月別アーカイブ: 2015年10月

シータ@学芸大学駅

DSC_0001
学芸大学駅の商店街に今年春に開業したそうです。
アジアンダイニング&カフェと名乗っているのは、インド料理がメインではあるもののタイ料理等もありカフェタイムにはドリンクオンリーも大丈夫との事であるようです。
ランチセットはカレーとサラダにナンかライス、ソフトドリンク付きで950円からです。
いただいたのは2種類のカレーのセットです。カレーはホウレン草のチキンカレーと本日の日替わりのカボチャのカレー。これにナンと小さなサフランライスが付いていました。
カフェ風の店なので現地風が薄まった料理かと思ってもいましたがしっかりと本物です。特にナンのモッチリ感に充分満足しました。

下目黒日録 10月21日

1445506386938
包丁を買いました。”杉本”の中華包丁6番。たんたん亭の頃より使い続けた優れものです。
堺の刀鍛冶の流れをくむ”杉本”はこしらえは中華包丁であっても中身は日本刀、しっかりと研いで上手に使えば無類の切れ味を見せてくれます。
店にある数年使い込んだ同じ包丁と並べてみましたがその大きさの違いに研ぎの強さが見てとれます。しかしよく使い込んだ感じもありますがが、使用頻度と年数を考えたならばそうでもないようです。これは研ぎを力任せに雑にした結果の刃の減りです。せっかく良く切れる包丁も、使い頃を研ぎ減らしては勿体無いはなしです。
今日買ってきた新品は従業員のO君に管理させる事にしました。まずはしっかりと包丁研ぎを習得してもらいます。大事に使ってくれれば かづ屋を卒業して独立する際に持って行ってもらいます。確か五反田店の元店長の小室君もかづ屋から包丁を持って独立したはずです。

下目黒日録 10月15日

 本日はスープが出払い11時にて店仕舞いとなりました。厳密には寸胴の底には4人前程のスープが残っていましたが、油分が多くバランスの悪い状態です。最後の一杯を提供したのは常連のお客様でしたが、すこしばかり何時もと違った味わいである事を事前に納得していただきました。
 土日祭日の早仕舞いはけっこうありますが、平日には然程ではありません。しかし今月はその頻度が増えています。
 しからばとスープを多く作れば良いかと考えてもみるのですが、そちらには向かわず出来れば定刻の閉店時間を早める事を考えています。
 飲食店の理想は毎日の仕込み分がその日の内に出切ってしまう事です。そうすれば調理人が想定した美味しい頃合いの料理が提供出来ます。さらに捨てる食材が少なくなれば原価も圧迫する事なく良いものが使い易くなります。上手くいってる店とはこの辺りの循環が良いのでしょう。