月別アーカイブ: 2013年6月

下目黒日録 6月30日

 麺あげの技量の個人差を指摘される事が時々あります。本日もランチタイムにいらしたお客様からご指摘を受けました。
 従業員を雇い営業するかぎりにおいて起こりうる問題です。しかしお客様にすれば期待した品質に届いていなければ満足はできないでしょう。
 随分以前より繰返し指摘されてきて、かなり改善はされていると思いますが。従業員の資質をみても、メンバーの入れ替わりとともに全般とすれば上がってきています。ホームページを立ち上げて以来、意識の高いスタッフが集まって来た事は確かです。
 しかしもっと品質の安定を考えた処、私の方針を変えて行くべきかと思い始めています。
 私は従業員に成長を強く望んでいますので仕事全般を習得してもらおうと考えています。最終的には一人前のラーメン店主を目指しあらゆる事に熟練するように指導しています。しかしながら店のこんな方針は色々な弊害をもたらしているかもしれません。
 多くの飲食店では仕事を始めたばかりの従業員に早々と大切な仕事は与えてはいません。容易に習得できて単純で限られた仕事を割り振られます。そして核心的な作業を任せられるのは幾つかの段階を経た後となります。当たり前の話ですが、飲食店は学校ではないので利益を追求しなくては存続できません。
 今後、店の方針を考え直す処は、核心的な作業を担当させるハードルを高くする事だと考えます。また一旦任せた仕事にしても、技術的に進歩が見られなければ、担当を外す事も躊躇してはいけないと思います。
 こんな事は世間では当たり前なのでしょうが、私的には目標としていく問題点である事が情けない処でしょう。

海@武蔵小山

008.JPG
広島お好み焼き 海 – 武蔵小山(お好み焼き)
 広島風お好み焼きと書かれてあれば思わず引き寄せられてしまいます。
 武蔵小山のこの店を知って何年にもなりますが、営業時間が短いので滅多にありつけません。広島出身の奥様が家事のかたわらに焼いています。お子様もいらっしゃるので優先順位ではお好み焼きは下位に来るのでしょうか。
 しかしそんな主婦が営む軽食屋とは、けっこう広島では見かけるスタイルです。
味その物ものだけではなく色んな意味で広島風なのでしょう。
 そんな広島県出身者にとってのソウルフードはいつでも機会があれば食べたくなります。今日もそんなにお腹は空いてないのに、通りがかりに店が開いているのを確認するや吸い寄せられるように入ってしまいました。次はいつ食べられるかと考えたならば、とりあえず食べていこうとなってしまいます。
 

はったん@京浜川崎

003.JPG
八たん(はったん) – 川崎(牛タン)
本日6月28日をもって開業以来足掛け25年に突入しました。
なにか記念行事とも考えてもみましたが今回は見送りです。来年はイベントか感謝セールなり行いたいと思います。
そんな記念日に昔を思い返していると、開業のころうかがった牛タンの店を思いだしました。その店で食べた麦飯に触発されかづ屋でも麦入りのご飯をメニューに加えました。食べログで調べたら今でも営業されているようです。もっと調べると随分と人気のある店のようです。これは昔を懐かしむ意味もあり開業記念日の夕食に相応しいと思い立ちました。
夜8時頃店に到着しましたが店内はほぼ満席、かろうじてカウンターの席を一人分作っていただきました。店の方にお酒は飲まない事を告げると、食事だけでも歓迎ですと気持ちよく答えていただきました。しかし店内は完璧な居酒屋状態、常連客とおぼしき人達が煙草の煙を立ち上らせながら声だかに談笑しています。思いっきりアウェイな雰囲気にすこし気後れしました。しかし店を取り仕切られている女性が細かな気配りのある言葉をかけてくれるので徐々に気持ちは和みました。
注文したのは、牛タン焼きとテールスープと麦飯そしてトマトサラダ、充実のラインナップと言えます。牛タンはカウンターの目の前で炭火で焼かれます。ほのかな煙を燻らせながらタンが網の上でひっくり返えされます。香りが鼻腔を刺激して食欲が湧いてきます。焼きあがって皿に盛らたタンには味付けは既にされており適度な塩加減と微量な胡椒が旨味を引き出しています。
なぜか牛タンに麦飯かいまだに調べてはいませんが、実際に食べた相性は良好と言えます。麦の粒がプルっととしており食感のアクセントになっております。
こんな牛タンと麦飯を交互に口に運び、時折テールスープを含みます。食べる流れに隙がなく、お一人様の食事で有りながら飽く事もなく心身が満たされて行くのを感じます。
こんな開業記念日の過ごし方しましたが、どうしても思い出せないのが25年前になぜこの店に来たのか。この京浜急行川崎駅の周辺、普段の生活の中ではたちより先など思い浮かばない土地ではあります。かつてなにか用事でもあったのでしょう。食べている最中も考えてはいましたが最後まで思い出せませんでした。

ニルヴァナム@神谷町

%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B5.jpg
ニルヴァナム(Nirvanam) – 神谷町(インド料理)
 南インド料理の定食のスタイルにミールスがあります。現地ではバナナの葉っぱの上に数種のカレーや総菜が並びます。そしてスープやヨーグルトさらにチャツネも何種か付きます。ご飯はパラパラのインディカ米が一緒に盛られます。食べ方はそれらをお好みで混ぜ合わせて頂きます。
 暑くなってくるとこのミールスが食べたくなってきます。都内には何軒か本格的な南インド料理の専門店があり、このスタイルで食べさせてくれます。その中で未だ訪問叶わぬ一軒がこの神谷町のニルヴァムでした。各方面で随分と評価の高い店なのでかなりの期待をもって行ってまいりました。
 しかし残念な事にこのミールスは予約しないと提供できない事を店に到着した後に知らされました。困った事におひとり様故に注文する料理に限りがあります。たんなるカレー屋さんであれば、カレーライス下さいとなるのでしょうが、ここにきてカレー一品とナンかライスの取り合わせも寂しい処です。かといって結構なボリュームの料理を数種類は食べ切れません。
 ここにきて本格的な中華料理店に独りで来てしまったような始末の悪さに陥りました。この手の店はおひとり様は馴染まないと言うことでしょう。
 そこで迷ったあげく、本来ならば軽食の括りとなるマサラドーサを注文しました。これは米と豆の粉から作るクレープでスパイシーなポテトを繰るんだ一品です。クレープは表面はパリッとして口にすればモッチリとしております。小麦で作るより粉なっぽさが無く味わい深いと言えます。これにポテトの相性がすこぶる良く、けっこうなサイズであるに関わらず、最後まで飽きさせません。添え物にココナッツとジンジャーのチャツネがありこれを付けてもいける味です。さらにサンバルなる酸味の強いスープも付いており、浸して食べても口直しにも重宝です。
 今日はお目当てのミールスにはありつけなかったものの、随分と美味しい晩ご飯となりました。さらに、店のシュチュエーションにそぐわないおひとり様の私に対し、丁寧に接客してくれたインド人スタッフに好感がもたれました。
 こうして再チャレンジ必須の店ができたと言えるでしょう。

平和軒@西五反田

002.JPG なんでも水曜日は「酢豚の日」だそうです。ランチセットにしてミニ中華ソバ付きで950円です。セットメニューと言えども肉もしっかり入っています。おそらく腿肉辺りかと思われますが、トンカツ一枚分ほどの量です。けっこうなボリュームです。これはにはお客様がずいぶんと喜ばれるでしょう。
 この店お得意の自家製麺を味わいたく、かなりカロリーオーバーを承知でミニラーメンを付けました。前回はタンメンを注文したのでスープは野菜の味が溶け出した塩味でした。今回は清湯と醤油ダレだけのラーメンです。
中華屋であるからかなりあっさりとした味わいかと予想しましたが意外と濃さを感じました。しかし味の構成は単純な素材から成り立っているようです。他の料理を作る事を考慮に入れればこの辺りが限界なのでしょう。また清湯の濃度も、午後3時の段階は朝のスープの火入れを考慮に入れるならば、もっとも美味しい時間帯かもしれません。
そんな事を考えながら美味しくいただきました。

下目黒日録 6月25日

 外国人が日本の社会保障制度を悪用しているニュースは時折入ってきます。
最近では生活保護ながらクラブを経営し年間億を越える売り上げをあげていた在日外国人の例が報告されています。
そんなおりタレントの外国籍の父親が健康保険制度を不正に利用したニュースが入っています。可哀想な事に子供は今後芸能活動に支障をきたす可能性があるようです。
しかし、考えてみればこの有名なタレントのおかげで、こんな在日外国人の不正が横行している事を我々は知ることになりました。そして連日のニュースショウの取り上げにより、その手口を有りのままに理解しました。
あの、能天気なキャラクターの若いタレントも今回の一件で、随分と社会に貢献する事になったのではないでしょうか。
時折このように、有名人を介して社会問題が一般人に理解を促す事件が起こります。当事者は不幸かもしれませんが、これも社会貢献のひとつかもしれません。

下目黒日録 6月24日

 夏の冷たい麺をアピールしたいのですが今一つ進んでいないようです。
 もっとも気温もさして暑いとは言えませんし、お客様からまだ必要とはされていないのでしょう。そうなるとスタッフが差し出す説明文も鬱陶しいだけかもしれません。これはその日の気温を考えて臨機応変に進める事にします。
 しかしながら、つけソバの麺を改良はかなり成功していると思います。それが注文の増加に繋がっているのかは確かめる術はありませんが、作り手の感触としてはそんな気がします。これから先、秋口になればハッキリと答えが出てくると思っております。

下目黒日録 6月23日

 都議会選の投票に行ってきました。
 今回は民主党の伊藤ゆうさんを応援しましたが、残念ながら当選にいたりませんでした。
 中華組合の懇親会に親しく言葉を交わしたり、ホームページから伝わってくる政治姿勢から期待感をもっていました。本来私は自民党の支持ではありますが、地方自治に関してはその枠組みにとらわれる考えはありません。必要とされる仕事を熱心に進めて下さる方を応援したいところです。
 今回の選挙は投票率が50%を下回ったようです。察するに、どちらかと言えば民主党寄りな浮動票が投票に向かわなかったのでしょう。必然的に組織票の強いところが浮かび上がって来た結果となったようです。
 さて次は参議院選挙です。今回は憲法改正など国の根幹にかかわる問題が争点となります。国を挙げて真剣に取り組んでいかねばならないと考えております。

下目黒日録 6月22日

 御近所のラーメン屋さんが閉店され、同じ場所に新たなお店が本日開店されたようです。以前のお店が6月の終わりまで営業されていたので、1ヶ月もブランクがなく開業されたようです。工事を行った様子もなく、内装も設備もそのまま引き継がれたようです。
 そんなお店の前を通りががると、御近所のお馴染み様から声をかけられました。なんでもこの土地に40年もお住まいの事。この店舗の移り変わりをつぶさに見てこられたそうです。ここはトンカツ屋さんが長く営業されていましたが、それ以外はラーメン屋が何度も開業と閉店を繰り返しているそうです。私はこの土地に来て25年目に入ろうとしています。私が開業時はここはトンカツ屋さんでした。聞いた話では以前はミッキーラーメンなるお店だったようです。それはタレントのミッキー安川さんの経営による九州ラーメンのお店だったようです。年代を考えればこの手の走入であったようです。
 さらにお話を伺えばそれ以前にもラーメン屋がこちらの店舗で営業をされていたようです。とすればここには5回も異なったラーメン屋の暖簾が掛けられた事になります。こんなにラーメン屋の出入りがある店舗も珍しいかもしれません。
 こんな話を開業した当日に店先で話されるとけっこうな嫌みかもしれません。しかも近所の同業者であればさらに質が悪く聞こえます。早々に話をすませ立ち去る事にしました。

平和軒@五反田

 
 西五反田の平和軒は以前から何度か利用した事があります。街の中華屋さんといった佇まいですが自家製麺だそうです。最近になってラーメン好きの間でその存在が取り沙汰されるようになったとか。その発端などは判りませんがネット上でけっこう取り上げられております。調べてみれば中華組合の品川支部に所属されているようです。街場の中華屋さんとラーメン屋との関係を考えているこの頃とすれば、行ってみるべきお店と思い立ちました。
 ランチタイムに伺ったところセットメニューなど豊富にあるようです。選択したのはタンメンとミニ炒飯のセットです。炭水化物過剰の一食となりますが中華屋さんなれば炒飯にも期待がもたれます。
 麺は細く縮れており色が白っぽくカンスイも少なそうです。適度な弾力と腰が最後まで長持ちしました。とても良くできた自家製麺であるようです。中華料理の麺の傾向とすればストレート麺を柔らかめに仕上げて来ます。それを考えるならば、縮れたしっかりの腰はラーメン屋テイストと言えるかもしれません。ラーメンフリークから注目されるるのはこんな処からなのでしょう。
 欲張って注文したかと思われた炒飯が期待以上に美味しさでした。
 場所がらも店構えも結して目立つとは言い難いですが、味わいも技術も際立ったお店と言えるでしょう。