月別アーカイブ: 2020年1月

餃子の王様@浅草

DSC_1354 
焼き餃子420円 うま煮そば780円
かづ屋の餃子とは対照的な野菜餃子です。野菜は驚くはど細かく切っており、皮は薄く多めの油でカリッと焼きあげており、口当たりもよろしく食が進みます。
町中華とはかくなるものかといった店です。
時折、かづ屋を町中華とする書き込みがありますがそれは全くの間違いです。町中華は必ず煽りものがあります。煽りものとは中華鍋で炒める料理です。それとスープの作り方がちがいます。よく要点を抑えて考えれば町中華とラーメン店とは明らかなちがいがあります。
ここ数十年、平成の世に町中華は減少しラーメン店が幅を利かすようになっています。なぜか、皆さん後継者いらっしゃらないようです。
 町中華の興隆は昭和の高度経済成長期にあったようです。店のの方によると、あの時代は企業の残業も多く、ランチタイムもそこそこに稼いだうえに夕方にも出前の注文がたくさんきたようです。
 今、町中華は少なくなっています。その多くは後継者がいなくて閉店に至っています。昭和の時代に忙しく働いておられた方々の子供世代がこの仕事にを引き継ぐだけの魅力を感じてないようです。長時間労働のわりに収入もさしてであればしかたないでしょう。
 常々考えている処ですがもう少し値段を上げれば魅力的な仕事として継承してもらえるのではないでしょうか。すべての料理を100円値上げしても十分納得してもらえると考えます。
 多店舗経営の店はスケールメリットを生かし低価格の設定で経営を進めています。そんな土俵へは個人経営の店は乗るべきではないでしょう。個人経営の店では値段はすこしばかり高くとも手作り方の味を楽しんでいただくべきです。
 時々、飲食店のレポートで安値を評価されている
のに出くわします。それは一般的の方であれば理解もできますが飲食業を批評されている方であれば少し考えていただきたい処です。 町中華のような店が今後とも存続していく為には、すこしばかり値段が高くてもそれを好意的に受け入れていただきところです。
 

焼きワンタン

DSC_1336
 賄い料理としては以前からありましたが昨年暮れから新しいメニューとなりました。
 オペレーションの混乱を考え夜のメニューとしてありますが要望があればランチタイムもうけつけます。
 世に「揚げワンタン」はよく見かけますが「焼きワンタン」は稀のようです。揚げて甘酢餡をかけるのが定番のようですが、難点はワンタンの皮に大量に使われているカンスイが残っているところでしょうか。これを餃子のように茹でて焼けば、茹で湯を切る際にカンスイが溶け出した湯を捨てる事ができます。ワンタンはその薄い皮にするために中華麺の比ではないほどカンスイをつかいます。皮が黄色い色なのはそのせいでもあります。
 余談ですがなにかの広告で「幸せの黄色いわんたん」なる文言がありましたが私には悪い冗談にしか聞こえませんでした。
かづ屋ではそのカンスイをできるだけ使わず美味しい皮を作ろうと試行錯誤をくりかえしました。それを担当したのが大久保に店を構える「麺屋悠」のご主人です。
さらに綺麗な湯で茹でる事でほとんどのカンスイは除去できているはずです。
「焼きワンタン」の身上はパリパリに焼きあがった香ばしい皮です。今までのツルツルの触感とは異なる味わいといえます。
 

2019年の忘年会

DSC_1341
今年も12月30日は仕事納めと忘年会です。目黒の焼き肉屋で全員集合となりました。
思い返せばブログを始めて以来欠かさず忘年会は取り上げています。それをカテゴリーでまとめてみればかづ屋のメンバーの変遷が一望できます。面白そうなので近いうちに行います。

麵屋はやし丸

DSC_1338
寒くなるとここの味噌ラーメンが恋しくなります。
冬季限定メニューで毎年少しずつ改良を加えて出しているそうです。確かにコクとまろやかさが深まっているようです。
ここにいつもの茹でキャベツをトッピング、一味唐辛子を少々加えればキャベツの甘味がアクセントになりツルツルの麺がすすみます。
午後4時半をまわったあたり、ご近所のラーメン屋のご主人もご来店。
私とはやし丸の店主が、修行を半端のまま開業したラーメン屋の悲劇を語ればご近所のラーメン屋さん大いにに賛同。同業者とのこんな邂逅もいいですね。