月別アーカイブ: 2016年3月

下目黒日録 3月26日

DSC_0468 目黒川に架かる太鼓橋から桜の開花状況を観察しました。
上は上流を眺めた画像で、下は下流方向です。
開花宣言は出ましたがここ数日の冷え込みで足踏み状態です。ボンボリが吊るされ出店もチラホラですがお花見とはなっていません。

href="http://www.kaduya.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/DSC_0469.jpg">DSC_0469

下目黒日録 3月21日

3月に入り麺の加水を調整しています。
寒い時期は幾分加水を高めに麺を作っていますがこのところ温かくなる日もあります。そんな日の加水が高い麺は作る過程で引っ張られて従来より麺が細くなってしまいます。ここ数日来の麺はそんな状態で、食べれば腰が弱く延びやすくなっていたようです。さらに加水が高く熟成すればモチモチ感はありますがスープの絡みは悪くなります。
もう少し早くに調整すべきであったかもしれません。ここ数週間の麺に納得はいかぬお客様もいたでしょう。
DSC_0460
桜の開花が目前に迫っています。目黒川の桜は近年益々多くの人を集めるようになっています。それに従い店もこの時期は忙しい日が続きます。それを考えれば桜の開花状況を観測しておくのも必要です。これからしばらくは毎日この目黒川に架かる太鼓橋まで様子を伺いに参ろうかと思います。
DSC_0459

平和軒@五反田

DSC_0456

本日の夕飯です。五目あんかけ焼そばと半チャーハンセット。夜の仕事前にいただきましたが食べ過ぎの感じです。チャーハンは半分のサイズ以上だとおもいます。これで1000円とはお得です。
食べログに”普通の中華屋”と評価をくだしている書き込みがありました。確かにこのての中華屋さんはかつて街のあちこちにありましたが、今ではすっかり少なくなっています。
しかし料理を評価するならばこちらの自家製麺は実に自然な味わいがあります。こんな麺を使う街場の中華屋さんでは珍しいといえます。
かづ屋も”普通のラーメン”と評価されたこともあります。良し悪しは別として”普通”だけはないと思っているのですが。

餃子の王将@大岡山

DSC_0455
餃子の王将は多店舗展開されていますが店により独自の色合いがあるそうです。いつも行くのは学芸大学のお店ですが今日は大岡山まで遠征して来ました。
街場の中華屋さんが減っているなかで実に重宝しています。
他にもチェーン展開された店やファミレス的な店もありますが、こちらには街場の中華屋さん的なの良さがあります。
このての店のほとんどは冷凍餃子ですが、こちらでは餡こそセントラルキッチンで仕込んできているようですが、店内で常に餃子を包んでいるのが見えています。

ヴェジ ハーブ サーガ@御徒町

DSC_0451

菜食主義のインド料理屋さんです。
経営者は宝石商だそうです。ここ御徒町が宝石店の街なのでその繋がりに納得させられます。
さらに経営者はジャイナ教徒とあります。名こそ聞いたことはあれ未知の宗教です。
調べてみればインドにて仏教の成立と同時期に興り、極めて殺生を嫌う教義を持つそうです。それを考慮すれば尚更に菜食の意義が深まります。
メニューは北インドの料理もありますが私が好きな南インドの定食ミールスを注文しました。
ミールスには定番のカレーであるサンバルとラッサムの他にもうひとつ選べるとあるので豆のカレーを頼みました。
ジャイナ教徒の菜食主義の店がこの東京にあることは実に驚きです。