月別アーカイブ: 2020年5月

春水堂@代官山

DSC_0099https://goo.gl/maps/hWBdXt1fK32kLmnH6
今はまっている豆花が近くにもありました。代官山はタピオカ紅茶で有名な春水堂です。こちらはもちろんタピオカドリンクが第一の看板ですが台湾のスイーツにとどまらず麺類などもたべられます。
それではと私の好きな台湾のソウル麺”牛肉麺”とチマキも一緒に注文しました。
お店は土地柄にもふさわしくセンス良くあか抜けています。ホームページをのぞけば台湾で同名の店もありますが運営は日本の法人のようです。さらに母体の本業は建築設備関連であります。意外な取り合わせでありますが店舗が展開しており隆盛な会社のようです。
豆花は今回も美味しくいただきましたが、もしかして家でもつくれるかもしれません。これから調べて挑戦しますか。

ミートフレッシュ シェンユイシェン赤羽本店

DSC_0097href=”http://www.meetfresh-tokyo.jp/”>
豆花は豆腐のような台湾スイーツです。中華世界各地で類似するものはいくつもありますが、近ごろ日本で広がっているのはこの台湾を発信源にしている豆花です。
東京でも食べられる店が増えています。私はこれで3度目ですがもうすっかり虜になっています。
コロナ禍の今日、休業の店、テイクアウトだけの店、様々ですが店内で食べられる店を目指して赤羽まで足を延ばしました。
こちらは台湾で何店舗も展開されているようで、その日本での一号店です。そんなところからファストフード店を思わせる店内やメニュー構成などこなれた感があります。
豆花の楽しみはバラエティーに富んだトッピングにあります。柔らかに煮た豆類やフルーツまた芋類を使った団子など。私の好みは柔らかいピーナッツと小豆ですが、品を変えて毎日でも食べたいスイーツです。

ロシア・ロマノフ王朝の大地 土肥恒之 講談社学術文庫

ロマノフ王朝
今年は世界史を読むです。
著者は「ピュートル大帝とその時代」の土肥恒之氏。ロマノフ王朝の前史からロシア革命またペレストロイカまでを網羅しています。
ロシアとはヨーロッパの辺境かもしくはヨーロッパとアジアとの狭間か、どちらにせよロマノフ王朝の歴史は西ヨーロッパを範にとる近代化の道であったようです。
ロシアはその国家としての始まりにおいて“タタールのくびき”と言われるモンゴル人の支配をうけ、その過酷な記憶が呪縛となり以後の歴史を作っていきます。それはロシアの後進性の要素の一つであったようです。
そんなロシアの近代化に大きく舵をきったのがピュートル大帝で、さらに革新進めたのがエカテリーナ二世の治政でありました。そのあたりの宮廷ドラマ、対外戦争、勃発する内乱、まさに波乱の歴史であります。
近代化や西洋化を進めればそれに伴い国民の啓蒙も進み、生活の向上や圧政への反発が生まれるのは当然の帰結です。帝政の強権を維持しつつ民生を抑えての近代化は国内におおきな矛盾増大させ、最終的にはロシア革命そして社会主義の建設にむかいました。
本書はロマノフ王朝史を柱にしていますが、ロシアの通史としてコンパクトな一冊です。

ファクターx

山中伸弥先生がまた新たな発見か!「ファクターx」とは?
日本人のコロナウイルスにおける死者の少なさは何か要因がある、それを仮に「ファクターx」とするらしいです。決してまだつきとめたわけではないそうです。早合点でした。
しかしこの現実をいかに理解するか今後研究が猛烈に進むそうです。
しかし私的な素人の感であるのですが結局は生活習慣や清潔感の異なりではないかと思います。
何十年前の話しですがパリの下町をウロチョロしたことがあります。街の記憶としてあるのは臭くて不潔な所です。まず犬の糞が至る所に、公衆トイレは詰まっており道に溢れています、それに醗酵の強いチーズの匂いが漂いさらにたばこの匂いが重なります。
歴史本によるとヴェルサイユにはトイレがなく皆は庭で行い、女性にしてもあの長いドレスのなかで垂れ流していたそうです。またルイ14世は消化器系が弱く常にオマルに座って執務をとり、王に謁見した者は臭さに閉口したそうです。さらにヨーロッパの都市は近世まで街路に糞尿を垂れ流いていたようです。そこにはあまり小さな事にこだわらず近代文明を構築するのに邁進している姿があるのでしょうか?
現代はかような事はないでしょうが土足でベットルームまで入る生活は同じです。さらに人間関係の構築にスキンシップが大切であるようです。儒教的な礼節を教え込まれたアジアの諸国民とは実に異なっています。
かつて山岡荘八の小説の中に、吉田松陰のお母さんが貧しい家ではあるが「神州清潔の民」として、日風呂(毎日お風呂に入る事)を実践されていたと書かれてありました。実際には幕末の尊皇家の詩にあるようですが、思想とは離れても納得します。
「ファクターx」とはこんな処ではないでしょうか。

お持ち帰り調理済みワンタンスープ

DSC_0080
以前から構想はありましたが、こんな世相に後押しされ始める予定です。
冷凍のワンタンスープはありますが持ち帰ってすぐに食べたい皆様も多いでしょう。
この商品で考えた事はまず熱々のスープをいかに保つか。今回選んだカップでは10~15分くらいは納得のいく温かさです。さらに冷めてもこのまま電子レンジで3分。これなら自信をもってお勧めでできます。
また揚げネギも有料になりますがお付けできるように考えています。
ただいま準備中ですが、数日のちに販売開始となります。

最高の議会人グラッドストン 尾鍋輝彦著

グラッドストン
19世紀を代表するイギリスの政治家、3度の組閣を含め60年以上の議員を務める通称「グランド・オールド・マン」、好敵手ディズレリーとヴィクトリア女王と並び立憲君主政治の主人公の一角であります。
先日ヴィクトリア女王の評伝を読んだ折にそのことごとくに対立する議会人として存在を知り興味をもちました。そこでこの人物の評伝はないかと探しましたが以外にありません。やっと見つけた本書は1971年に書かれ1984年に出版されさらに2018年に復刻、著者は尾鍋 輝彦氏、1908年生まれの西洋史学の泰斗、そんなところで言い回しに時代を感じますが読みやすく書かれています。
グラッドストンのベースにはイギリス国教会への深い信仰心があります。その非常に保守的な考えを出発点にしながら議会人後半には次々に革新的な政策に挑んでいきます。それは選挙制度改革により普通選挙をめざし、またアイルランドの自治を提案したり、さらに女王の強権的な対外政策やディズレリーの強い帝国主義的政策に批判的であったり。現代につながる政治姿勢を貫いていきます。
当時のイギリス議会には保守と自由の2大政党対峙の構図がありますが、この著作によりその実態を克明に追えば数々の政策ごとに各党の内部での意見の相違があり、その都度党を割る者もありそんな単純な構図でもなかったようです。さらにアイルランドは未だ分離しておらずイギリス議会内にその党派を組み、自らにかかわる法案には特にその存在感を示しておりました。
ともあれこの19世紀においてどこよりも進んだ政治システムを機能させていたことは驚異といえます。しかも世界中にその支配権を広げ、最も影響力のある国が議会制で営まれていとはまさに栄光のイギリス近代史といえます。
そんな時代を議会人から通して考えるのは意義深いといえます。

個人営業の店が絶対に敵わない・・・・・

href=”https://zuuonline.com/archives/213930″ target=”_blank”>
先日、川田利明氏のラーメン屋「麺ジャラスK」にうかがいましたがそれに先立ってネット上で氏の著書の抜粋を読みました。そこにはラーメンビジネスの難しさが体験を踏まえて切々と語られています。特に大手チエーン店との競合の難しさが具体的事例でもって語られています。そのあたりはおおいに共感できるところであります。
しかしそれでも大手チェーン店と渡り合っていく方法はあります。小規模経営の店が相手と渡り合うには我々でしか出来ない事をするしかありません。それを端的に言えば職人仕事を高めていく事です。
それを実行しようとすると自家製麺はかなり有効と考えます。製麺のポイントは粉の選択と加水量な熟成などありますが、自家製であれば特徴的な小麦を使い個性ある麺がつくれます、また熟成も自分の好みでそのポイントを得られます。加水量もスープとの相性や天候など考慮しながらかえられます。どれも職人的熟練が決めてとなる仕事です。
先日、「支那そば小むろ」で思った事ですが、薬味のネギの切り口が絹目のように舌ざわりが良い、これはよく切れる包丁で手切りしないと味わえません。こんな職人技術が大手チェーン店のラーメンと異なるところです。
こんな小さな事を積み上げて大手チェーン店との違いをだしていくべきでしょう。
そんななかで絶対にしてはならない事は価格競争です。これだけは逆立ちしてもかないません。もしもこれにはまると自滅の道しかありません。

麺ジャラスK@喜多見六丁目

DSC_0077
元全日本プロレスの川田利明氏のラーメン屋です。
有名人、著名人の飲食店は多くありますが自ら厨房に立っている方は少数派です。さらにその経営にたいする真面目な姿勢をときおりネットで垣間見る事があります。稀にですがプロレスラー川田利明をテレビで観ましたが、そのストイックで激しいファイトスタイルが印象的でした。さてその姿勢がラーメンにいかに反映されているか興味が沸くところです。
店内の食券販売機には初めての方は「白湯カレーラーメン」をとありましたので素直に従いました。麺は若干柔目ですがカレーとの一体感があります。薄いチャーシューはレアーっぽくスープの熱で食べ頃になります。揚げネギに生玉ねぎと薬味も生きています。
ラーメンに真摯に向かい合った好感のもてる一杯でした。
https://goo.gl/maps/XAhc3GcnPKMHKiu48

物語スペインの歴史 岩根圀和 中公新書

レパント海戦
今年は世界史を読むとしました。今回はスペインの歴史です
「北部のガリシア地方は、スペインの溲瓶(しびん)と揶揄されるほどに雨が多い。」冒頭にこんな表現の文があるので、この物語歴史シリーズではすこし毛色の違うかと思われました。確かにこの著者はイスパニア文学の先生であり、この国の通史を述べるよりこの国に生きた人物を語りたかったようです。
なかでもセルバンデスに多くの紙面が割かれています。それが我々のよく知る「ドン・キホーテ」の作者としてではなく当時を生きた兵士であり末端の役人であったりします。まずはオスマントルコ対スペインを中心としたキリスト教連合軍のレパントの海戦の最前線で戦い負傷します。さらにスペインに帰還の途上でイスラムの海賊に襲われ囚われて奴隷の身となりまたそこからの脱走話になります。また無事帰還後は小官吏となりスペイン無敵艦隊への食糧調達に奔走したりでありました。そして結局「ドン・キホーテ」の創作余談などはなくすこし肩すかしではありました。しかしこんな個人の虫観図のような物語に16世紀のスペイン社会が生き生きと蘇ってくるようでした。

支那そば小むろ@行徳

DSC_0076
元従業員のコロナ禍だよりです。
今回は元五反田店の店長の店です。
訪れるのは何年ぶりでしょう。塩味の評判も伝わっていましたが初めて食べてみます。
スープの透明度は醤油味よりも高いようですがうま味は十分出ています。何を工夫したか機会があれば聞いてみます。
麺は以前より若干細いようですが塩味であればこちらが相性いいかもしれません。
訪れた時間は13時半を回っていましたが外で少しまたされました。商店街でもなく駅前でもなくまして会社なんかも在るのか無いのかの立地でたいしたものです。さらに住宅地にして平日のこの集客は立派です。
このコロナ禍の今、様々な防疫対策をうちながら、平時と変わらぬ営業の様ですが、それを支えているのはアシスタントの女性かもしれません。柔らかで的確な接客はお客に嫌味なく安心の案内となっています。かづ屋が引き抜きをかけたいところです。