月別アーカイブ: 2012年8月

岡山中華そば 後楽本舗

IMG_2247.JPG
 以前より新橋を通るたびに気になっていました。
 私の育った町は広島県といえども岡山より。といっても岡山ラーメンとはどんなものか食べたことがありません。岡山市には「天神そば」という有名なお店がありますがそれが岡山ラーメンのスタンダードな味かわかりませんが、そちらともどもも気になっていました。
 自家製麺と店頭にあり、なお興味がわきます。
 さてその麺は加水少なめの細切り、熟成が軽めで、固めにゆであげてあります。スープは鶏がら主体でかなり強めの煮出でかなり濁っています。味付けは熟成強めの?油ダレでかなりショッパめ。チャーシューは二枚、これもショッパめ。?油ダレでしっかりと煮たのでしょう。
 洗練とは程遠い味ですが、中華そばとはこれだと思わせる味わいです。別に子供のころ郷里で同じ味を食べたわけではないのですが、懐かしさを感じます。
 中華そば550円、大盛りも同じ値段、お昼から朝7時までの営業。同業者としてかなりがんばっているなと思わせます。ここ新橋という場所を考えるならば頭がさがります。
 ごちそうさまでした。

活字メディア

IMG_2253.JPG
料理批評が世の耳目を集めるようになったのは山本益博氏の登場によるところ大きいと思います。東京味のグランプリは料理のジャンル分けし星印で評価を加えた、ミシュランの日本版と言ったところでしょう。1985年の発行当時とすれば目新しい企画と思えます。洋食から寿司・天ぷら・蕎麦ときてラーメンまで東京の有名店を網羅してありました。たんたん亭も星を一ついただき、従業員としてとても誇らしい気持ちでした。
 この本の案内をもとに休日となるとラーメンの食べ歩きに勤しみ、随分と勉強になったと思えます。いまならインターネットもありグルメ情報誌も数あり溢れんばかりの情報は店の選択に迷いもでるところです。当時の限られた情報はある意味厳選されたところといえあまハズレの店も少なかったようです。
 山本益博氏は落語の評論から文筆業に入られた方です。そのため料理批評に際しても演芸を語る同じ切り口をもって述べられところが斬新と言えるでしょう。料理人の仕事を評価する際、落語家の誰それと同じく天才肌であるとか、又誰それに模して堅実で破綻がないとか、落語を知らない私であってもなぜか納得えたところです。
 このように料理批評に新機軸を打ち出し、この分野の寵児となった感がありますが、難しいところもあるようです。語り口が大胆で世上を厭わぬ所もあり氏に対する反感も多くあります。また多くのお得意を抱えた名店も容赦なく批判する姿勢に随分と嫌われてもいるそうです。逆にその辺りに喝采を覚える人達も数多くいるそうです。
 料理批評の成り立ちに最も大きな障害となっているのは胃袋の大きさには限界があることでしょう。中でもラーメンは対象となる店が多い上、その価格の低さから容易に食べ歩きの機会が得られやすく、ともすると一般の方も多くの店を食べ比べ、一家言を持つ人も多く現れています。最近のネット上のラーメン食べ歩きブログなどをみればけっこうな数のブロガーがいらっしゃるようです。それらを凌駕していくことは容易なことではないでしょう。
 ここのところ山本益弘氏のラーメン批評を目にしないのはこのあたり事情もあるのでしょうか。

元祖にして頂点 船橋屋 くず餅

%E8%88%B9%E6%A9%8B%E5%B1%8B.jpg
   近頃子供がハヤブサの帰還や漫画の宇宙兄弟などにより宇宙に興味を持ち始めたようで、夏休みということもあり、筑波のJAXAに行ってまいりました。
 その帰り道亀戸天神のあたりで、いかににも涼やかな店構えの和菓子屋さんを見かけ、引き込まれるように入ってみました。そこは「船橋屋」という創業が文化二年とある老舗でした。なかでもくず餅の元祖だそうで、創業者が考案されたとありました。
 さっそくくず餅とあんみつを注文していただきました。どちらもとっても丁寧に作られた感のある出来映えでした。くず餅の食感は柔らかな弾力があり口触り歯触りが良く、口の中を優しくうごめきます。かけられた黒蜜は濃厚なのに嫌みなく、甘さも自然で頭出せず、たっぷりとつけていただきました。甘い物好きな私ですが、今までさしてくず餅が美味しいと思ったことはありませんでしたが、ここでいただいた一品は格別な味わいでした。
 文化二年の創業と言えばもう二百年は続いているお店です。しかも現代人の私の舌もうならせている。自ら作り出し後発の同業もいくつも有るはずですがあきらかに抜きん出た味。元祖であるのに頂点を保っているということです。素晴らしいことです。
 後でホームページも見せていただきました。とっても綺麗で見応えのあるものでした。
その中で先代のご主人が述べらたことばに「伝統の味を守って行くためには常に時代に敏感に向き合わなくてはいけない」とありました、この言葉は保守主義の神髄ですね。
 またお店から頂いてきた小冊子には今の当主が「創造的継承」と唱えておられました。味を継承されるだけでなくこの辺りの考えもしっかり受け継がれているようです。
CA3H0261.JPG