月別アーカイブ: 2012年6月

映画 「ジェーン・エア」を観ました

%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%EF%BC%92.jpg
 
 とても我の強い女の子。それゆえにつらい生活をしいられる。
 しかし成長ししっかりと自己を確立させ人を惹きつける女性と成る。それでも過酷な運命は容赦なく主人公を見舞っていくお話。
 ビクトリア朝の文学で現代においても何度も映画化されたり舞台化されたり。主人公の自我を覚醒させた女性像が今において十分テーマとなりうるのでしょう。当時を考えるならばとても先を見越したような主題といえます。
 話はメロドラマの要素やミステリーな部分もあり飽きさせない展開となっていますが、やはり惹きつけるらるのはジェーンの存在感では。
 映画は衣装やインテリアなどの細部をしっかりと作り上げるとともに、荒涼とした大地や重厚な館などスケールの大きい画面も魅入らせるところが有りました。
 魅惑的な場面は夜の室内。たぶんロウソクなどの光だけで撮影したのではと思わせる暗い室内。観る者をドラマにひきこみます。 中でも主人公が暖炉から淡い暖かな光を受けながら、化粧気の無い顔で正面を見据えている表情が印象的でした。

五反田ランチ 煮込み丼

CA3H0231.JPG
五反田店店長の小室君にもう少し個性をと注文を付けていましたが、ならばと丼に仕立ててきました。
さらに牛スジなんかも加えコッテリ感も加わりました。
ご飯と食べてみたところ、脂分が混ざりいいあんばいにすすみます。これは何かに似ているなと考えてみたならば、台湾の魯肉飯ですね。かつて渋谷の髭張魯肉飯でよく食べていました。美味しかったのにいまいち日本ではポピュラーになりませんでした。久しぶりに食べたくなりました。今どこで食べられるかな。

五反田店の煮込み

CA3H0216%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
店長の小室君が入れ込んでいます。
自身も好きなんでしょう。
夜のお客様を引きつけたいと始めてみました。
支那ソバのスープで作るのは、お客様がそそるところでしょう。
でももう少し工夫して個性を出したいところです。
店長の腕の見せ所です。

武藤店長の復帰

%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%20282.jpg
一昨年9月に退職した武藤店長がこの6月をもってかづ屋に戻ってきました。
退職時には独立開業を目指して準備をしておりましたが、一旦計画を白紙に戻し、再び目黒店の店長として働くこととなりました。
彼の開業は私も心待ちにしていましたが残念です。
洒落にならぬ話ではあるのですが、彼は小麦アレルギーという体質をもっております。日常生活や通常の業務には差し障り無い症状ではありますが、けっして無理が利く体質とは言えません。独立開業すれば自分自身しか頼るところがありません。体力に不安をのこしたまま開業に踏み出すことは賢明とは言い難いところです。
しかしながら将来において、体質改善なり治療法の確立なり独立の道が開ける可能性があります。その時はまた仕切り直せば良いかと思っております。
しかしながらかづ屋の立場で考えるならば、彼の復帰は歓迎すべきところです。
武藤店長が入店したのが平成6年、最初は夜のアルバイトからのスタートでした。平成12年から店長を勤めてもらい、店の業務を取り仕切ってもらっています。
武藤店長からすれば、はやし丸の林君、なかじまの中島君、しなてつの吉次君らはみな後輩にあたり、ともに彼のもとで働いてきた仲間です。そしてその仕事ぶりからみなの尊敬と信頼を得るに至っています。。
技量的にみれば麺揚げの技術は特筆のものがあり、かづ屋において第一人者といえると思われます。それは私を含めての話であり、数年前辺りからその熟練は目を見張るものがありました。
また業界を見渡しても彼ほどの平笊の使い手はいないのではと思うところがあります。
そんな彼を表して「たんたん亭系第三世代のエース」と言えるかもしれません。
今後の活躍がきたいされます。

かづ屋の新しい龍

017%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
お気ずきの方もいらっしゃると思いますが、かづ屋の新しい龍は店の入り口の上に描かれいます。
かつての龍は俵屋宗達の雲龍図屏風を友人に模写してもらったものでした。
今回は複製画をコピーして貼り付け内側から照明をつけてみました。
昼間はあまり目立たないようですが、暗くなると結構映えるようです。
原画は屏風絵で暗雲たなびく波間に二頭の龍が合い対するようにえがかれています。旧店舗では向かって右側の龍が入り口を飾っていましたが、今回は左側の龍を配してみました。
本物の屏風図はワシントンのフリヤ美術館に所蔵されています。もし日本にあれば国宝であろうと言われております。現在、門外不出の作品となっているそうで、できれば里帰り展示会が開催されれば喜ばしいのですが。
%E4%BF%B5%E5%B1%8B%E5%AE%97%E9%81%94%E3%80%80%E9%9B%B2%E9%BE%8D%E5%9B%B3%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E3%80%80%E5%B7%A6%E9%9A%BB.jpg
23年前独立開業の準備を進める中、店の外壁に龍を描こうと思い立ち、図書館をめぐりをしたことが思い返されます。当時はインターネットなどなく時間をかけ足をつかって探さなくてはなりませんでした。
そして多くの龍の図を見た中でこの作品を選び、友人に依頼して模写をしてしてもらいました。
店は移動してもこの思い入れの強い龍は欠かせないそんざいです。
%E4%BF%B5%E5%B1%8B%E5%AE%97%E9%81%94%E3%80%80%E9%9B%B2%E9%BE%8D%E5%9B%B3%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E3%80%80%E5%8F%B3%E9%9A%BB.jpg