月別アーカイブ: 2019年6月

喜楽@渋谷

DSC_1258
本日久々に食べて、あれっ麺が変わったような。
25年程前に会計の際こちらの奥さんに「麺を変えてませんか」と訊ねた事が。すると「変えてませんようちはずっとマルヨシさんだから」
なるほどこの麺は丸吉製麺か!と上手く聞き出せました。さっそく杉並区泉町の所在地に向かい麺の納入を持ちかけました、しかしお年を召したご夫婦だけで営んでおられるのでそれは出来ないとお断りを。
喜楽の麺が好きで我が店でもと考えましたが残念でした。しかし製麺所のご主人から麺作りの色々を教えていただきました。ちなみにいま使っている小麦粉はこちらと同じ「牛若」です。
 そんな思い出がありますが本日は本当に麺が変わったと感じました。そこで会計の際に若い店の方に伝えました処、作り手が変わり麺あげを平ザルからテボザルに変えたとおっしゃる。さらにかつて麺あげをなさっていた職人さんがお亡くなりになったとの事。そのベテランの職人さんはお辞めになり余生を送っておられると思っておりました。思えば40年前よりこのヒゲがトレードマークの職人さんの作るラーメンを食べていました。飄々としてリズミカルに麺を上げている姿に接すれば心を和ませてくれる方でした。未だ60代の後半であられたようです。
合掌
そんな話しをした若い方、実は店主自身の息子さんだそうです。祖父の初代からすると3代目です。
ならばと、「ぜひあなたが平ザルの復活をなさってください」とエールを贈って店を後にしました。
喜楽

朱華園@尾道

DSC_1040

尾道市の友人や親戚から朱華園が閉店するとの知らせが相次いででいます。
朱華園は尾道市の老舗ラーメン店でおそらく西日本で最も名の通った店です、各方面に衝撃が走っているでしょう。
 ネットで調べてみれば厳密には本店は休業で支店は閉店のようです。原因が年齢が60代後半の店主の体調不良なので復活するとはかぎりません。それを考えれば6月18日の期限までたいへんな行列になっているでしょう。
 朱華園を元祖尾道ラーメンととするのは厳密には誤りです。朱華園は戦後間もない頃屋台から始まりました。尾道ラーメンは今から30年程前、ラーメンブームの頃の発祥です。その火付け約は製麺業者やお土産物販売の業者で、お土産のラーメンセットがその命名始まりのようです。
 1年前に帰省した折にも朱華園のラーメンを食べましたがこれが食べ納めでしょう。写真はその時のものです。
朱華園

上海小吃@新宿

P_20190605_175811
 上海葱油麺を求めて新宿の”上海小吃”にまいりましたが、まさに「陋巷に在り」といった感のお店です。歌舞伎町の奥深くまたさらに細い路地に入り込んだ所在は、かつて訪れた上海県城の最も深い路地のようなたたずまいがあります。現地感の強い料理をそれに相応しいロケーションで食べられると云うことです。
 上海葱油麺はとはこんなものなのか、前回の店同様に生温い麺料理です。しかしこれも慣れなのか葱油の香りが鼻腔の奥から薫ってきます。油断しているとガッツいて食べてしまいそうに味に馴染んできています。これはもう少しでハマりそうなのでしょうか。
 箸休めのつもりでスペアリブの黒酢煮込みも注文しましたがこれが美味しい。煮込まれて角の取れた黒酢の味が骨付き肉に絡み、実は舌と歯で触ればほぐれてくれます。見た目は濃い色合いですがとても爽やかな食べ心地です。
 店構えからは足を踏み入れるのを躊躇してしまいましたが、たしかな料理がたべられます。また店の雰囲気も雑然としていますが興味を持ってば眺めればこれはこれで楽しめます。私的にはその中で毛沢東と林彪が並んで微笑んでるレリーフを見つけてひとり心を踊らせておりました。
 
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目3−1
03-3232-5909
<上海小吃a>
 

西安麺荘 秦唐記@八丁堀

DSC_1226

DSC_1230

 先日の上海葱油に触発され中華世界の麺料理を訪ねてみました。
 刀削麺や蘭州牛肉麺など現地色濃厚な麺料理が増えていますが、ビャンビャン麺もそんな新顔です。
 水分を加え練った小麦粉を作業台に叩きつけながら引っ張り幅広の紐状にしてすかさず煮えたぎる湯の中に投入します。そうして茹で上げた物がビャンビャン麺です。それにタレやスープを加え具を加えて提供されます。メニューには幾品もありましたが今日はタレと唐辛子等の香辛料で味付けし煮豚や茹で野菜を加えた混ぜソバ「ヨーボー麺」をいただきました。
 説明されたとおりよく混ぜてから口に運べば麺の食感が滑らかで心地よく、噛めば弾力があり舌の上を踊ります。味付けは唐辛子の刺激と香ばしさが麺に良く絡んできます。
 これはとても美味しい麺料理です。パスタの好きな人なら虜になる味かもしれません。
 

〒104-0033 東京都中央区新川1丁目13
03-6280-5899
西安麺荘 秦唐記

蘭氏食苑@浅草橋

DSC_1219
 邱 永漢が激賞していた上海葱油麺を求めて浅草橋の上海料理店”蘭氏食苑”に行ってまいりました。
伺ったのがディナータイムだったので麺料理だけの注文をしがたくブッロコリーのスープ煮などをたのんでみました。目当てではなかったこの料理がことのほか美味しくて否が応でもでも麺に期待が高まります。
 さて上海葱油麺は熱くもなく冷たくもなく、また常温とも異なる冷めた感じに違和感があります。またタレは甘めの醤油味で美味しいのですが、葱油の薫り立つ感じがなく予想外です。もう一方の料理のレベルが高いので何かが違っているのでしょうか。
 ともあれ上海葱油麺の魅力に迫れなかったようですが、それを探る試みは続けようと考えております。
蘭氏食苑
〒111-0053 東京都台東区浅草橋2丁目17 台東区浅草橋2丁目17−9−1F
03-5829-6009
蘭氏食苑

「口驕りて久し」邱 永漢

content
 従業員と食物誌の話しとなり邱 永漢の「食は広州に在り 」を薦めるとともに私も読み返してもみました。さらにその名著から半世紀後、著者の最晩年の食物誌も読んでみました。
「口驕りて久し」とは題名からして響いてくるものがあります。それは世間一般もそうであるようで全く私にも同様であるようです。といっても決して美食を行ってるのではなく好きなものを食べている、要は食べ物の選択肢が豊富になった時代に生きている事なのでしょう。
 題名は著者ご自身の事として云われておられるのでしょうが世の人はあまねく口が驕っているのがこの頃ではないでしょか。
 「食は広州に在り 」では食にまつわる故事来歴の処が読み応えがありました。方や「口驕りて久し」では昨今の食事情が旨く紹介されています。
 その中で上海葱油麺取り上げ、この具のほとんどないシンプルな麺料理を比類なき極めつけとされていました。これは私とって未知の麺で否が応でも興味が湧いてきました。
 さてこの東京のどこで食べられるか、ネットで探せば浅草橋の上海料理の店とあり、さっそく出かけてみました。