月別アーカイブ: 2015年5月

ダバインディア@八重洲

1432894368765

南インド料理の店のレポートが続いていますが、やはり満足度ではこの店が最も高いでしょう。
調理はインド人ですがサービスは日本人が担当しています。店の内装や運営方法から察して経営は日本人かもしれません。総合的に完成度の非常に高いレストランだとおもいます。
本日いただいたのはベジタブルのミールス。肉を使わない料理で構成した定食です。
すこし残念だったのはライスがジャポニカであった事です。店の方にその辺りを尋ねてみれば、ランチタイムは基本的にはジャポニカだそうです。しかし終了間近になりジャポニカ種が無くなればインディカ米が提供されるそうです。いつもの利用時間は遅めのランチタイムなのでインディカ米であったようです。本日は比較的早い時間であったのでこのような結果になったようです。

下目黒日録5月29日

1432894356068
しめて7742円になりました。
レジの横に備えた小銭入れに買い物帰りなどにポケットにある1円5円を貯めていきます。
幾らかまとまった額になった頃に何処かで大きな災害が起きれば役にたてようと考えております。
今回はネパールへ、赤十字を通して送る事になりました。
お客様の中には、この小銭入れの意味をご存じの方もおられ、時折入れていただいております。
ご協力有難う御座います。

南印度ダイニング ポンディバワン@武蔵新田

1432834722866
インドが猛暑に見舞われているようです。
中でも南部のアードラ・ブランディシュ州では連日50度にせまる気温だそうです。
そんな地方の料理を提供してくれるのがこちらのおみせです。
いただいたのは南インドスタイルの定食ミールスです。何種類もの料理がワンプレートに盛られ、好みにより混ぜ合わせていただきます。

5月27日 鎌倉へ

先々週からスタッフの病欠等によりあわただしい日々となっていました。妻にも随分と手伝ってもらいました。それを経たお疲れ様の意味合いとして鎌倉へ行ってまいりました。
今日もこのところ通例となって来ました、駅前で自転車を借りてのサイクリングです。
まずは腹ごしらえと、甘味処の「雲母」へ。
駅前から住宅地の中へ自転車で5分ほど入った辺り、新緑も迫ってくる静かな場所です。
テラス席で落ち着けば、時折ウグイスの鳴き声がきこえます。
いただいたのは、宇治白玉クリームあんみつとフルーツ白玉クリームあんみつです。白玉が大きくフワフワです。
1432834703502

鎌倉文学館はかつての前田公爵の別邸であった所です。広い邸内にはバラ園もあります。
ここは数年前よりくる度に休館日に当たり、今日こそはという思いでまいりました。
展示物は鎌倉文士ゆかりの品々。かつては文士とよばれる方々の存在感がありましたが、近頃はその名も聞こえません。
1432746742791

稲村ヶ崎の手前、海を臨むハンバーガー屋さんグッドメローズです。
ロケーションも売りの店ですが、ハンバーガーも網焼きの本格派でもあります。
思えばここは700年程昔、鎌倉幕府滅亡の時、新田義貞の軍勢が鎌倉に雪崩れ込んだ当にその場所です。
ハンバーガーとその想像の取り合わせは奇妙ですが、どちらも味わい深いものでした。
1432746699111

昼食後、江ノ島まで自転車を一気にこぎました。
妻のお気に入りの饅頭屋さん「井上総本舗」は観音様の参道をすこし上った所にあります。
お土産物も買いましたが、出来たてもここでいただきました。
お饅頭は当然美味しいですが、淹れていただいたお茶の最高でした。温度と渋味や甘味がお饅頭と相性が丁度良いあんばいとなっていました。

1432746756528

南インドキッチン@中野

1432031554824
暑くなってくれば食べたくなるのはカレーです。私の場合、特に執着するのは南インドのカレーです。今日は新しい店を開拓したく、ネットで調べ、中野の「南インドキッチン」に行ってまいりました。
シェフは南インドのチェンナイの出身だそうです。この都市はかつてのマドラスとよばれていましたが、私が知らぬ間に変わっていたようです。
注文したのは、今や私の好物に成った感のあるマサラドウーサです。米粉入りのクレープにカレー味のポテトが入っています。
もともと軽食の類いだそうですが目の前にすると迫力があります。添えられているのはココナッツとチャナ豆ペースト、野菜のカレー、生姜と玉ねぎのチャツネ。それを付けながらいただきます。
ドウーサの表面がパリパリに仕上がってムッチリとした生地のアクセントになっています。中のポテトがあっさり味で食べやすくなっています。

下目黒日録 5月16日

1431854464031
西荻窪の師匠の所へは何ヵ月もの間ご無沙汰してしておりました。
本日は土曜日ではありますがお客様も少なく、仕込みもさして無い状況、今日こそはと行ってまいりました。
行けば開口一番、最近スープをすこしいじったとおっしゃる。今時分のお客を考えれば、自分好みの淡麗な味わいに固執しているのも独り善がりと考えたそうです。
いただいてみれば強めので汁、なるほど判りやすい味わいです。
さらに煮干も変えたい、かづ屋で使っている瀬戸内産を試したいともおっしゃる。それではと来週にでもおもちすることにしました。