月別アーカイブ: 2016年9月

神乃珈琲@学芸大学

DSC_0579
目黒通り沿いに今月初旬に開店したお店。いわゆるサードウェーブコーヒーの類いに入るのでしょう、ハンドドリップで点てられるコーヒーを売にしているようです。
驚いたのは広い店舗のかなりの面積が珈琲の焙煎工場に充てられています。サービスカウンターや客席に臨む二階までの吹き抜けの空間に巨大な機器が備え付けてあり、まるでテーマパークを思わせる趣向であります。
注文したのは”神乃ブレンド壱”、味のバランスを大切にした一杯です。確かに全てに調和した味わいで美味しくいただけます。さらに弐、参とそれぞれ特性のことなるブレンドがあるので再訪時の楽しみです。客席も間隔がありで居心地も良好なのでこれから度々訪れる事になるでしょう。

まっち棒@溝の口

DSC_0576
そういえばあれはどうなっているだろうと、何の脈絡もなく考えてしまう事がありますが、今日、頭に浮かんだのは和歌山ラーメンの「まっち棒」でした。一時は支店があったり、また変わった業態を展開したり、とかく目立つ存在でもありましたがこのところはそうでもありません。
そこで検索してみれば溝の口に店舗があり、今はここだけで営業しているようです。
調べてみれば当然食べたくなるもので、電車の乗り継ぎも良さそうなので足を運ぶ事にしました。
10年ぶりぐらいですが記憶と変わらぬ味わいです。スープは粘度があり旨味がしっかりとあり、麺は細目でポソポソしていますがこれが売りでもあるのでしょう。
このてのラーメンにはかなりの支持者がおり、麺のタイプは違えど醤油豚骨の家系ラーメンはどの街にもできていますし、細麺で硬麺であれば博多ラーメン、中でも一風堂の隆盛は目をみはらせる存在です。この「まっち棒」もその両者のようなポジションを掴んでいてもよさそうなものですが。

伊万里チャンポン@五反田

DSC_0575
五反田はTOCビルの地下飲食店街で伊万里チャンポンなる看板を見付けたので入ってみました。
お味は麺は太くぷるぷるしておりスープはかなり濃厚です。野菜もタップリです、甘く煮た椎茸も沢山入っています。お店の方に伺えば豚骨スープを使っているのが鶏ガラスープの長崎との違いのようです。確かに長崎と比べ味も量もも重厚であります。
此方の店舗はまもなく移転のため閉店されるそうで危うく 珍しい品を食べ損ねるところだったようです。
ご当地チャンポンには滋賀県の近江チャンポンとか愛媛県の八幡浜チャンポンとか聞きます。近江チャンポンはかつて学芸大学駅の近くに店がありこのブログにて取り上げましたが今は無くなっているようです。
こちらでチャンポンをいただいたなら、八幡浜はどんなだろうとも思いはじめました。また久しぶりに三軒茶屋にある「長崎」でアッサリ系のチャンポンも恋しくなってきました。

大和屋@荏原中延

DSC_0569

なんでこんなに安いんやろ!
思わず声が出そうでした。ミニカレーとかけ蕎麦のセットが500円、自家製コロッケが100円。目の前に揚げられたキス天や桜エビのかき揚げにそそられて、お腹にスペースが残っていれば注文しようとと考えましたがそれどころではありません。ミニカレーとは言え小さな器にパンパンに詰まっています。タップリのルーは最後は残ってしまうほどです。
場所は東急線大井町線荏原中延駅の前、創業50年以上の年季の入った立ち食い蕎麦屋さんです。自家製コロッケの立ち食い蕎麦屋とネットで紹介されて興味を引きました。
家族経営の雰囲気の、手作り感がある美味しい立ち食い蕎麦屋さんでした。