上に現代日本への警鐘を考えた一冊です。
著者は外交官にして外交や国家戦略の著書が多数ありオピニオンリーダーとして著名です。私は40年ほど前に著者の「戦略的思考とはなにか」を読み随分と啓発された記憶があります。当時の私は人生の岐路に立っており、国家間の戦略を説いた本からではありますが、大きな決断の後押しとしました。要はたんたん亭に入り将来のラーメン屋開業を目指す事を「戦略的思考」の結果と自分的に納得していました。
この著書は1990年から「文芸春秋」に連載されたまとめであり当時の連載の何回かは読んだ記憶があります。
著者は17世紀のオランダの歴史が現代の日本の置かれている状況下に酷似していると推論しています。その歴史を探る道として20世紀前半に出版されたイギリス人エリス・バーカーによるの「オランダの興亡」を読み解きながら論を重ねていきます。
種本をしっかりと明かしているのは知的誠実さなのか、もしくは本来が学者ではなく外交官であるという立ち位置なのでしょうか。どちらにせよこの著書から導き出そうとしているのはオランダの歴史叙述以上に今の日本への経世の書としたい意図が伝わってきます。
17世紀のオランダは長かったスペインからの独立戦争を終わらせ、海外飛躍により空前の経済的繁栄がもたらされていました。しかし自国のもつ国際的な評価を自覚せず、また軍事力の整備も怠っていました。さらに国内政治の党派性が強く統一的な国家運営がなされずしだいに国際政治におけるヘゲモニーを失っていきます。
著者とすればそのあたりが1990年代の日本と重なり危機感をもって執筆の動機となったようです。

大英帝国衰亡史 中西輝政著

大英帝国の
今年は世界史を読むとしております。
この本は初版1997年当時に一度読んでおります。当初は書店では世界史の書棚ではなくビジネス書の類と一緒に並べられておりました。発行所が(PHP研究所)で雑誌「Voice」に連載されていたところからか。また内容が歴史叙述よりも歴史を考察しそこから現代への啓蒙に力点をおかれているせいか。また著者が学者であるだけでなく保守派のオピニオンリーダーであるかもしれません。しかし今でも書店で歴史書のコーナーで見かけたり、また版を重ねているところから高い評価も受けているようです。
大英帝国衰亡史とありますが前半の3分の2あたりまでは帝国の興隆を扱っています。小さな島国がいかにして世界帝国を築いたその興隆の要因はその衰亡においても重要なファクターとして考察されるべきともあります。
本書はエリザベス1世の治世から現代までの400年間を扱っていますが、近代イギリスの時代精神やエリートの精神構造に帝国の興隆の諸条件をあるとしています。またそれは父子相伝されていく貴族の精神なかにみいだしています。
その繁栄と絶頂を迎え帝国がやがて衰退していくのは当然の摂理でありますが
その転機は19世紀の世紀末、ボーア戦争をへてイギリスのエリート層に精神的活力の変化にみてとれます。それはこの戦争に対する幻滅と疑問は帝国全体の理想にたいする懐疑へとつながったとあります。
「ノブレス・オブリージュ」。その興隆の活力となった貴族またはエリート層の精神の退潮が帝国を衰亡へと向かわせたとありました。

アードラ・ダバ@神田

DSC_0049

今日も酷暑です、しかしこんな日を楽しむ事もできます、こんな日こそ南インド料理をいただく絶好の日よりかもしれません。暑い大気が現地の雰囲気をかもしだしてくれ店に行く道すがら期待がたかまってきます。
近年南インド料理の店は増えていますが、ここ神田にある”アードラ・ダバ”も比較的新しい店です。ここは調理もサービスもインド人、お客もインド人が多く、今日も隣のテーブルでは手食しながら盛り上がっているな御一行いらっしゃいました。
いただいたのはランチミールスセット1250円。基本のカレー”サンバル””ラッサム”それと”マトン””野菜”のカレー、これをインディカ米の上で混ぜて食べます。カレーの混ぜる割合により味に変化をつけながらいただきます。時おり粒のスパイスをかみ砕き口の中で小さな爆発が起こります。ご飯も基本のカレーもお替りが自由なので随分とお腹がいっぱいとなります。食後は体内でスパイスで熱くなりますが体の表面は涼しげな感じです。これで外の暑い大気にふれれば気分すっかりは南インドといったところです。

冷や汁定食@やよい軒五反田店

yayoi
こんなに暑い日の昼ごはんはは宮崎県の郷土料理の”冷や汁”が美味しく食べられます。そこまで気温が上がらない日にはさして美味しいとは思いません。いわば冷たい味噌汁かけご飯の類いですからご馳走ではありません。実際今年の梅雨時にも食べましたがいまひとついった処でした。
この”と冷や汁”は本来家庭料理です、もっと言えば農家の昼ご飯、夏の農作業で田の草取りなどやった後に畦の木陰なんぞで家族で車座になっていただくのでしょう。そんなシュチュエーションまでもってゆけば本当にご馳走です。
そんな”冷や汁”をここ東京の街中でいただける所はかぎられます。私がいつも利用するのは”やよい軒”の冷や汁定食です。

ミスターデンジャー@東あずま

デンジャー松長光弘
元プロレスラーのミスターデンジャーこと松永光弘の経営するステーキレストランです。
最近上辞した著書にレストラン経営はデスマッチより酷であるとあります。前回のブログでプロレスラー川田利明氏のラーメン屋経営の著書をとりあげましたが、それと同様に飲食店経営に真摯に取り組んでいる姿が伝わってきます。
店主は現役時代に過激なデスマッチで名を馳せていました。そこでは有刺鉄線バットなどの凶器を持ち込んで戦うのですが、最後にはその自らが用意した凶器で逆襲される流れがあったようです。そんなところにヒールといえども根は真面目でお人よしの本性がうかがえます。
こちらのステーキは通常のレストランでは扱わないような筋の多いい部位を仕入れ、丹念にした処理することにより柔らかいステーキに仕上げているそうです。しかしその下処理が根気と体力が必要とし元レス―ラーであった店主も音を上げるような仕事だそうです。そうして安くて柔らかなデンジャーステーキが提供されています。
いただいたのはデンジャーステーキ250g、店のお勧めはパウンドステーキ450gですがいかにもそれは食べきれまいと思いました。しかし柔らかい赤身のステーキはことのほか食べやすくお勧めでもよかったかもしれません。また食後も脂身がなかったぶん消化がよくお腹にのこりません。豪快な風貌なわりに繊細な一品でありました。
お店はカウンターとテーブル席からなるオープンキッチンの作りとなっており店主の調理風景も垣間見えます。現役時代より小さくなった体で鉄板に向かう姿はまさにステーキ相手のデスマッチの様相であります。

「してはいけない逆説ビジネス学」著者 川田利明

川田利明

ここには著者の悪戦苦闘の十年間の正直な記録があります。
かつて全日本プロレスの四天王プロレスの一角として激しく危険な戦いに臨んでいた著者がそれと同様に過酷と語ったラーメン屋の体験があります。
先日お店に向かい実際に食べてみましたが本当にご本人が作っている姿を見て驚きもありまた偉いなと感心もしました。かつて他のジャンルで名を成した後のセカンドキャリアとしてラーメン屋の開業をされる方もありますが、毎日厨房で仕事されているとはかぎりません。それを考えれば著者の真面目さが伝わってきます。
毎年多くのラーメン屋が開業しまたそれと同じだけの店が廃業している現実は、ラーメン屋の新規参入障壁が低いからでしょうか。また容易に金儲けができそうな成功談も巷にながれてもいます。そんな折のこの著書はラーメン屋など過酷なめにあうから止めておけという趣旨であります。
ビジネス本の類に実業界で成功された方の実話が多くあります。しかしそれらを読んでも成功の疑似体験でよい気持ちにはなるかもしれませんが、実生活には役立たたぬとおもいます。実際に読んで為になるのはこんな失敗談を赤裸々に綴った一冊かもしれません。
私の体験を照らし合わせて考えれば著者の苦闘には無理からぬと要因もあります。
まず調理経験をいくら積んでいようとさらにプロとしての一定量の経験を積むことが必要です。著者は高校の部活やプロレスの合宿所における調理当番を長年経験しさらに知り合いの中華料理店において一年修行し独立開業をしたそうです。しかしたとえ長年主婦をされた方でも飲食店経営において即戦力にはなりません。飲食店経営における調理と、対価をいただかない調理と大きくことなります。さらに知り合いのお店で調理を教えてもらえても、開業後に同じ仕事内容で店を回しているわけではありません。
私の場合も家庭の事情でたんたん亭に入るまでに家庭料理全般を会得はしておりましたが、入店後に教わった様々な仕事は新鮮で興味深い内容でした。そこから足掛け六年勤めそのうちの4年は店長として店の業務全てを任せていただきました。そんな経験を踏まえた後の私の独立開業には著者のような悪戦苦闘でもなく、堅調な店舗運営となっていきました。とはいえラーメン店経営の全般になにも問題が無かったわけでもなく、けっこうな試練は開業後20年あたりでやってきましたがその話題はあらためて披露させていただきます。
なによりも大切な事は独立開業時に自分が勤めていた時と同じ仕事で経営できるかであります。お客様に提供する料理は既に何年にもわたって培われたものであれば、無理のないオペレーションもつくれます。実際に私以外にしても、かづ屋からの独立した者で店長クラスを経験すれば開業時に勤めていた時と変わらぬ仕事内容で店舗運営で良い結果を生んでいます。

はやしまる”梅塩つけ麵”

DSC_0038
「美味しいね、夏の新作か!」
「いえいえ以前も食べているはずですよ、約15年前からのはやしまる夏の定番です。」
店主に正されてしまいました。私の記憶もいい加減です。
うどんでは梅シソもけっこう相性の良い具材となっていますがラーメン系ではあまりみかけません。
この梅塩は、はやしまるの水で洗い締めたプルプル麺を実に美味しくしてくれます。つけ汁にはしっとり柔らかな鳥肉がけっこうな具となっています。これは低温調理だそうです。
今シーズン中にもう一度は食べたいですね。