月別アーカイブ: 2014年1月

下目黒日録 1月28日

 五反田店の従業員K君が体調不良です。
 定刻の出勤時間には仕事を始めましたが発熱で辛そうです。予定では深夜までの勤務ですがとても出来る状態ではないようです。すぐに帰宅して寝てもらう事にしました。
 少ない人数で運営している組織は一人抜けると大きな穴です。皆で少しずつ無理をして穴を埋めていきますが埋まらない処は営業時間を短縮するしかありません。お客様には申し訳なく思いますが選択肢はありません。
 この季節、連日のように色々な感染症のニュースが報道されています。体調管理に気を配らなくてはなりません。

下目黒日録 1月27日

 中華組合目黒支部の新年会に出席しました。会場は代官山の「花壇」。
 先週は碑文谷支部の新年会に目黒支部としての招待枠で参加しました。目黒区内に支部が2つあるのは組合員が多数居た頃の名残であるそうです。
 同じ区内であることから出席者も青木区長をはじめ先週と同じ方々を見かけます。そんな処から、2つの支部の合同で新年会を催したらと、勝手に考えてしまいました。

ちゃんぽん亭@学芸大学

%E8%BF%91%E6%B1%9F%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%BD%E3%82%93.jpg
 近江チャンポンとは初めて聞きます。滋賀県が発祥のご当地麺類であるようです。伝統文化を沢山抱えている土地柄だけに名前だけもそそられます。
 こちらのお店は「ちゃんぽん亭」の東京23区内唯一の支店です。これから東京で多店舗を展開していくのでしょうか。
 長崎チャンポンはあの独特のプルリとした麺は好みです。たまにリンガーハットで頂いています。こちらも「ちゃんぽん」とあるのであの独特な麺を期待したのですが、さほど変わった中華麺でもないようです。野菜がてんこ盛りなのでいわゆる「タンメン」と呼んでも通りそうです。
 追加トッピングですりおろし生姜を注文したらてんこ盛りでやってきました。半分程を投入して食べましたが強烈な生姜味となり最初の味わいは跡形もなく消えさりました。全部入れて食べる人はいるのか疑問です。
 今日の一杯だけで判定するならば、私は長崎チャンポンに軍配をあげます。しかしこのご当地麺類の近江チャンポンの全容が判ったとは言い切れません。未だ判明せぬ色々な可能性を秘めているやもしれません。

凪 煮干王@新宿ゴールデン街

%E7%85%AE%E5%B9%B2%E3%81%97%E7%8E%8B.jpg
 新宿ゴールデン街はその存在が奇跡のような一画です。この昭和の猥雑さが漂う街は、何度も取り壊される話が持ち上がるもその権利関係の複雑さからその都度計画は頓挫しているようです。
 こんな街に若い経営者がその最初の店舗を設けたのはいささか驚きます。お店はかなりの築年数が想像できる木造の二階にあります。その細く軋む急な階段に臨めば予備知識無しでの入店には勇気が要ります。
 ここで提供されるラーメンは煮干し好きならばそのエグミまで味わうべきだと聴こえてくるような一杯です。瀬戸内育ちで昔から煮干しに親しんで来た私にとって、その味わい方が実に異質です。そして煮干しの強さに負けない程の油、さらには醤油の強さ、スープは素材同士が力業で交わった感があります。それは食べ手の嗜好をねじ伏せて仕舞う程の圧倒感があります。
 そんな力強いスープに負けず麺も圧倒的な存在感をもっています。鹹水少な目で加水高めのプルプルした太麺をさらに手もみで縮れさせています。限りなく饂飩に近付ながらしっかりとラーメンスープに馴染んでいます。さらに一反木綿と名付けられた、きしめんよりは広くワンタン皮よりもいささか厚い板状の麺が数枚入っています。これが舌触りが心地よく良いアクセントになっています。
 こんな実に大胆な一杯が、二の足を踏むような圧倒的なロケーションにて提供されます。経営者の豪胆さに脱帽です。
 
 

華空間@柿ノ木坂

%E8%8F%AF%EF%BC%91.JPG
%E8%8F%AF%EF%BC%92.JPG
 目黒柿ノ木坂にある中華料理店「華空間」先日中華組合碑文谷支部の新年会でおじゃましました。今日は妻を連れてランチです。先日私が体調を崩したおりなにくれと看病をしてくれたのでそのご褒美です。
 環状7号線を通ると必ず目にはいるドームを屋上に設えた外観は中華料理店とすればかなり異質です。こんな目立つ店でありながら一度も入ったことがないのは、あまりに洒落た外観にかえって入店意欲が削がれていたかもしれません。
 本日の注文は昼のミニコース。前菜、料理二品、点心二品、スープ、温野菜、漬物、ご飯、デザート、コーヒーと盛りだくさんで一人前2100円です。随分とお得感のあるメニューです。料理はどれも上質な広東料理で美味しくいただけました。
 外見は異質でも料理は正統派のようです。広くて居心地の良い店内も含めて使い勝手が良さそうなお店です。
 
%E8%8F%AF%EF%BC%93.JPG
%E8%8F%AF%EF%BC%94.JPG

凪 豚王@渋谷

%E8%B1%9A%E7%8E%8B.jpg
 
 渋谷の和田洋食器店にレンゲを購入に行ってまいりました。
 今日も此方方面で美味しいお昼をと探っていれば至近の場所にこの近年著しい勢いのあるラーメン店の「凪」が在ると知りました。しかも豚骨と煮干しとそれぞれの専門店があるようです。それでは先日は「桂花」へ行ったので九州ラーメンの流れで「豚王」へ向かってみました。
 麺の太さを注文の際に選べるので太麺を柔らか目でお願いしました。出来上がりった麺は自分が想定したより幾らか柔らかですが、この辺りは丁度良く出来上がる事自体が贅沢と考えています。麺はそんな具合ですがスープの濃度は好みの中頃を突いてきます。うれしいのは温度が高い処です。かなりレアに仕上げたチャシューがスープの熱で食べ頃に仕上がります。さらにタップリと乗ったワケギも幾分柔らかくなり美味しく味わえます。
 幾分食べ進めた処で卓上に備えられたモヤシやゴマなどを加えてみますとさらに食が進みます。モヤシには黒胡椒が強めにまぶしてあり、それがスープに溶け込むと味の輪郭が際立ってきます。食べ進むにつれても飽きを興させません。
 勢いがある店には明らかな根拠があるようです。次は「煮干し王」に向かってみます。楽しみです。

下目黒日録 1月22日

 たんたん亭の話は何回かこのブログで述べてきましたが、今後はこのテーマをもうすこし掘り下げてみたいと思っております。
 今考えている構想では私が直接関わらない時期まで遡ってみるつもりです。そこでは師匠が高井戸にて最初に開業した当時の経緯や、さらに数年後浜田山にてラーメン専門店を始めるに至るまで軌跡。そしてそこから6年程して私が入店した頃の話など語るべき内容は沢山あります。
 そこで今後なすべきは師匠より沢山の話を聞くこととなります。幾らか師匠を煩わしはしますが、たんたん亭に連なる人々にとり知っておくべき事柄ですので協力していただきます。
 私の知らない事も沢山出てくるとも思っておりますので楽しみでもあります。

桂花@新宿

%E6%A1%82%E8%8A%B1.jpg
 
   新しいアルバイトが今夜からはいります。急な事で白衣が間に合いません。いつもはセブンユニフォームの新宿店から取り寄せていますが、今回は私が出向く事になりました。そこで出先で何を食べようかとなりますが、懐かしい味の「桂花ラーメン」にしました。
 20代の始め頃ハマった時期があります。いまから40年近く前、未だ東京では殆ど知られていない九州ラーメンの走りです。
 今まで中華ソバやサッポロ味噌ラーメンなどに馴染んでいた私には随分と新鮮な味わいでした。若さ故のコッテリを好む傾向も相まって、こちらの太肉麺は嗜好のど真ん中に響いていたようです。
 本日いただいたのは何十年ぶりでしょう。お店の佇まいは当時とそんなに変わらない感じがします。味わってみれば以前のような濃厚な感じは受けません。あれから九州系のコッテリとしたラーメンを随分と食べたせいもあるでしょう。今の東京は「一風堂」をはじめ九州ラーメンが林立しています。この状況でこちらの味はどんな位置付けなるのでしょう。私にしてみればノスタルジーな味となるようですが。

下目黒日録 1月20日

 中華組合碑文谷支部の新年会に出席させていただきました。私の出席の資格は目黒支部からとなっていますが支部長のオマケ的なポジションです。深く考えると居心地が悪くなるのであまり囚われずに自然体を心がけて過ごす事にしました。
 場所は環状7号線沿い駒沢通りとの交差点の近く、老舗の大型中華料理店「華空間」で行われました。
 出席者は支部の組合員の方を中心に、私達のような近隣の支部を代表される方、また取引業者の方々、また目立つのが議員さんやその秘書さん。そして主賓的存在はやはり青木目黒区長となります。今回はその青木区長と幾らかお話ができました。
 区長は今年で就任10年目であるそうですが、就任以前には「かづ屋」に来店していただいておりました。さらに我が子と幼稚園が一緒で、母親同士は面識があるようです。そんな話を区長にさせていたいただいた処、幾らか心当たりがあるようで、少しは親しみを持っていただいたようです。
 来週は目黒支部の新年会です。なにかお手伝いをしなくてはならないような雲行きではありますので少し気懸かりです。要請があれば頑なに拒むだけでは申し訳ない気もあります。しかし自分の力量を考えれば出過ぎるのも問題があります。

下目黒日録 1月17日

 昭島市に「かづ屋」を名乗るラーメン屋が開業していると情報を得たのは先月の事です。
 さてこれにどう対処すべきか思案中でありますが、本日はそこに行った方からのお電話をいただきました。お話によるとすっかり私達の支店と信じて入店されたそうです。しかしどことなく異なる雰囲気と味に不審を抱き確認の電話をいれる事にしたそうです。このように実害がでてくるとこのまま放置しておくわけにもいかないでしょう。
 これからもっと懸念される事は品質の悪い商品を提供したり、失礼な態度で接客した場合に、それが我々の行いとお客様や世間に対し受け止められる事です。
 この様に同業種で意識的に同じ屋号で商売をする場合は不正競争防止法に抵触します。しかし出来るならば法律をかざしてこれを制するよりも道義的な処で改めてもらえればと思います。
 幾らかの情報によると店を運営しているのは中国人であるそうです。しかもそれがかつて目黒店で働いていた人物であるようです。中国人といえば色々な方面で類似品や偽ブランド品を流通させている事はよく聞く話です。かづ屋もこんな中国人に屋号を無断で使用されるとは名誉な話であるかもしれません。しかしこのままではいけないでしょう。