月別アーカイブ: 2014年2月

麺や 太華@戸塚

麺や 太華
%EF%BC%94%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%91.JPG
%EF%BC%94%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%92.JPG 
 調べてみれば在るものです。尾道の中華そばの系譜に繋がる店は神奈川県の戸塚にありました。尾道の老舗、朱華園からみれば孫にあたるようです。
 場所はJR戸塚駅に隣接する総合商業ビル、トツカーナの五階です。ネーミングがトホホな駄洒落に心が和みます。しかしけっこう真面目に考えられているかもしれません。
 店では中華そばを注文しましたが、店内に張り出された倉橋島の青ネギの広告につられてしまいネギ増しでお願いしました。出てきた丼を見れば表面はネギに覆われて、中華そばの表情は損なわれています。一応写真を撮りましたが、食べ進んだ段階でもう一枚撮っておきました。
 頂いた感じ朱華園の系譜は判りますが、深く味わうには少し醤油辛いようです。さらにネギのカットが大きく食感の多くがネギに支配されています。今回はネギは余分だったようです。
 しかしスープに浮かんだ脂身や、柔らかな食感の平打ち麺に懐かしさが心を満たしてくれます。そうなれば益々オリジナルへの欲求は募ります。
 
 帰り際に戸塚駅構内にてアンデルセンのベーカリーカフェを発見しました。このブランドの発祥は広島です。私も子供の頃からこの母体であるタカギベーカリーのパンを食べていました。当時は珍しいデンマークのデニッシュを売り出して全国展開を果たしたそうです。。今日は同じ広島繋がりを感じ、ひとつ味わって行くことにしました。店頭で目についた青リンゴのデニッシュと珈琲で一休みです。カロリーを考えれば余分だったかもしれませんが、とても充実した気分になれました。
%EF%BC%94%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%93.JPG

背油ニンニクラーメン しなてつ@荏原町

seabura.JPG 荏原町のしなてつにて、期間限定ニンニク背油ラーメンを食べてきました。
 近頃のような寒い気候にはつい注文したくなるメニューでしょう。
 我が自家製麺との相性も良く、実に暖まります。刻んだ生玉ねぎがスープにアクセントを付け後を引き随分と飲ませてくれます。好みで言わせてもらえば若干ニンニクを抑えてもらったほうが胃に負担が少ないようです。しかし若者にはニンニク増量も有りかもしれません。
 こんな背油が浮いたスープを飲んでいると、尾道の朱華園の中華そばを思いだします。尾道ラーメンと称する店は東京でもちらほら見かけますが、朱華園の中華そばに類する店は皆無です。判りにくい話ですが尾道で最も有名な店は朱華園ですが、いわゆる尾道ラーメンとはすこし異なります。わたしが住んでいた頃には尾道ラーメンと呼ばれるジャンルは無かったようです。それ故その特質は今でも充分把握してはいません。その辺りを説明出来るようにしなくてはと思っております。

伝源頼朝像(模本)冷泉為恭模19世紀 東京国立博物館

%E9%A0%BC%E6%9C%9D.jpg
 
 
 美術の教科書よりも歴史の教科書に登場機会が多いかもしれません。しかし日本画の肖像画においては屈指の名画であるそうです。以前から実物と観たいと望んでいたのですが此方にあるのは江戸時代の模写であるそうです。本物は京都博物館に収蔵とありました。しかしそれでも随分と立派な作品に映ります。
 しかし近年この作品の伝承に疑わしい点が幾つか出てきているそうです。まずは描かれた人物は源頼朝ではなく足利尊氏の弟の足利直義である。また作者も藤原孝信ではないようです。論拠をさらりと読んでみればなるほど説得力もあります。
 しかし正確には誰であろうと、鎌倉から室町にかけての威厳のある武家像であることには違いありません。当時の日本男子の最も良質な特性をイメージ出来る作品と言ってよいでしょう。

アーンドラキッチン@御徒町

アーンドラ・キッチン
%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B5%EF%BC%92.JPG
 ドーサとは豆と米の粉を発酵させたクレープです。これにスパイシーなジャガイモ等をくるんだのがマサラドーサです。これを豆と野菜のスパイシーなスープのサンバルやココナッツ.チャッツネを添えて食します。南インドを代表する軽食です。
 御徒町の南インド料理の店アーンドラキッチンのドーサは、このように写真に収まりきらない大きさです。しかし表面がパリッとしていて、口に運べばモチモチとした食感があり、いくら食べても食べ飽きません。
%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B5%EF%BC%93.JPG

新東洋@上野

台湾料理 新東洋
%E6%96%B0%E6%9D%B1%E6%B4%8B.JPG 
 台湾のB級グルメで頭に浮かぶのは、魯肉飯とパイコー麺です。渋谷の亜寿加にてパイコー担々麺を食べてましたが、どこまで現地風か判りません。本場のパイコー麺とはどんな味わいか興味を懐いていました。
 本日は上野に出向く事になり、アメ横の此方の店に立ち寄ってみました。
 この界隈自体がアジアンテイストで溢れていますが、ここ新東洋もいかにも現地の雰囲気が漂っています。店のスタッフ皆さんも日本人ではないようで現地風パイコー麺への期待は高まります。
 パイコー麺750円は優しい味わいなので意外な感じがしました。豚肉の揚げ物のスパイスも控え目で醤油味のスープも上品です。高菜も薄味です。渋谷の亜寿加の方がよっぽどアジアンな感じです。鹹水少なめのプルリとした麺も好みです。
 台湾の味と言えば尾道を代表するラーメン屋朱華園の創業者は台湾出身です。此方新東洋のスープとも何処と無く似た味がします。さらに何十年も通っている渋谷の喜楽の先代も台湾出身のです。私が真似た揚げネギも元は台湾の味であるそうです。よく考えれば台湾の味わいに知らずに馴染んでいたようです。

下目黒日録 2月19日

%E7%9C%8B%E6%9D%BF%EF%BC%91.JPG 
 もうすこし店の存在が判りやすくしたいと考えていました。
 ここの処の寒さの為か夜の歩行者が随分と少ないようです。。それでは車の方に少しでもアピールできればと思い、夜の間だけ歩道を越えて看板を出す事にしました。
 それに伴い看板を少し加工しました。地面に直に置けば少し低いので幾らか下駄を履かせ、さらに移動に便利なようにキャスターを取り付けました。
 この工作は製麺を主に担当して頂いているN氏が行ってくれました。鉄板部分の穴明けなど私にとっての難事も手慣れた感じで仕上げてくれたので助かりました
 この看板の効果が早くでれば嬉しいのですが。

里のうどん@大崎

%E9%87%8C%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93.jpg 
 大崎は新しく開発が進んだ街ですが、その一角に年期のはいった雑居ビルがあります。オールド大崎といった感がありますが、名前はニュー大崎ビルです。その一階にある「里のうどん」は以前から気にはなっていました。
 店名からケンチンうどんのような関東の田舎うどんが食べられるのではと思いこん入りましたが、しかしここにあったのはいたって正統な関西うどんでした。さらにこの店の売りはうどんよりバラ丼なる豚肉丼であるようです。それも食べねば来たかいもなさげなので注文をしました。
 うどんはお出汁が薄口で美味しく麺もツルツルです。こんな関西うどんは昨今の讃岐うどんを食べつけた人には新鮮かもしれません。バラ丼は甘辛のタレがたっぷりとまぶされてキャベツの千切りと共にご飯に乗っかっています。B級グルメの大道を行く逸品です。あっさりとしたうどんとの相性も良いかと思いました。
 此方のお店は神奈川県の藤沢市が発祥で、このバラ丼で名を成したようです。
 

下目黒日録 2月17日

 本日はリニュウーアルオープンの記念日です。早くも二年が経過しました。
 色々な目論みがありより移転しましたが、移って後に期待通りに成果が出た面もありますが、今一つの処もあります。
 まずは今の店舗になって格段の作業効率の改善がみられます。何より製麺所が店内に設けられているのが便利です。厨房内も動き易く長時間働いても疲れません。さらに導線が良くなり少ないスタッフでも営業出来る店となりました。これは人件費の軽減となり大きな成果です。
 問題は旧店舗より集客力は落ちたところです。店の外観や人の流れなどは以前の場所の方が勝っていたようです。車からの見え易さや横断歩道の近さなどかつてはそんな利点があったようです。
 今でも希にですが移転先の此方がなかなか見付からず、やっとたどり着いたお客様もいらっしゃいます。情報も満遍なく届くとは限らないようで、目立つ外観も大切かもしれません。

下目黒日録 2月16日

%E3%81%99%E3%81%8D%E5%B1%8B.jpg 
 大鳥神社の交差点の一角にすき屋が開業しました。先週吉野屋にてすき焼き鍋定食を食べましたが、すき屋でも同様なメニューが売り出されているようです。
 報道される処によると牛丼の業界における競争も熾烈であるそうです。吉野屋が始めたのならば、屋号にかけてもすき焼きでは負けられないでしょう。
 その辺りを念頭に置きながら、新店の様子を眺める目的もありお昼ご飯としました。
 さて私的な食べ比べの軍配は吉野屋に挙げたいと思いました。この鍋を直火で暖めながら提供する方法は、熱々が頂ける利点がありますが、逆に肉が煮えすぎて固くなるきらいがあります。残念ながらすき屋の肉の方が固くなってしまったようです。
 しかしこの辺りの弱点もこんな大企業であれば予想もついていたはずです。これは担当者の不手際かもしれません。別の店舗にても食べてみようと思います。

下目黒日録 2月15日

 先日からの雪は夜半より雨に変わり、朝になっても降り続いていました。その雨の降る音を寝床の中で聞きながら、これで雪が少しは溶けてくれまいかと淡い期待をかけておりました。しかし結果はこれくらいの雨量ではどうにも手に負えない雪の量だったようです。さらに雨を含んで重くなった雪は除雪作業を手間取らせる事になりました。
 店の前の除雪は私を含めて交代で係りました。山手通りの歩道は近隣の大切な生活道路です。しっかりと行い歩行の安全を確保する必要があります。基本は自分のテリトリーだけ行えば済むのでしょうがそれでは全線を通じて除雪できません。幸いにもお客様は少ないし手の空いた若者も居るので、広い範囲での雪掻きを受け持つ事にしました。
 今回も雪のせいで頭を悩ませたのは麺の運搬です。朝方の配達は早々に諦めて午後から道路事情の回復を待ちました。ちょうど搬入に来た業者がしっかりとチェーンを巻いてあったので五反田店への運搬を頼みました。こちらの業者さんは新潟の出身でこのような雪道への対処は慣れた処であるようです。
 荏原町へはさらに遅い時間に、三輪のスクーターにて私が持っていきました。前回同様に時折雪に車輪を取られ、危うく転倒しそうになりながらの配達となりました。