月別アーカイブ: 2016年5月

山猫 ルキノビスコンティ

dfc5f59787c74c1474aca3567e9b9190

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の生誕110周年没後40年だそうです。そこで4kと呼ばれる高解析度の画像にてイタリア語・完全復元盤として公開されるとあり、少し胸踊らせながら恵比須ガーデンプレイスの劇場に行ってまいりました。
1840年代のシシリア、イタリア統一運動の盛り上がりがこの地にも迫ってきます。それは貴族社会の栄華が終わり市民階級の台頭を意味し、その時代の流れをシシリアの名門サリーナ公爵が静かに受け入れていく姿が描かれています。
20代に観た映画で記憶の中に残っている映像は沢山ありますが、あらためて観れば理解を深めるところがあります。さらに主人公と同世代となったぶん感情移入も多くなっています。。
物語の冒頭において、争乱が間近に迫り館には不安な空気に浸りつつあるなか、サリーナ公爵はなんとパレルモの市中の馴染みの娼婦訪ねていきます。このエピソードに壮年を過ぎたといえども未だ老人とは言い難いこの公爵の活力が現れています。
公爵を演ずるはバートランカスター。かつて「空中ブランコ」でサーカスの曲芸師や「ベラクルス」での敵役ガンマン、「OK牧場の決闘」での保安官ワイアットワープなどマッチョな役どころのハリウッドスターです。そんな役者が黄昏時を迎えながらも男としての残照の輝きのあるイタリアの貴族を演じるのは、当時とすれば意外な配役と捉えられていましたが今となればはまり役です。この流れはビスコンティの最後の作品「家族の肖像」での老大学教授の役に繋がります。
時代の趨勢に従い主役から降りようとしている貴族社会と、この主人公の老いにまでは至っていないながら自らの死をじっと予感している姿が重なりあっています。
そんな主人公が愛情を注ぐのがアランドロン演じる甥っ子であります。少し軽率な感じはありますが時勢を読み取り新しい時代をかけ上っていこうとしています。公爵はその甥と市民階級の有力者の美しい娘を結婚させ、 その岳父の財力を後ろ楯に付けるように画策します。
物語のクライマックスはシシリアの貴族が集う舞踏会にて、サリーナ公爵が美しい甥の婚約者とワルツを踊るシーンです。死を予感しながらも人として男として充分に魅力的な公爵
は、会場の衆目を魅了させる共に一緒に踊った若い甥の婚約者も心引かれるでありました。
そんな公爵にたいしアランドロン演ずる甥は、嫉妬とも戦慄とも混じりあったような感情が沸き上がって来るのでした。貴族社会にせよサリーナ公爵にせよ、完全に老いたわけでもなく余力を残しながら静かに主役から去ろうとしているところに美しい輝きあるのでした。
また視野を広げ考えるならば、時代に抗わず静かに表舞台から退いたが故に貴族社会の遺産は現代社会に良質な文化や習慣となって残っているのでしょう。それがイタリアを含めヨーロッパの現在だと考えます。
この映画にはニーノロータの音楽が物語に深味を加えてくれています。悲観にくれるような場面ではなくとも、心が滲み出てくる演技にニーノロータの音楽がかぶさってくれば涙腺が敏感にもなります。観終わり数日過ぎても頭のなかで音楽が鳴っています。
全編3時間の大作ですがドラマ大きくが動く映画ではありません。最後にある舞踏会の場が作品の30%を占めていたり、長いカットが続いたりかして長時間になてはいますが退屈な部分はありません。撮影はスタジオは使わず全編ロケとなっており、建物や室内はすべて歴史を感じさせる本物で見応えあります。またシシリアの雄大な自然も目を見張らせます。更に本物と言えば舞踏会の参加者の多くは貴族の末裔だそうです。そんな方々故か豪華な質感が伝わって来る衣装も映えています。このように全編どの場面をとっても味わい尽きせぬシーンばかりで、長いカットでこそしみじみと映画に浸る事ができます。

e0059574_1512778

アオザイ@新宿百人町

DSC_0501
山内君の開店予定の店舗を見に行ってきました。
場所は大久保駅から徒歩5分程の場所ですが周囲は外国人経営の店で立ち並んで、ここは本当に日本かと見紛うような猥雑な雰囲気があります。目に付いた処ではタイ、トルコ、韓国、ベトナム、どれも安くて美味しそうな店です。
そんななか麺が食べたくベトナム料理屋さんでフォーをいただきました。
ランチタイムセットがお得だそうで鶏肉のフォーセットを注文しました。これにはフォー以外に生春巻、揚げ春巻き、画像にはありませんがミニ炒飯とデザートの冷しゼンザイが付いて830円の安さです。フォーは塩味のスープが旨みがしっかりとし麺もツルツルシコシコと舌触りが良く美味しくいただきました。

下目黒日録5月12日

先日は内山君が開業に向けて動きを報告に来てくれましが、今日は山内君が独立の挨拶に来てくれました。立て続けに嬉しい話しです。
山内君の開業をもう2週間後に迫っているそうです。場所は新宿の百人町、彼の住まいから近場です。工事はほとんど完了し、あとは開店準備の段階です。
山内君は退職した後、実家の鳥料理の店を手伝ったり、梶が谷の江藤君の店「薫風」の立ち上げを加わったりしながら開業の機会をうかがっていたようです。
かづ屋に勤めていた頃にはワンタンの皮の製造を立ち上げる際、随分と骨をおってくれた記憶があります。そのほか仕事は一通り学んでいますが店長の経験までは至っておりません。今後は自分の店で研鑽を積んで行くことでしょう。

HAGISO@谷中

DSC_0500
谷中界隈は戦災をさほどうけなかったそうで古い東京が残っています。お寺も多く墓地が広がっている土地でもあります。街にはいたるところに古民家が残っており、改装して洒落たカフェなどが営まれたりして一寸したお散歩スポットになっています。
今日は上野の博物館の帰り道、そんな谷中の街を日暮里駅まで歩いてみました。途中に古民家カフェの「HAGISO」に立ち寄り、”鯖サンド”で小腹を満たしました。かつて鰯や鯵のサンドイッチはたべましたが鯖は聞いた事もありませんでした。此方では鯖の表面をカリッと油で揚げ、生玉ねぎとレモンと塩で味付けされておりました。鯵や鰯と比べて肉厚で食べごたえがあります。トーストされたパンとの相性も良く美味しくいただきました。
この古民家カフェの小道の向かいに「岡倉天心記念公園」がありました。日本美術院を創設し近代日本画を大いに発展させた岡倉天心の邸宅跡を公園にしたそうです。敷地はさほど広くはなく、一番奥まった場所に六角堂があり中を覗くと岡倉天心の像が安置されていました。それ以外は住宅街の公園といった趣で、ご近所には重宝な 場所かもしれません。
こんな谷中界隈にはまだまだ気を引きそうな所がありそうです。上野の博物館や美術館とセットで楽しめそうです。

特別展「黄金のアフガニスタン」@東京国立博物館

DSC_0497

1979年のソ連軍の介入により内戦が激化したアフガニスタンにおいて、その惨禍から文化財を守ろうと博物館の収蔵品は大統領府の地下に隠されました。そして長い年月を経て再び公開されることになり、国際巡回展として古代アフガニスタンの文化、美術が紹介されるにいたりました。
まずアレクサンダー大王の遠征のち打ち立てられたヘレニズムの都市からの出土品。このアフガニスタンにギリシャ風の都市があった事に驚かされますが、コリント式の柱の一部やギリシャの神々の象徴が展示されています。
次に紀元1世紀前後パルティアの遊牧民サカ族の有力者の墓から発掘された品々。スキタイの装飾品との類似していますが民族的にもその筋だそうです。ラビスラズリと合わされた見事な金細工です。
さらに北インドから中央アジアにかけて1〜3世紀にわたったクシャーン朝時代の出土品。インド的な物から地中海から中国まで広範囲にわたった文物からその交流の活発さがうかがいしれます。
このように現代の国境線を考えていれば想像できないような多様な歴史がアフガニスタンにはあるようです。
私的には1978年にバックパッカーとしてかの地を訪れた事があります。あれからかなりの年月が経ちますがいまだに平和が訪れたとは言えない現状です。いつの日か再び訪ねる事ができればと思っております。

pho_g07

下目黒日録 5月10日

元従業員の内山君が訪ねてきました。近いうちにもラーメン店を開業したく、色々と助言をしてもらいたいそうです。
かづ屋を退職して7年程過ぎますが、辞める時点では独立する予定ではありませんでした。
この数年間様々な飲食業に従事したそうですが、ここにき自分の年齢や周囲の状況やらを考え、開業に向けて心が動いていったようです。
話しを聞けば、自分の身の丈にあった現実的なプランを持っているようで、それならば尚更応援したくなります。
これから開業までを、このブログにて報告していきます。

カーナビーナ@祐天寺

DSC_0495
祐天寺の裏通りで30年以上にわたって営業を続けてこられているカレー屋さんです。以前はよく来てもいましたが10年ぶり位の来店です。
インド料理屋さんではないけれど、イギリス流、もしくは洋食屋さん風とも違った、小麦粉を使ったルーを用いないサラサラとしたカレーがたべられます。インドのカレーを日本の御飯と美味しく食べられるように工夫されたオリジナリティ溢れたカレーです。これに類すると考えるならば並木橋近くの「チリチリ」などがそうかもしれません。
いただいたのは緑豆のカレーです。豆のカレーではヒヨコ豆やレンズ豆はよくお見かけしますがこれは初めてです。
辛さはマイルドを選びましたが結構スパイシーです。ごはんも美味しくとても満足したカレーでした。

下目黒日録 5月9日

DSC_0493

無印良品からレトルトパックされた「ルーロー飯」が発売されました。
かづ屋においても新なメニューとして売り出されたばかりです、無印良品と目の付け所が同じだったようで嬉しいですね。
開発力の定評のある所から作り出されたのであれば、どんな出来映えか興味が湧きます。今夜の賄いとしていただきました。
もしこれを食べた台湾人はこれを「ルーロー飯」とするか疑問であります。それを言えば我が「ルーロー飯」も無印良品と同列かもしれません。
ネイティブな「ルーロー飯」にはあまり肉片は入っておらず、汁かけ御飯の類いです。無印良品のは豚の角煮丼に属するかもしれません。
しかし私も同様な考えをもったのですが、その汁かけ御飯の類いであれば我々にすればあまりにも貧相な代物になってしまうようです。やはり日本人に食べてもらうには肉片がしっかりと存在しなければ、惹き付けられる逸品とはならないと思うところです。
確かに汁かけ御飯状の「ルーロー飯」のゼラチン質の味わいは格別ですが、私にしろ無印良品にしろ日本人にそのハードルを越えさせるだけの勇気がなかったのでしょう。
しかし無印良品の「ルーロー飯」はこれはこれでとても美味しくいただけました。