月別アーカイブ: 2014年11月

下目黒日録 11月17日

%E5%B0%8F%E3%82%80%E3%82%8D.jpg
行徳は小室君の店。
保健所の検査も無事終り開業まで数日と迫りました。本日は私のスケジュールに余裕があるので覗いてみました。
居抜きで借りた店舗は大きく改造はされてはいませんが、厨房と製麺室は完全に我々の仕様となっていました。五反田店で使い込まれた機器や道具達が上手く組み込まれています。
開業は今週の金曜日、かづ屋から応援も予定しています。

トーキョー・スラム・エンジェルス@青山円形劇場

%E5%86%86%E5%BD%A2%E5%8A%87%E5%A0%B4.jpg
荒廃した近未来にはそれ自体にドラマ性があります。
かつては大友克洋の「アキラ」や「マッドマックス」の世界に魅了された記憶もあります。
そんな荒廃した未来を作り出していたのは戦争であったり科学技術の暴走でしたが、このお芝居では経済システムがその役割を担ったようです。この辺りへの着想に敬意を表したい処ですが、突っ込み処を探す人もいそうです。しかしここはじっくりと人間のドラマを味わうべきでしょう。
さて物語は近未来に出現したトーキョウスラムのラーメン屋台に、証券業界で成功を修めたかつての妻が訪ねて来た処から始まります。さらにこの元夫婦を取り巻く人々がこの荒廃をもたらせた経済システムと自身を語っていきます。それらはテロリストや煽動家、不法滞在の外国人、証券業界で地位を成した者、またこれから成そうとしている者。そして元夫婦の子供。
その登場人物各自が物語はを持っており、サブストーリーの様に語られていきます。それらの物語は膨らませればそれだけで1話の劇が成り立つ可能性をもち。思わずこれはシリーズ化かと先走ったりもしました。
そうであるとすれば出来ればしっかりと舞台セット作っていただきたい。今回の劇場は円形劇場でもあり、目に観える最大の構築物がラーメン屋台でありました。これだけで未来のスラムに誘うには観客はかなりの想像力を働かさねばなりません。私の持つスラムのイメージは、横浜ラーメン博物館が作り上げた昭和の街並みを荒廃させ、さらにかつての香港九龍城の猥雑さが加われば物語への期待は高まるでしょう。そこから醸し出す空気は昭和の腐臭を漂わせるてはいますが、発酵した濃厚な味わいもあります。
こんな物語ですが私的には全く無縁な話でもないかもしれません。自分が将来において屋台を引いている姿もそんなに不自然ではない気がします。それはそれで自分らしいかと考えます。
ただ劇中の人物ほどストイックかといえばそうではありません。上手くは行きませんでしたが多店舗経営等に乗り出し利益を増やそうと企てもしました。
しかし、もしかして劇中の人物もかつてはそんな試みを行っていたかもしれません。そんな経緯があってこそストイックにラーメンに向かっているかもしれません。その辺りにも面白い物語が成立するかもしれません。かんがえれば益々、続編またはシリーズ化が望まれます。

カオマンガイ@渋谷

1415769297473.jpg
タイ国のチキンライスチェーン店の日本1号店です。
渋谷は並木橋の交差点近くで開店して2ヶ月程でしょうか。もう何度も店の前に来ていますが売り切れで食べられません。今日は満を持して2時前に店に到着しました。店の前には何人かの待ち客とさらにはテイクアウトを注文している人。
メニューはチキンライスの単品です。これに大盛りやスープに肉付きの骨を入れるかといった変化はあります。さらにパクチーがお好みの量でいただけます。
この日本出店に際して何処までアレンジされているか判りませんがライスはインディカ米です。好きとは言い難い米ではありますが美味しくいただけます。チキンスープで炊き込んだとありますが、パラパラしてはいますがモッチリ感もあります。これに乗せられチキンは柔らかく茹であげられてありますが味付けはありません。ピリリとした辛さのタレがご飯との仲立ちをしてくれます。
かつて台湾の「髭張魯肉飯」が日本にて進出してきましたが定着出来なかった前例があります。私とすれば共に好みの味であるので頑張ってもらいたく思います。
1415769283943.jpg

下目黒日録 11月10日

%EF%BC%92%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC.jpg
桂小金治師匠のお通夜に行ってまいりました。
ご子息一家が古くからののお客様で、我妻や子供たちとも仲良くさせていただいておりました。ご本人もご夫婦お揃いでご来店いただいておりましたが、思い起こせば昨年の9月にいらっしゃられたのが最後だったようです。
最近ではご子息やお孫より師匠の体調の悪さをお聞きしており、その度にご家族皆様の心配が伝わってまいりました。
場所は桐ヶ谷の斎場で行われ、多くの報道陣が待機していました。また一人昭和の顔が去ったかの感があります。
師匠の長くて多彩なキャリアは様々なイメージを残してくれています。そのひとつに故人を偲んで語られる際に「泣きの小金治」と表現されています。これは「それは私です」のご対面コーナー辺りからのイメージなのでしょう。しかし私的には壮年期の「アフタヌーンショー」における、事件や世相に向けて放つ強烈なコメントの記憶が鮮明で「怒りの小金治」が師匠らしいと思っております。。
中でも「天皇陛下が嫌いな人は日本から出ていけば・・・・」などは物議をかもす発言ではありますが、硬骨漢たる面目躍如たる処でしょう。

下目黒日録 11月9日

%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%EF%BC%98.JPG
西荻窪のマスター石原の店でも担々麺を始めるそうです。
かづ屋の担々麺は、五反田店開店のおりにマスターから伝授された芝麻醤を元につくりだされました。いわばマスター石原と私のコラボレーションと言えます。
それが8年前の話なのでマスターの店でも担々麺を出していないのが不思議でもありました。しかし考えてみれば、マスターは沢山の引出しを持っておられるので担々麺に固執する必要もなかったようです。
この度は気まぐれか思い付きか判りませんが寒くなったら始めるそうです。そこでマスターから依頼されたのが担々麺の画像作りです。以前かづ屋にて見かけた担々麺の画像を評価して私にお鉢が回ってきたようです。

下目黒日録 11月8日

さて、舞台でラーメンを使う事になりましたが、いくつかの問題がありました。
制作担当者からの説明では、劇中の屋台にてラーメンが作られるそうです。その際、舞台上である制約より、熱源が全て使えないそうです。そんな条件下に役者さんが屋台で調理しましたという風にラーメンを提供しなくてはなりません。
まずスープは保温性の高い寸胴にいれておけば問題はありません。しかし厄介なのは麺の提供です。舞台上では寸胴のお湯は熱源から離されています。それを用いて麺を調理するのは不可能です。そこで考えたのは、あらかじめ麺を茹で、それを水洗いしサラダ油を絡め、その茹で麺を舞台上の屋台の寸胴で湯通して丼に移す事です。
さて実際にその方法を行う為に劇場では適当な場所がありません、結局目黒で作り配達する事になりました。また茹で麺の劣化を考えれば公演日ごとに作る必要があります。
そんな段取りを考えていた昨日、渡辺謙さんが新潟の新米を持って来てくださいました。今回の企を素早く察知されての行動です。恐縮するとともに流石と感心しきりのかづ屋の面々です。

下目黒日録 11月7日

By1MO9wIMAAgxT5.jpg-small
南果歩さん主演の舞台です。
劇中にてラーメンを食べる場面があるそうです。しかも二回。12回ある公演で毎回お湯に浸した麺ではいささか味気なく、出来ればかづ屋のラーメンであればと望まれたそうです。劇の制作担当者が根回しをされ、私まで話を持ってこられました。
南果歩さんとご主人の渡辺謙さんにはいつもご贔屓にしていただいております。さらにいくつもののメディアに紹介していただいた事もあります。お役にたてる機会が巡ってきて嬉しく思っております。

下目黒日録 10月26日

1415363043212.jpg
先日の来店おり次回は酒好きと一緒に来て色々な料理を食べようと思っておりました。そんな事で今日は行徳にて開店を準備している小室君を伴ってまいりました。
壁に掲げメニュー見つつを何品かマスターにお願いしました。
シメサバ、カマスの一夜干し、ピータン、ガソとマメのニラ炒め、ゴーヤ入り八宝菜、アスパラガスのゴマソース、等々。まずはラーメン屋では有り得ない取り合わせの数々です。
7席と限られた店が、ほぼ満席状態が続ています。あまりオーダーが散らばればマスターに負担がかかります、注文も程々にせねばと思いました。小室君は日本酒の杯は進みさらに気になるメニューも有りますが深追いはやめてておきました。後は又の楽しみとなります。
こんな一時のなか小室君から提案をひとついただきました。近い将来にマスター石原への感謝の夕べなどを催しては如何かと。その際たんたん亭に連なる人々を出来るだけ限り集められればと思いましす。是非とも実現させたい計画です。