月別アーカイブ: 2012年10月

下目黒日録10月31日

%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90.JPG
 「いらっしゃいませзийкееЬЩЫ——–」
 店に入るなり元気な声に迎えられました。マルゲリータを注文するとホールスタッフが窯の前のピッツア職人にオーダーを通します。
 「ΣΦΨΞζεθθ———-~」それに答えてさらに勢いよく。
 「θεζΨΞЬЫй~θ~-εзΨΞ」
 何を言っているのかわかりませんが、ピッツエリアという場所柄イタリア語だろうと思うのですがそんな言葉には聞こえません。まるでラーメン屋で時々遭遇する威圧的な掛け声のようです。入るそうそう不安になりました。
 その不安な予感はだいた当たることが多くここもその例外ではありませんでした。ピッツアは一言でいえば貧弱、とてもじゃないが一枚食べただけではどこに入ったかわからない軽さでした。ナポリピッッツアを標榜しながらあのモッチリとした生地の醍醐味は味わえません。トマトソースはしっかりとした味わいで好みですが、軽い生地とあわさればバランスが悪く持ち味が生かされていません。ベースが悪いと何を取り繕うと駄目であるということでしょう。
 立派に作られた石窯になにか見慣れぬ器具が取り付けられています。もしやと思い店のかたに問うと窯はガスでたいているとのこと。正直に答えていただきました。逆にピッツアの感想を聞かれたので、私の感じたところを正直に伝えました。それにスタッフの方はいやな顔もせず、貴重なご意見ありがとうございますと深々と頭を下げて私を送り出してくれました。おかげで後味良く店を出ることができました。
 武蔵小山の某ピッツエリアにて。ごちそうさまでした。

下目黒日録10月30日

 目黒店.五反田店揃っての売りきれ仕舞い。閉店後におみえになったお客さまにはご迷惑おかけしましたが、店とすれば満足のいく結果です。
 今月は両店舗とも売上は上がってますが特に五反田店が堅調です。その要因として色々考えるのですが、ひとつには料理の提供スピードが上がっていることでしょう。これはお客さまの回転が良くなる利点がありますが、なによりお客様のストレスが少なくなったと思います。
 オープンキッチにおいてスタッフの緩慢な動作や効率の悪い仕事ぶりはあからさまに見えてしまいます。お客様にとってラーメンに求めることは味もさることながら、早く手軽に食事ができることでしょう。それを思うならなるべく素早く提供しなくてはなりません。その要求に応えられたなら再来店の動機に繋がっていくとおもいます。
 このあたりが五反田店堅調の要因でしょう。

ピッツェリア ラ ロッサ@武蔵小山

%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A2%EF%BC%92.JPG
不動前にある「ベント エ マーレ」もそうですが、まさか石窯を備え付けたピッツェリアがあるとはちょっと想像しがたいロケーションです。このお店のある平和通り商店街は下町っぽさを残す目黒本町の中ごろにあります。武蔵小山の駅からいくらか離れているにもかかわらず、けっこう賑わいのある商店街です。しかしその賑わいは、青果市場のような八百屋さんや、おでん種を作ってる店や、お惣菜パンの美味しい店など下町的な活気といってよいでしょう。私はこのあたりは結構通っているのですが見過ごしていました。しかし家族の者に聞くと何度か利用したことがあるようで、結構地元に根付いているようです。
 ナポリではピッツアはカットされず出てくるそうです。日本でもそのナポリスタイルを踏襲してる店は本場に忠実たらんとしているのでしょう。一人で一枚食べきるのが本来の流儀であることを示されているようです。カットされて、皆様で取り分けてどうぞと、日本流もよいかもしれませんが、ピッツアを食べる醍醐味は失われるかもしれません。ラーメンも取り分けて食べていてはその満足感も乏しいといえます。
 ここのピッツアはナポリスタイルをどうぞといった面構えで食欲をそそってくれます。そして期待感いっぱいでかぶりついていきました。生地は軽い感じはするものの焼き具合が良く適度な焦げ目は小麦に味わいをもたらしています。トマトソースは酸味がほとんどなく軽くかんじられました。また生地の塩分も少なく味のメリハリが欲しくなってきます。そこで卓上にある唐辛子オイルに助けてもらいました。私の好みからゆくとタバスコといきたいのですが、ナポリスタイルから外れるかもしれません。外れついでにかづ屋の自家製ラー油だったらどうだろうかと考えながらいただきました。
 次回は家族と一緒にくるだろうと思います。ごちそうさまでした。 
 
 
 

下目黒日録10月28日

 昨日に続き朝の麺切りは私の仕事になりました。
 切り終えて、荏原町の「支那てつ」まで麺を配達しようとしたところ、雨が降ってきました。しかたなく屋根付きのスクーターで向かうことにしました。武蔵小山の26号通りから中原街道に出るべく平塚橋交差点を右折したところ警察官に停止させられました。そして50ccバイクはこの交差点では2段階右折をせねばならぬとのこと、私が交通違反を犯したゆえ反則切符を切るといわれました。
 普段なら100ccのバイクで配達をしていたのでうっかりしていました。さらに26号通りは片側一車線の道路で、それが続く限りにおいては2段階右折の義務はなく、平塚橋交差点直前で、右折、左折それぞれの専用車線に分かれるため2段階右折の交差点になってしまいます。
 非常に釈然としない気持ちとなりましたが違反は確かなので反則切符にサインをしました。
 特に二輪車に乗っていると、時々疑問に思えるような取り締まりに遭遇します。同じように思っている人もけっこういます。警察と一般市民とは信頼関係が成り立った社会であるべきですが現状はどんなもんでしょうか。

下目黒日録 10月27日

 製麺を担当しているスタッフから朝7時に電話がありました。発熱のため出勤できないとのこと。だいたいこの時間の電話はこんなことが多く、呼び出しが鳴った時点で身構えてしまいます。
 さてそんなことで今日の朝一番の麺切り作業は私の仕事とになりました。前日から作って冷蔵庫で寝かし熟成させた麺帯を麺線にしてゆきます。ここ数週間はこの作業から遠ざかっていました。「支那てつ」一日分の麺と、五反田店と目黒店の昼間の営業分を切っていきます。約一時間少々の作業となります。
 ここ数日晴天が続いているので麺帯が乾燥ぎみです。すこし加水を増やして麺帯をつくればよかったかなとか、ローラーのゼロ設定の制度が落ち気味かなとか、考えながらこなしました。
 時々このように予期せぬところで私の出番が回ってきます。これはこれでチェックの機会とすれば有意義かなと考えています。

下目黒日録10月26日

 中目黒の某ピッツエリア。
「マルゲリータお願いします。」と私が注文をしたところ、すかさず帰ってきた言葉が「デザート大丈夫ですか?」私は何を問われたのか直ぐには理解出来なかったのですが、どうやら「+300円にてデザートとドリンクのセットになるが如何ですか」と言うことらしい。
 なにやら嫌な予感がしてきましたが、前菜と呼ばれる皿を見てさらに不安な気持ちになってきました。皿にははまん中にヒヨコ豆らしき物、その回りを囲むうようにクウシンサイのおひたしのようなもの、さらにその外側にジャガイモ.人参.大根.サツマイモ.プチトマトの茹でた物、それぞれ二個ずつ。炭水化物が過剰な一皿。これにパンまで付いてきて、このあとに本当にマルゲリータが現れるのか不安なラインアップになってきました。ちゃんと登場したとしてもこれを全部平らげるとせっかくのマルゲリータは収まらないのではと考え、勿体無いがパンはパスする事にしました。
 そうこうするうちマルゲリータが運ばれてきました。見た眼食欲をそそられる出来栄えに今までの不安を払拭してくれそうで、さっそくかぶりつきました。しかし食べ進むにつれて徐々に不出来な部分が気になり始めました。まずは焼け具合。生地の底が焦げ過ぎで苦みを感じます。またその割にはチーズの溶け具合が不十分です。さらには生地に弾力がなくかぶりついた断面はおしつぶされて気泡の見えないフラットな面になってしまいます。生地の熟成が中途半端なのでしょう。結局生地の淵の一部は残してしまいました。残念です。
 しかしこのような残念なことに遭遇するたびに我が店を思い浮かべます。冒頭にあったような接客に近いことは時々目にします。指導できることはしているつもりですが、抜けていることもあります。とくに言葉のやり取りは本人達は気ずいていない事が多く、うるさがられても注意していかなくてはいけないと思っております。

下目黒日録 10月25日

 電子書籍元年と何年も前から言われ続けていますが、今年こそはそれが実感できる年といえます。
 先日ネクサス7を購入したところですが、昨日はアマゾンから電子書籍端末キンドルが発売されました。その数日まえにはアイパットの新作発表と、新しい機器が求めやすい価格で登場してきています。
 私は買ったばかりのネクサス7で「青空文庫」を読んでいます。著作権の切れた名作が無料で手軽に読めるとは夢のような話です。極端な話、残りの人生「青空文庫」だけでもすごく充実した読書生活が営めるといってもいいかも知れません。
 しかしここで残念なことは日本の企業の影が薄いことでしょう。私の予定ではソニーのタブレットを購入しようと考えていました。しかしながら発売数日でのリコールと発売中止。今までのソニー製品への感謝の気持ちと激励の意味を含めて購入を決めていただけに残念です。
 さらにこの9月にはシャープがガラパゴスから撤退、この分野の先駆けが戦線離脱と言う始末。また楽天の端末も発売直後のトラブルですっかり印象を悪くしています。
 電子書籍のもつ可能性は限りを知らぬところといえます。私達の生活におおきな変化をもたらせてくれると思います。目が離せない処です。

ベント エ マーレ@不動前

%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A8%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AC.JPG
 かづ屋から歩いて10分足らずの距離、桐ケ谷通りに面したピッツェリア。ロケーションとすればこんな店が出来るとは思えない所です。
 一昨日の「ダ ミケーレ」が完全にナポリ仕様だとするならば、日本的アレンジはどのあたりか、つい探りたくなります。
 まずボリュームのの違いについて。サイズもそうですが質感も軽めに感じました。それはあくまでもナポリ仕様との比較において言えることで、日本で提供されるのであればど真ん中なのかもしれません。
 「ダ ミケーレ」の量の多さを考えた場合、お腹への収まり具合としてよりも単一な料理を飽きずに味わえる限界こそ問われるところでしょう。ナポリの人々がピッツアに求めるところは我々が大盛りつけ麺を食べる同じような感覚なのかもしれません。単一な味をたくさん味わうことは飽きが訪れるというよりも、その単一の味を長く味わうことの方に喜びがあるのかもしれません。
 味わいを述べるならばトマトソースは若干酸味を残しておりしっかりと主張しています。生地の塩分はあまり感じられずソースとのバランスをとっているのでしょう。オリーブオイルはしっかりかかっておりコクと風味を醸し出しています。
 そんなことを考えながら食べて来ましたが、充分満足のいく一品でした。ごちそう様でした。
 
 

下目黒日録 10月23日

 昨日に続きピッツアについて。
 驚くことにこの界隈には本格的な石窯を作りつけたお店が沢山あります。食べログで検索したところ中目黒・恵比寿・武蔵小山に名高い店が何軒もあります。どれも食指をそそられる店ばかりです。しばらくピッツア屋めぐりとなりそうです。
 かつて石窯を備え付けたお店として名を馳せたのはサバティーニ青山のピッツアリアだったと思います。20年前に何度も利用していました。そこのピッツアはいわゆるローマ風と言いますか、薄いパリットした生地でした。今はナポリ風のモッチリした生地を食べさせる店が主流となっていますが、その先駆的なお店は中目黒のサボイだったような気がします。
 日本においてピッツアリアはちょっとこ洒落た軽食屋といったポジションだと思います。お客も若く垢抜けた感じが集っています。そんなお店の雰囲気は食べるという行為優先よりも社交や語らいに比重をおく使われ方をされることもあります。昨日のお店にもピッツアそっちのけでお話しに夢中の方がいました。ピッツアはお皿の上で冷めて張り付いていました。かなり残念な光景です、そしてお洒落とは言い難い雰囲気といえるでしょう。
 ピッツアは出来立てが命だとおもいます。石窯から出てきたてを頬張ると膨らんだ生地から蒸気がふきだます。そして熱くトロトロに溶けたチーズと旨みのあるトマトソースが口の中に広がって行きます。これがピッツアの醍醐味です。おしゃべりは後回しで無心にぱくつくのが流儀だろうとおもいます。これは結構ラーメンと共通する所でしょう。
 ピッツアの本場ナポリにおける立ち位置は日本におけるラーメンと同じ所にあるのかもしれません。

ダ ミケーレ@恵比寿

%E3%83%94%E3%82%B6%E6%81%B5%E6%AF%94%E5%AF%BF.JPG
 1870年にナポリで創業したお店、その世界唯一の支店だそうです。
本場の味そのものが日本でも無条件に美味しく受け入れらとは限りません。またこの数年本場のナポリピッツアと銘打った店が増えています、それ故に特別に目新しい味とは思いませんが、でもとっても美味しく夢中で頬張りました。どの辺りがポイントか考えながら食べたましたがやはり何よりも生地の美味さでしょう。このもっちりとした食感は加水の多さからくるものか、また小麦そのものの力か。また縁の部分で解るのですが微妙な塩っけが旨みを引き立てています。やはりここの主役は生地その物にあるようです。
二度めの来店です、前回来店のおりスクーターが駐車監視員にチェックされているところを助けて頂ました。スタッフの方はその件を覚えていたようで親しく話しかけてくれました。そして今日はテラス席に案内していただき安心して食事を楽しむことができました。