月別アーカイブ: 2014年7月

下目黒日録 7月28日

%E5%86%B7%E6%B1%81.JPG
こんな暑い毎日の昼御飯は宮崎の郷土料理である「冷や汁」にかぎります。
東京でこれが食べられる処は限られます。私がいつも利用するのは「やよい軒」の五反田店です。この時期に季節限定メニューとして提供されています。
これをいただく時にいつも思いを馳せるのは、夏空のひろがる田んぼです。さらに農作業で汗を流した後に、木陰でこれをいただくと最高だろうと想像しています。

下目黒日録 7月24日

目黒店の夜のスタッフであるネパール人サシ君が今月の末に退職する事になりました。家族の事情で日本を離れざるをえぬそうです。色々な問題を抱えているようですが、説明されたのは10歳になる娘と一緒に生活したいそうです。その年頃といえば父親を求める気持ちも強いでしょう。あと数年もすれば鬱陶しくも感じるでしょうから、今は大切な時かもしれません。
急な退職なのですこし慌てました。悪いことにK君が製麺機で指を負傷したばかりです。傷が癒えて本来の働きに戻るのが未だに読めない現状はシフト組立ずらくしています。夏休みも考えなくてはいけないので頭を使います。

下目黒日録 7月23日

%E6%8E%83%E9%99%A4%E6%A9%9F.JPG
製麺室用に掃除機を買いました。
小麦粉は掃いても拭いても全部は集められません。さらに掃除の課程で舞う粉は室外にも漂います。吸い込むのが一番であろうと思っていましたが、粉の扱いに機械が耐えうるか、せっかく買っても直ぐに動かなくなるかと心配でした。
買ってきたのはサイクロン式のハイパワーです。使いだしはすこぶる好調です。上手く使って店全体の粉っぽさが少なくなればと思います。

中華そば薫風@梶ヶ谷

%E8%96%AB%E9%A2%A8%EF%BC%94.jpg
先日の日曜日、江藤君のお店「薫風」が開業しました。
今日はランチタイムが一段落した辺りにお邪魔してみました。
お店には元かづ屋のスタッフY君もお手伝いに来ていました。Y君も独立開業を目指しているので、このようなお店の立ち上げを手伝う事は良い体験になっているようです。
いただいたラーメンは試作品よりもあっさりとした味わいでした。説明によればガラ処理をすこし変えたようです。
麺も前回よりも加水を下げていました。使っている品川麺機の製麺機は多加水麺を得意しているのでもったいない気もします。
しかし、試行錯誤は始まったばかりのようです。これからも見守っていこうと思います。

下目黒日録 7月18日

 従業員のK君が製麺機のローラーに指を挟まれました。小指の先端の極一部ではありますが潰され出血です。病院で手当てをしてもらいましたが数日の安静が必要です。
 本人も傷が痛むでしょうが、連休を前にして店の運営にも支障をきたします。
 作業中の怪我は希に起こります。製麺機導入前は包丁で指を切るがそのほとんどでしたが、今は機会相手の負傷は深刻な事態を招く恐れがあります。しかしどちらの事故原因も共に標準的な作業手順から外れた処で起きています。

下目黒日録 7月17日

%E8%96%AB%E9%A2%A8%EF%BC%92.jpg
 江藤君の店「薫風」の開店が間近に迫っています。
 店舗は既に完成し、提供されるラーメンもほぼ定まりつつあるようです。そんなおりに味のお披露目があり、おじゃましました。
 スープの基本は鳥と豚のガラのようで、魚介類は醤油のかえしに使っていると説明がありました。味わいは濁りのない旨味がしっかりと出ています。味の輪郭を出すために感じない程の白胡椒のパウダーを忍ばせています。
 麺は自家製でかづ屋と同じ品川麺機で作られ、加水が高めでプルリとした出来上がりです。食べ始めは程よい食感ですが後半まで持ちません。聞いてみれば一部に国内産の麦を配合してあるのでその辺りが原因かもしれません。
 これからさらに完成度を高める意欲がきかれます。今後に期待します。

下目黒日録 7月16日

%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%BA.jpg
 かづ屋が掲載された雑誌ハーズが贈られてきました。
 随分と立派に紹介されています。
 南果歩さんとのツーショットも良い雰囲気です。これはカメラマンさんが上手に撮ったのもありますが、さらには南果歩さんが場の空気を作り上げ、とかく固くなり勝ちな素人の私から自然な表情を引き出しています。さすがと感心しきりです。
 

オルセー美術館展 国立新美術館

%E3%83%9E%E3%83%8D%EF%BC%91.jpg
充実の企画展です。
 日本的に考えれば国宝に値する作品が何点もあります。
 マネ 笛を吹く少年
 ミレー 晩鐘
 セザンヌ 首吊りの家
 モネ サンセザール駅
 モネの笛を吹く少年は、スペイン旅行の後にベラスケスからの影響が強いと解説にあります。作品を近くで観れば、笛の筒の質感をもたらしている光沢や、赤いズボンのシワに残る筆触にそれらしさが解ります。
%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8.jpg
 私にとってこのルノアールの作品「イギリス種の梨木」一番の収穫でした。揺らめく陽光の中で鮮やかな緑が印象的で、つい観入ってしまいました。
 個人所蔵が長かったこの作品は複製として出回る機会もなく、長く無名であったようです。
 ルノアールは人物画に注目が集まりがちですが、こんな素晴らしい風景画もあります。昨年、三菱三号館にてヴェネチアを描いた作品も観ましたが今回同様の感想をもちました。
1814%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%81%A0%E5%BE%81.jpg
 美術作品として紹介されるよりも、歴史書の挿し絵的に使われる作品です。
 私は今日まで勘違いしていましたが、これはロシア戦没におけるモスクワ撤退の図ではないようです。題名は「1814年フランス戦没」とありロシア戦没の後の反仏同盟を迎え撃つフランス国内における戦いを描いているようです
 これから先エルバ島へ流刑になる暗い結末を予感させる作品です。
 さして大きくない画面にナポレオンの内面まで浮かび上がらせたて描かれてます。さらに付き従う幕僚達の帽子が不揃いに起立し軍団全体の疲労を感じさせます。また足元を見れば、雪と泥が混ざった轍が幾重にもにあります。戦いの困難さが伝わってきます。
 私にとって思い入れの強い鑑賞となりました。

五行@西麻布

%E4%BA%94%E8%A1%8C.jpg
 ダイニングバーのラーメン店として有名です。
 焦がし醤油ラーメンを食べました。
 表面は黒く焦げた油で覆われており熱々で提供されたスープは香ばしい独特の風味があります。麺は食感が蕎麦を感じさせます。多少ポソっとはしていますが、太さといい固さといい好みです。
 これと似た味わいは旭川ラーメンの蜂屋です。ここも焦がしたラードが一面に浮かんでいました。最初は横浜のラーメン博物館で食べましたが美味しくは感じませんでした。しかし厳冬季の旭川で食べた時は凄く美味しかった記憶があります。