月別アーカイブ: 2015年2月

萬和楼@横浜中華街

台湾牛肉麺%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC.jpg
元住吉の台湾料理屋「美(メイ)」に行きましたが臨時休業です。お店の方が春節(旧正月)で台湾に里帰りだそうです。しかし、すでに台湾料理のモードに入っている私とすれば、引き返すわけにもゆかず横浜中華街まで足をのばすことにしました。
ネットで調べてみましたが、この中華街に台湾料理は片手に余るほどしかありません。これだけ中華料理屋がありながら意外です。
ランチタイムから外れてしまったので休憩をとっている店もあるので選択肢が限られます。そこでこちら萬和楼へ入ろうと店の前に着きましたが、あまりの雑然とした店構えについ臆してしまいます。しかし引き返すにも代替案が見つからず、思いきって入ってみました。
メニューには素食料理が得意とありますが、それは仏教寺院の精進料理における、肉の替わりに肉擬きを使った料理だそうです。かといってベジタリアン専門でもないようで、店の方は「牛肉麺(ニューローメン)」を勧めてくれます。それではとこの台湾を代表する麺を注文しました。
以前に都内某所において牛肉麺は体験済みですがさしたる印象は残ってはいません。また店主曰く、台湾の味そのままとの前口上にもあまり期待が湧いてはきません。しかし食してみるなりその美味しさに夢中で箸を進める事となりました。
麺は中華麺と言うよりも稲庭うどんを思わせるような、弾力のある腰とツルツルとした滑らかな触感があります。台湾から取り寄せる乾麺を使用されています。また見た目はしつこそうなスープも驚くような淡麗な味わいです。そんな麺とスープを繋げる役割は、ゼラチン質を張り付けた柔らかい牛の脛肉が担っています。それは口中の粘膜が肉からゼラチン質受け取り、口に入ってきた麺と絡み、またスープを流し込むと熱で溶け込み味わいに円やかさが加わります。正に脛肉と麺とスープが三位一体となりお互いを引き立てあっているようです。
今日は台湾の国民食と呼べる逸品の真髄に触れた思いでありました。
%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC%EF%BC%92.jpg

ベジキッチン@御徒町

%E3%83%99%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg
昔インドの国内航空に乗った時、「ベジー?、ノンベジー?」等と機内食のオーダー取っていました。なるほどインドではベジタリアンの比率が高いのでこんな機内サービスとなるのかと感心した記憶があります。
此所はベジタリアンに特化したインド料理屋。最近のインド料理は南インド専門店の存在感が増していますが、遂にこんな括りの店が現れました。開店は昨年だそうですが先日ネットで見かけ、興味津々で出かけてみました。
店の場所は御徒町の駅から5分程の古くからの商業地帯の一角です。場所柄を考えればここのアジアンチックな外見は唐突に見えます。また店の中の雑然とした雰囲気も現地の色が漂っています。さらにはスタッフの接客もアジアンテイストで、一見客の私にもいきなり距離を詰めてきます。
いだいたのはランチミールス、インディカ米のゴハンと揚げパンのプーリ、基本のカレーであるラッサムとサンバル、これに日替わりの豆とチーズのカレーです。このスタイルで考えれば南インド的ではありますが、メニューにはそれにとらわれてはいないようです。

餃子の王将@学芸大学前

%E7%8E%8B%E5%B0%86%E9%A4%83%E5%AD%90.jpg
午後3時を過ぎますと昼御飯を食べる店の選択肢がぐっと狭まります。そんな状況にも中華炒め物系を欲する腹具合に「餃子の王将」を選んでみました。
注文したのはモツの味噌炒めと餃子のセットで1080円。
店員の方が「今から餃子を焼きますからお時間をいただきます」とおっしゃる。当たり前でしょうと思いましたが、此方では忙しい時間は注文を見越して焼き置くのが流儀だったようです。おかげで今まででの王将餃子で一番美味しいカリカリに焼けた餃子にありつけました。
餃子を食べつつ厨房内を見れば、一心に餃子を握っている若者が目にはいりました。この手の店では機械で包むのではと先入観がありましたが、聞けば店舗により異なるそうです。流石は餃子の王将。

下目黒日録 2月22日

IMG_20150223_220325.JPG
板東三津五郎さんが亡くなられました。
たまたま昨年8月に歌舞伎座で大仏次郎による新作歌舞伎「たぬき」を観た処でした。
そこでは三津五郎さんは死んだ後に焼き場で蘇生して数奇な人生を歩む男を演じていました。
劇の筋は、享楽的な商家の旦那が、自分が死んだとされたが故に知るに至った真実に翻弄され、やがては新たな信念を持って人生を歩み始める話です。
歌舞伎に対してあまり縁のない私にすれば、三津五郎さんといえば女性関係のゴシップでした。また数年前に癌の手術をして舞台に復帰して間がないとも聞いていました。その辺りから勘ぐってみて、自らと重ねて合わせて演目を決めたかと考えてみました。そして劇中人物と同様に、死の淵から人生を再生しようと望んだのかもしれません。
印象的であったのは、当所は俗物的で軽薄感を漂わせていた主人公が、劇の終演にさしかかれば人生を達観したのごとくの柔和な表情を見せていました。今から考えれば、これは芝居であるとだけでは済まされない姿だったかもしれません。
ちなみに三津五郎さんは享年59才で、私は同い年であります。
合掌。

下目黒日録 2月15日

%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA.jpg
トーキョーポーズ。
海外からのお客様、皆さま飲食関係者だとご案内の方からの説明されました。
まず焼き餃子や茹で餃子でビールを飲まれ、担々麺で締められました。
食後はカウンター越しに食材等に質問がおよび、しばし和やかな歓談となりました。
会計の後に記念撮影を望まれ、他にお客様がいらっしゃらないのでこんな構図となりました。
カメラが構えられると皆さん口々に「トーキョーポーズ」と発しながら、我らがお馴染みのピースサインをとります。ならば私も釣られて「トーキョーポーズ」とやってしまいました。

下目黒日録 2月1日

%E3%81%BE%E3%81%9C%E3%82%BD%E3%83%90.jpg
巷で台湾混ぜソバが流行っています。有名店に足を運んで食べたりもしました。結構と食い気がそそられる逸品です。そこで自らも作って賄いとしてスタッフにも食べてもらっていました。
そんな混ぜソバは癖になるようで本日はスタッフから所望されました。
使った麺は支那ソバ用、肉は担々麺の醤肉、刻んだだけの韮はタップリと、アクセントとしてチャーシューとザーサイを細切れにして、卵黄を乗せて完成です。味つけは付けソバのタレとラー油を少々。すこしスープに浮かぶ油も加えてみました。
このように韮以外は予め店に備わっています。
食べたスタッフ曰く、メニューに加えますか。
私もその気になりかけています。