月別アーカイブ: 2013年8月

下目黒日録 8月20日

%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A2.JPG
 武蔵小山のピッツァリア、ラロッサにて昼御飯、ピッツァフンギを頂ました。キノコのピッツァです。これからの季節にさらに楽しめる一品です。
 夏休み中なので子供連れで賑わっていました。ピッツァリアの集まる中目黒辺りとはすこし異なる客層です。住宅街にこんな店があると近所の方は嬉しいと思います。
 ピッツァが日常食になりつつあります。
 吉野家が新たに格安のピッツァリアを展開するそうです。ピッツァの本来の姿を考えるならば狙いどころだと思います。近々訪ねることにします。

下目黒日録 8月16日

 歴史認識を異なる国同士いかに付き合っていくべきか、隣国からの過剰な要求が眼に余る昨今です。
 そもそも歴史認識なぞ国同士で共有できるものではないと思います。その辺りを突き詰めようとするならば摩擦は免れません。現実には異なる事を認識しながら交わっているのが実情です。
 日本に歴史認識を改める事を要求している二か国、中国と韓国は今後交流を深めて行く姿勢を表していますが、この二か国においての歴史認識はどんなものなのでしょう。例えば近い歴史を問うならば朝鮮戦争に対する認識はおたがい真っ向から対立したままだと思います。
 韓国は日本に過去を謝罪することを要求するのであれば、それ以上の謝罪を中国に求めるべきでしょう。朝鮮戦争において中国が参戦しなければ、今頃は朝鮮半島は韓国によって統一されているはずです。さらに戦闘によって失われた生命財産もかなり少なかったかもしれません。
 中国からすれば韓国はそもそもアメリカの傀儡国家です。そのアメリカ帝国主義の手先から北朝鮮を守るのが中国の朝鮮戦争への参戦目的であったわけです。これにより中国人民軍も何十万人もの損害をだしています。
 長い年月にわたり交流のあるこの二国間において、歴史認識の共有を是非行ってもらいたいと思います。もしそれが可能であれば、それこそ世界中の模範となれる処でしょう。
 

処女の泉 ベルイマン

%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3.jpg  中世の北欧、豊かな自然の中、信仰深い夫婦と純潔な一人娘に悲劇がおこります。教会へ蝋燭を届ける用を託された娘は、その道すがら出くわした男達に凌辱されて殺されます。偶然に復讐する機会を得た父親はそれを遂行しますが、娘を失った哀しみは晴れません。父親はこの悲劇をご存知であるはずの神に、その沈黙の意味を問います。そしてそれに答えるかのように、娘が殺された場所から泉が湧いてきました。
 物語はいたって簡潔です。悲劇と復讐そして救い。物語が求めたものは神の沈黙の意味なのでしょうが奇蹟が救いへと導きます。しかしこの物語の舞台が中世であればこそ奇蹟に話をもって行けます。この後のベルイマンの映画製作において同じ主題として、神の沈黙が問われていますが、現代を舞台とするならば容易に奇蹟をもって来れないと思います。
 この物語は一連のベルイマン作品のなかでの考えみるならば、今後、生涯を通じて追い求める主題の序章なのでしょうか。もしくは、神を見出だす事が現代においての困難さを、物語を中世を舞台にすることにより、逆に提示しているのかもしれません。
 こうしてこの夏は三週続けてベルイマンの作品に浸る事になりました。若い頃は難解と思えていた作家ではありますが、こうして鑑賞してみるならば随分と楽しめたと思います。幾らかは私も成長したのでしょう。
 作品の主題を考えてみるならば、どの作品も普遍的で大きなテーマです。「死について」「神の沈黙と証し」「人生の意義」これほど根本的命題に真っ向から取り組まれた作品も現代においては希かもしれません。

いずみ家@馬込

%E3%81%84%E3%81%9A%E3%81%BF%E5%AE%B6.jpg
 フォーク界の大物のご家族が経営されていると聞きました。店名がそのままなのが可笑しいですね。
 店構えも働いている方も何処と無く上品です。家系にしてはと言ってしまえば失礼かも知れません。
 いただいてみると、けっこうな濃度を出しているわりに獣感を消し切っています。麺はこの系統は太目を固く揚げて来るので、私の好みからは外れてしまいます。しかし全体とすれば出来が良いのでしょう、スルスルと食が進み、瞬く間に完食と成りました。
 このように美味しく頂きましたが、最近は消化に手間取るようです。かなりの時間、胃の中で存在感があります。歳を自覚してラーメンと言えどもよく噛んでゆっくり食べる事を心がけるべきですね。
 

下目黒日録 18月14日

 冷やしに支那ソバのスープは好評です。ほとんどの方が残さず飲み干して行かれます。冷たい麺には冷たいスープと囚われなくともよかったかもしれません。考えてみれば、ザル蕎麦においても蕎麦湯は熱いものです。別に違和感はありません。
 お客様からのご意見で気ずかせていただきました。ありがたい事と思っております。

下目黒日録 8月13日

 「日本をとりもどす」なる自由民主党のポスターが街中で見られます。
 それと同様に「かづ屋をとりもどす」とは今の私の心境と言えるでしょう。
 新しいシフトになり、夜9時以降、終業までの時間帯は私の担当になりました。以前は店に詰めてはいても事務所に居る事が多かったいえます。今は余裕はありませんが充実しています。
 かづ屋の原点は私の作る支那ソバです。従業員も一生懸命ではありますが、かづ屋らしさは私から一番醸し出されていると思います。私が作れば作るほど本来の味が甦る事になります。
 この体制は最低3年は維持して行こうと考えています。

下目黒日録 8月12日

 暑いのでつい冷房をかけたまま寝てしまいました。やはり翌朝は身体が重たく感じます。歳のせいもあるのでしょう、重さが終日抜けません。こんな事ではこの夏は乗り切れないと考えるので、今夜からは扇風機くらいで寝るようにします。
 若い頃は暑さに強かった事が懐かしく思い出されます。汗だくで寝て起きて、さらに暑い厨房で一日中働いて、けっこう平気な顔でいました。歳を重ねて暑さに弱くなってきました。今は店内が涼しいので助かっています。

下目黒日録 8月11日

 皆様の声に、冷やしソバについてご意見を頂戴しました。そのなかで今期から付ける事にした冷たいスープ美味しくないとのご意見でした。冷やしのタレを割ってのむ為に出していますが、そのままでも飲んでいただけたらと勧めていました。本来割りスープを想定していた処ですので、そのまま飲むには一寸無理があったかもしれません。
 さらにお客様からは支那ソバのスープを付けることを提案して頂ました。私とスタッフ一同なるふほどと大いに納得し早速実行する事に成りました。
          

ナイルレストラン@銀座

%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB.JPG
 ここも30年位前から時々利用しています。
 また、ここでもこの「ムルギランチ」しか食べていません。
 これは一皿で完結された逸品です。ライスにカレーがかかり、煮キャベツとカレー味マッシュポテトが添えられています。更に特徴的なのは煮込んだ鶏の足が一本乗っかってでてきます。それをテーブル上にてインド人スタッフが身を捌いて骨を抜いてくれます。その所作がいかにもインド的で嬉しくなります。
 こんなワンプレートが実際にインドにあるかと考えてみればはなはだ疑問に思えます。しかし随所に日本的アレンジがありますが、実にインドを感じる事が出来ます。