月別アーカイブ: 2014年4月

東京国立博物館 尾形光琳 風神雷神屏風図

%E5%B0%BE%E5%BD%A2%E5%85%89%E7%90%B3%E3%80%80%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E5%B1%8F%E9%A2%A8.jpg 模写と言えども琳派の巨匠であれば単なるコピーの域を越えています。宗達の作品を観ていなけえばこれはこれがオリジナルと認めるかもしれません。
 今同時に見る状況ともなればどうしても宗達との比較になりますが、優劣を考えるよりもそれぞれの個性を味わうべきでしょう。
 装飾性の観点ならば光琳作は際立っています色彩の明瞭さ、配置の簡潔さは馴染み易さがあります。そんな処に描かれた神々に神秘性が薄くより身近な存在を感じさせてくれます。この判り易さや親しみ易さから作品をさらりと見るきらいがあります。それを考えれば宗達の作品の前に佇む時間の方が長かった気がします。この辺りに国宝と重文の差異を見出だすかもしれません。しかし記憶の中ではそれぞれの個性が鮮明に留まっています。又、再び鑑賞する機会を望む気持ちが両作品共にあります。

来来軒@祐天寺

%E6%9D%A5%E6%9D%A5%E8%BB%92.jpg 
 来来軒とは 明治43年浅草で開業した中華料理店です。そこで初めてラーメンと名付けた麺が提供されたようです。これをもってラーメン事始めとする説があります。
 そのお店の料理長が独立されてこちらの来来軒を開業されたそうです。
 現在こちらでいただけるラーメンが当時に非常に近いと触れ込みがあります。それを考えればラーメンに携わる者にとって必食の一杯かもしれません。
 場所は祐天寺の駅前通りに面し、一階は大衆中華、二階に宴会用の店舗となっています。
 先程解散した中華組合の新年会はこの二階で行われました。また中華料理講習会もこちらで開催されました。それ以外では初めての来店です。もっと早くに来るべき店であったかもしれません。
 店のメニューは一般的な中華屋さん品々がありますが、ここは迷わずラーメンを注文となります。いただいてみればさすが組合において技術指導される店の品は美味しく出来上がっています。麺は細めでありながら程よいアルデンテです。スープは雑味のない上品な旨味があります。醤油味も角がなく麺とスープをまとめています。
 しかしこの品はやはり中華屋さんのラーメンです。今の時代のラーメン屋と食べ比べてみるならばいかにもインパクトが弱いと感じます。これは中華屋さんとして多彩なメニューのなかにあって生きてくる一杯でしょう。
 そんな事を考えていけば、中華料理店とラーメン屋とどこが異なるか考察する機会となるかもしれません。やはり我々にとって必食のラーメンかもしれません。

下目黒日録 4月23日

 来日したオバマ大統領を安倍首相が二郎へ伴ったようです。あの三田の本店が日米交渉の舞台に、日本外交もとんでもない奇手に出たかと思った処ですが、しかしラーメンの二郎ではなく”すきやばし次郎”お寿司屋さんでした。しかし晩餐会のあとの締めに両首脳揃ってラーメン屋の図は我々の見果てぬ夢かもしれません。
 米国大統領がお寿司を召し上がるのであれば、寿司ネタの中に鯨なんぞを忍ばせていただけたら面白かったかもしれません。
 アメリカ人はもう忘れたかもしれませんが、ペリーが艦隊を率いて浦賀沖に現れた目的の一つは、日本の港をアメリカの捕鯨船の補給基地する為でした。
 18世紀、捕鯨はアメリカにおいて一大産業でした。捕鯨船は鯨から取れる油を求めて、世界の海に乗り出していました。捕鯨船は取れた鯨を船上で加工し油を蓄える為、何年も母港に戻らず操業を続けます。それを維持するには漁場の近くに食料や水、油採取に使う薪などの補給基地が必要となります。日米関係の取っ掛かりに鯨は大きな役割を果たしたようです。
 しかしオバマ大統領が日本で鯨を生で食べたとなると大騒ぎとなるでしょう。その為日米間の懸案事項の多くは解決不能になるかもしれません。そんなテロじみた爆弾をあの次郎の親方が仕掛けられるポジションにいる事を、もしご本人が承知して心中でニンマリしながら寿司を握っていたなら愉快ですね。
 当時の捕鯨の様子は海洋文学の金字塔ハーマン.メルビルの「白鯨」やまたそれを映画化したジョン.ヒューストン監督グレゴリー.ペック主演の名作に詳しく表されています。
 そんな事を思い出してみました。

下目黒日録 4月22日

 二年程前に退職した江藤君が目黒店に来てくれました。近々川崎市の地元でラーメン店を開業するそうです。
 彼はかづ屋に在職はさほど長くはありません飲食業界ではベテランの部類です。大学を卒業後に料理学校で学びさらにイタリア料理店やラーメン店などでキャリアを重ねておりました。満を持しての独立開業となります。
 どんな味を出してくれるか楽しみです。その中でかづ屋で学んだ技術が沢山生かされるようであれば喜ばしい事です。
 本日はこの足で品川麺機に向かうそうです。自家製麺で勝負する心持ちも頼もしい限りです。

下目黒日録 4月21日

 今日から価格変更です。
 おことわりの文を貼り出し、新しいメニューに代えて営業を行いました。
 一日を通してとりわけ混乱もなく、個別の説明なども行わず済みました。
 お客様ももう充分に理解と納得ができている問題であるようです。
 目を広く社会全体に拡げてみても、消費行動にとりわけおおきな変化は起こってないようにみられます。当初、増税前の駆け込み消費と増税後の消費の落ち込みが国内経済に与える影響が心配されましたが杞憂に終わりそうです。
 とかく不安を煽る報道は幾らか気にはなります。今後家計に大打撃んが与えられるとか、対策を打たねば損をするとか。しかし我々も少しずつではありますがそんな言説に余り惑わされなくなってきています。
 増税は行われないにこした事はないでしょうが、考えてみればお金は国庫に入るわけでそれが国内で使われる限りは国内経済を潤すはずです。無闇に忌むべきものでもないでしょう。

銀嶺@武蔵小山

%E9%8A%80%E5%B6%BA.jpg
 初めて入るには恐ろしく勇気を必要とする店かもしれません。私は20年以上毎日のようにこの店の前を通っていますが今回が初めてです。そこは武蔵小山は後地の交差点の間近、スーパーマーケットのライフの目の前にある九州ラーメンの店”銀嶺”です。外観はは恐ろしく年期の入りそしてあまり手入れがされておらず、予備知識なしには入ってみようなど思わせない店です。。
 店の名前から察して北海道のラーメンかと思っていました。暖簾に九州ラーメンの文字を発見したのは最近の事で、その意外さに興味が増してきました。
 メニューはラーメン以外にも街の中華屋さん的な品揃えがあります。目を引くのはその安さで、その看板である九州ラーメンは今時500円です。そんな一杯を注文しましたが出来上がったラーメンは店の様子とは異なり端正なまとまりを見せていました。いただいてみても熱々で旨味の強いスープは作り手の技量と熱意を感じさせてくれます。これは今まで食べた九州ラーメンの中でも出色の出来映えかと思わせます。
 しかし残念な処は麺の茹で具合が不充分で美味しくありません。おそらく茹で湯が汚れて沸点が下がり湯温が充分に上がっていないと考えます。麺自体は九州ラーメンにしては加水が高めで好みであるだけに惜しい処です。
 いただいた後にご主人に尋ねて、この店は創業して28年である事、このラーメンの発祥は福岡県の大牟田である事などが判りました。
 年期が入っているのは外観だけでなく実際にもその通りなようです。この外観から飛び込みのお客などまずは無いと考えてみれば、長きにわたり営業を続けてこれたのは常連のお客が定着していると想像できます。それはそれで大した事です。
 しかし昨今のネット情報の充実を考えてみれば、飛び込みの客は無くとも、食べログなどを見た新しいお客が来店する状況がありえます。実際ネット上の評価は良いといえます。もしかするとこんな外観を持ちながらブレイクしたら面白いかもしれません。
 すこしあからさまな事を述べたかもしれません、失礼しました。
 
%E9%8A%80%E5%B6%BA%EF%BC%92.jpg

下目黒日録 4月19日

 中華料理組合目黒支部の最後の集まりがありました。
 保留金の分配とその確認など監査役としてのお勤めです。
 目黒支部は少なくはなったといえ三十軒以上は加盟店がありました。しかし今のところ1軒たりとも隣接支部に入り組合に留まろうとする店はありません。この辺りに組合の現状が見てとれるかもしれません。
 私は二十年以上加盟していますがそのほとんどの期間単なるお付き合い程度でした。終わった感慨とすればやれやれといった処です。今日集まった方で随分と古い方は一抹の寂しさを覗かせていましたが、大概の方は肩の荷が降りた安堵感があるようです。

東京国立博物館特別展「栄西と建仁寺」風神雷神屏風図

%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E5%9B%B3%EF%BC%93.jpg
 国宝の日本画において最も有名な作品ではないでしょうか。モチーフの面白さに親しみが持て、また意匠の斬新さに一目で印象が残る作品です。 本物を間近で観ると筆触の強さが良くわかります。またカラフルな色ずかいですが、個々の色に自然な風合いがあります。たらしこみの技法でえがかれた雲にリアリティーがあります。どれも本物に接してこそ伝わってきます。
 この俵屋宗達と言えばかづ屋の龍です。以前の店舗では外壁に模写して描かれていました。今はコピーを転写して入り口の上部を飾っています。ワシントンのフーリエ美術館の所蔵の作品ですが日本にあればおそらく国宝でしょう。龍は水墨画ですが同様なたらしこみの技法で沸き上がる雲が描かれています。
 この作品は特別展における目玉として展示されています。また本館においては当館所蔵の尾形光琳の風神雷神屏風図も展示されています。琳派の二大巨匠の同じ題目の作品が同時に観られるのは希有な事です。

煮干し王@渋谷

%E7%85%AE%E5%B9%B2%E3%81%97%E7%8E%8B%EF%BC%92.jpg 
 遅まきながら新しいメニュー表を発注してきました。元はエクセルを使い私が作り拡大印刷しラミネートは渋谷のキンコーズに持って行きました。明日には仕上がりますが月曜日の朝に貼りだします。
 そんな道すがら渋谷の煮干しラーメン”凪ぎ”で昼食をとりました。新宿店に続き二度目になります。
 煮干しを使ったラーメンは”たんたん亭”や永福町の”大勝軒”またそれに連なる系譜の店は随分と在ります。しかし数ある煮干しを使ったラーメンの中でも異彩を放っていると言えます。
 ”たんたん亭”の系譜の場合あまり煮干しのエグミを出さず調和のとれた味を目指しています。これは料理の常道と言えます。また”大勝軒”系のように例えエグミは出ようともインパクトのある味を目指す店もあります。その癖のある味わいは食べ手を強く引き付ける要因にもなっています。こんな現象はラーメンのフィールド故に可能なのかもしれません。
 そんな癖のあるラーメンより此方のお店はさらに強烈です。まるで煮干しの全て抽出しているかの味わいがあります。しかしこのアバンギャルドな味わいが多くの食べ手を魅了しているようです。私がうかがったのは午後四時近くであったにもかかわらず、入客はひっきりなしです。
 私の注文は煮干しラーメンを麺を柔らか目でお願いしました。ここの麺は自家製の太めを手揉みで縮れを付けてきます。さらにフィットチーネのような麺も幾らか入っています。このツルツルと舌触りは心地良さがあります。さらにこの食感の変化は食べ手を飽きさせません。大胆な作りではありますが細かな計算が在るようです。
 

下目黒日録 4月16日

 「マスター糖尿は大丈夫?」立て続けにテレビ界で有名な調理人が亡くなったので心配してくれるお客様もいます。しかし血糖値は若干高めですがそこまでの心配はないと思います。
 件の調理人、なかでもラーメンの鬼と呼ばれる方は今の平均寿命で考えるならば早死にと言えるでしょう。その死に至る要因にラーメンがあったり調理人なる仕事があるならば他人事ではないかもしれません。しかし伝え聞く話では随分とお酒も飲まれていたようです。推測するにストレスの多い生活だったのかもしれません。
 かつて”ガチンコ”なるテレビ番組でラーメン屋がテーマになったシリーズがありました。私も面白がって観ていた口ですが、どこまでが作り事か曖昧な設定でありました。おそらくかなりな部分が虚構で、それを本物のラーメンマスターの登場により話に真実味を持たせていたと思います。
 この企画は随分と評判を呼び、番組の終了後もこのラーメンマスターのキャラクターは重宝され各方面でお見掛けする事になります。
 これが役者であるならば電波に載った姿は虚像であると誰もが納得ずくであります。しかしこの場合見る側はどんな認識でいるでしょうか。多分幾らかのやらせはあるだろうが本人のキャラクターは本物であろうと考えるのが一般的です。しかし真実はどの辺りなのでしょうか。虚像が一人歩きすれば本人は辛かったでしょう。