月別アーカイブ: 2017年12月

20年まえから通ってます〜

DSC_0914

そんな声をかけていただいたのは、都内において最も高い評価を受けている「うどん屋」においてです。会計の際に厨房からわざわざご主人が出てこられてのお言葉に驚きました。
どちらのお店かは了解を得てはいないので差し控えますが、この美味しそうなうどんを見ればわかる方もいるかもしれません。

ボナペティの取材

DSC_0909

アメリカのフード雑誌から取材をうけました。
知らない雑誌ですが日本の「ダンチュウ」的な存在かとおもいます。
カナダ人のカメラマンとメキシコ人アシスタントによる撮影は、日曜の忙しさの一段落した3時ころから始まりましたが、普段日本のメディアからの取材とはいささか異なっていました。
まず本来であれば照明機器をセットしそれの明かりを利用して撮影されますが、今日のカメラマンは終始自然光にこだわっていました。さらに料理の姿も整えられた状態ではなく、少し雑然とした状態をとらえようとしていました。例えば卓上の調味料をわざとテーブルにこぼしいたり、ビールも中途半端に飲みかけていたり。
そんなようすを見ていた従業員が私に「アジア的混沌」なんかが狙いですかと。私的にはそれでもセンスが良ければいいんですが。
カメラが私を狙うときには決してカメラ目線も避ける徹底ぶりで、終始ナチュラル.ナチュラルとつぶやきながらの撮影でした。
さて、これで思い出すのが7年前にうけたフランスのテレビ「アン テン デュー」の取材。あのときもはいこれから撮りますなどとはならず。自然の流れのなかでカメラが回して撮影されていきました。どちらにしても日本よりも撮影者の感性に撮影を委ねているようです。創造的な才能をのばすならばこのやり方かなと思うのですが。