月別アーカイブ: 2020年4月

パチンコ屋の営業

https://news.livedoor.com/article/detail/18195554/

休業要請に応じないパチンコ屋の店名を公表します、それでも営業します、こんな攻防はかっこうのニュースになっています。そこにパチプロの方からのこんな面白いレポートがありました。営業中のパチンコ屋にパチスロの方が入店し台を見て回ったところみんな釘を締めておりまず出玉は期待できないそうです。今パチンコ屋に行く方は恰好のカモにされますよとのレポートでした。

私も40年以上前に2年程パチンコにはまりました。その経験から言わせていただければパチンコは中毒性のあるギャンブルです。決して遊戯ではありません。

「中世シチリア王国」高山博 講談社現代新書

今年は世界史を読むとしていますが、まずは手当たり次第ですがローカルな歴史も行っとくかとなりました。

まず勘違いしていたことは北方のヴァイキングが例の一本マストとオールのついた船を乗り付け、牛の角のような兜をかぶり暴れまわってシチリアを征服したのかと考えていました。しかし、そもそものノルマン人は北方をその出身地にしていますが、このシチリア王国を作ったのはフランスのノルマンジー地方に定着した人々であったようです。イングランドを征服した人々と同根です。そして彼らがイタリアをめざしたのは傭兵としてです。南イタリアの群雄割拠の争乱に需要があり、大挙してではなく少数のグループとして陸路でやってきたようです。ヴァイキングの時代の尚武の気質をもった人々は、傭兵としてこの地の抗争に加担していくうちに勢力を拡大していきシチリアとイタリア南部をふくめた王国を建国したようです。

そんな尚武の民が作った王国ですが、ビザンチウムのギリシャ語、イスラムのアラビア語、イタリアのラテン語を用い、またそれぞれの文化を尊重した多民族の王国を築いたようです。

その後の歴史では主要舞台から外れた感はありますが、11世紀から200年ほど続いたこの中世王国は、イスラム、ビザンチウム、ラテンと大きな文化圏を考えるうえで重要な存在かもしれません。

タイのプラユット首相が打ち上げた富豪への寄付の要請

「タイのプラユット首相が打ち上げた富豪への寄付の要請」

https://diamond.jp/articles/-/235520

コロナ対策で巨額の財源が必要とされます。こんな感じで日本もお金持ちにお願いするのもよいかもしれません。

そして肝心なところはその事実を大きく報道してみればいかがでしょう。新聞の一面トップとかテレビのゴールデンタイムで政府高官、地方自治体のトップに直接お礼を言ってもらいましょう。

日本の富豪の皆様にしてみれば、「蓄財もここまでくればあとは名誉だ!」と考えているかもしれません。

有名な富豪の方もいますがまだまだ私たちのしらない隠れた富豪もいらっしゃるとおもいます。

 

「イギリス近代史講義」川北稔

DSC_0046

書名からイギリス近代の歴史が順を追って記述されているかと思いました。
著者はイギリス近代史の泰斗の川北稔氏。30年以上前に同氏の「路地裏の大英帝国」を買った記憶がありますが読了の記憶はありません。
語り口は優しくはありますがテーマは核心的であります。歴史事象を粗方踏まえた前提での論考となります。本のカバーに入門書とありますが歴史学の論題に挑む上での入門かもしれません。私ももうすこし学習したうえであればもっと楽しめたかもしれません。
しかし歴史学の講義合間に先生が様々な逸話を挿入してもらっているような感もありました。
納得し理解できた事に、アジアが対外進出をせずなぜヨーロッパでてきたのか。アジアの帝国はそれ自体が世界を包括していると自認していたが、方やヨーロッパは主権国家が並列しお互いに鬩ぎあいやがて外に向かう力となった事。
また産業革命はロンドンにスラムを生んだとされているが産業革命の主体はランカシアにありロンドンのスラムは港湾労働者の居住区である事。
イギリスの衰退が論じられるさいに経済の低成長や世界の工場の地位でなくなったなど指摘されるが、しかしシティの金融資本は健在でありそれが本来のイギリスの力ではと説かれてあります。
最後に現代日本への示唆含んだ論考で結ばれています。

それぞれの立場でコロナ禍を

それぞれの立場でコロナ禍を乗り切ろうとする努力がされています。
かづ屋では営業時間短縮や外出自粛による売り上げ減少を、お持ち帰りの冷凍麺によって補おうとしています。ありがたい事に冷凍麺の売り上げが徐々に上がっています。仕込む量も一段と増やそうと考えています。
営業時間短縮しても従業員の残業は減らさず、給料は変わりなく払いたく考えています。その為に私の仕事量を減らし夜は家に帰っています。おかげで読書の時間も増え、ブログを更新する余裕もうまれました。社会に出て以来こんなに仕事量が少なかった事はありません。骨休めも兼ねて有意義に過ごしたく思っています。

感染拡大を防ぐために様々な取り組みがなされていますが、全てが的をえた試みばかりではないようです。
今日のニュースでパチンコ店の営業自粛に応じない店を公表した結果、逆にお客が殺到し長蛇の列ができたそうです。対策をたてる方にはパチンコ民の心情まで理解できなかったようです。しかし結果を冷やかす事は簡単ですが様々な要件にすべてに的確な対策は立てがたいのでしょう。

東インド会社とアジアの海

51cyYGrX4+L._SX359_BO1,204,203,200_[1]
今年は世界史を読むとしましたが各国の通史を幾つか読んだ後にこんなテーマ史にも立ち寄りました。
まず私に大きな勘違いが、東インド会社とはインドの東の地域ベンガル湾を主だった活動をしていたからではなかったようです。そもそも東インドとはアメリカ大陸が西インドと呼ばれる関係で東インドとなったようです。会社の活動範囲はペルシャ湾から始まりベンガル湾、今のインドネシアの領域、南シナ海、東シナ海を経て日本に至る広大な範囲でありました。
事の始まりは16世紀に入らんとしている時、ヴァスゴ・ダ・ガマが喜望峰を廻りインドへ到達したときからです。そのポルトガルの手法はいきなり大砲を打ち込むような強引さで交易が始まります。それに続くオランダも島の住人を皆殺した後に他の島の住人を奴隷として連れて行きプランテーショウンを作るなどやりたい放題でした。
またそれに続くイギリスやフランスは先行するポルトガルを駆逐し、軍事力と巧みな外交でその活動範囲を広げていきました。
認識を新たにした事は、オランダもイギリスも国営会社ではなく国からの後押しもありますがあくまでも株式会社のような成り立ちであったようです。しかし軍事力もあり外交権もある特殊な会社ではありますが。
当初の目的は香辛料や香料でそれからインドの特産の綿織物と続き茶や陶器と続き、ヨーロッパの生活を大きく変えた会社でありました。このようにアジアの物産はヨーロッパにとって必要な物資でありましたがそれではヨーロッパから何かであったか、それは新大陸で生産した大量の銀をであったようです。
さてヨーロッパとアジアがさほどの力の差がなかった当時において如何にしてヨーロッパの覇権がおよんでいったのか、その解答に近いものが1757年のプラッシーの戦いです。主権国家の概念もなく国民国家の国民の存在もなかったアジアの君主国は少数のイギリス東インド会社の軍隊に戦闘らしい戦闘もなく敗れ去った。これがヨーロッパによるアジア支配の始まりの象徴的事件であったようです。

物語 イタリアの歴史

物語イタリアの歴史
今年は私的に世界史の総ざらい(初の分野もありますが)と考えています。
手始めに新書サイズを手当たり次第にと考えて、中公新書の「物語****の歴史」を何冊か読んでみました。
そのなかで優れて面白かったのがこちらです。
筆者の藤沢道郎氏はイタリア史・文学が専門、当初はイタリアの共産主義者グラムシの研究家です、歴史の先生とすれば異色であるような。
そんな筆者であるからか語り口が軽妙で引き込まれるように読ませてくれます。そして読み進すめばちゃんと歴史の流れが入ってきてます。
本の構成はイタリア史を彩った各分野の10人の人物の評伝を通して歴史が描かれています。「聖者フランチェスコ」「コシモ・デ・メディチ」「彫刻家ミケランジェロ」等。
最終章の「作曲家ヴェルディ」ではオペラ「ナブッコ」において古代ユダヤの民の亡国の心情を歌った「行け、思いよ黄金の翼に乗って!」に、19世紀半ば、イタリア統一の途上、未だオーストリア等外国勢力が跋扈する祖国に重ね、イタリア国民の心を揺り動かしたエピソードは感動です。翌日は私もさっそくオペラ「ナブッコ」を聞きながらの散歩をしてみました。

こむらさき@宅配

DSC_0044
お客様に送っていただきました。ご来店の折、鹿児島の方とおききして「こむらさき、美味しいらしいですよね。以前から食べてみたくて」などと軽口をたたいてしまい、「じゃあ送りましょう。」とお客様がおっしゃりこうして到着。ありがとうございます。
箱から出してみると、レトルトパックのスープ、半乾麺の麺、キャベツの千切り、すりおろしにんにく、青ネギ、揚げネギ、そして名わき役の大根漬け。充実の内容です。お店でいただくのを出来るだけ再現しようとの心使いが溢れています。
さていただいてみれば白湯のスープはコクがありながら飲み口がよく、それをよく吸い上げる無カンスイの麺はこしがあります。私が食べたラーメンのでは類例のない味わいです。
添えられた小冊子を読めば創業者の女将の旦那さんは台湾ご出身だそうです。揚げネギがそれらしい存在です。
しかし、渋谷の喜楽といい尾道の朱華園といい、なんと台湾由来の味に私は心惹かれることか。

デビッド デリ@白金高輪

DSC_0040
冷凍の持ち帰りの販売が増えています。そこでスープのストック袋の残数が少なくなったので河童橋まで買い出しです。
コロナ禍から飲食店がテイクアウトに力を注ぎこの手の容器がどこも品薄です。それではと足をのばしまとめ買いとしました。
その道すがらランチタイムの終了間際に入店しました。時間を考えた狙い通り店内は空いており安心して食べられました。
ここはイスラエル料理の店、食べたかったのはフムス。真ん中のペースト状の一皿です。ヒヨコ豆をペースト状にした中近東周辺のお馴染みの料理です。これをこれまたこの辺りお得意のピタパンにつけて食べます。これを週一ぐらいでも朝食でいただけたらとおもいます。
デビットデリhttps://goo.gl/maps/4pH2U6wbhcaYRuyz5

無愛想

東京に住み始めた当初は飲食店等の接客に馴染めぬ処がありました。無愛想でどこか気取っているようでなにか若造の私が見下されているような。しかしなにか問題が起こったりすると意外と親切であったり気が利いていたり、大抵は皆さん優しいお人柄であるようでした。
人がもつ距離感は人それぞれですが、初対面や接客などの場合など相手の距離感が図れない場合は少し開けるのが無難で、また相手方を尊重した姿勢といえます。東京人の接客の底流にはそんな空気があるのでしょう。
かたや関西方面であればいきなり距離を縮めるのがご当地流なのでしょうがそれはそれで良さもあるのでしょうが馴染めぬ人もあります。
かづ屋に寄せられる声に無愛想だとあるのがあります。さらに笑顔がないなどもあります。私は従業員に対し愛想よくしろとか笑顔を振りまけなどと要求はしていません。
人はそれぞれの特性で簡単に笑顔を作れたり作れなかったり。歌が下手な者に無理に歌わすのは酷な事です。今の男性スタッフはどちらかと言えば歌が下手。そのかわり女性スタッフは笑顔と愛想が良いので評判も上々です。
ここ数十年の変化で、ファストフードや大型チェーン店が増え、マニュアル化した接客が世に浸透してきました。その中で笑顔の接客も定番化しているようです。私にしてもどちらかと言えば笑顔で迎えられるほうがよいですが、あまり意味のない笑顔で迫られて困惑もしますし、なによりも相手の笑顔に仏頂面もなんですのでこちらも笑顔でかえせばなにか罰も悪い感じがのこります。
今となり私的には東京人の接客は心地よく感じております。