月別アーカイブ: 2011年12月

かづ屋の龍

003%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
目黒店の外壁に描かれた龍の画です。
今は亡き友人の作です。23年間かづ屋の外装を担ってくれていました。
このたび店を移転することとなり、オリジナルは失われることとなります。
すこし寂しさもありますが、お疲れ様ということとなります。
新しい店はどんな装いとなるか、まだまだ決めかねています。ただ現在の店と同じ雰囲気は持って行こうと思っております。
龍もどこかに描きたく考えております。辰年の新春に新しい龍が、かづ屋の新店に姿を現すことでしょう。

忘年会

 ちょうどこの日が誕生日と重なったスタッフがいました。
 普段と違いすこしパーティーモードです。
 いい雰囲気につつまれた一年の締めくくりです。
016%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
 新しい顔、古くからの顔、復活した顔。
 いい顔になってきた様な気がします。
 いままでのかづ屋なかで、最強のチームができると思います。
022%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

ムルギー

 渋谷は道玄坂、円山町にあるカレー屋さん、ムルギーはもう30年以上はかよっている店です。
 ご主人が戦時中ビルマのインド人のお店で習得されたカレーは独特のスタイルです。インドにもビルマにもあるような無いような、また日本にも見かけない、唯一無二かもしれません。
 そのご主人も今は亡く、今は二人のお嬢様が店を切り盛りなさっておられます。
 いちど内装をリニューアルされましたが年を経たたたずまいはそのままです。カレーの味わいはいくらかマイルドになったような気がしますが、それでも強く引き付けるものがあります。
通い始めた頃からご主人が注文を聞く際、「ムルギー卵入りで?」と問いかけ、いつもその言葉どうりお願いしておりました。そのため30年以上通ったいまでもこの”ムルギー卵いり”以外は食べたことがありません。
              東京都渋谷区道玄坂2-19-2
               11:30?15:00

「永遠のモダン」重森未玲

025%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
 久々の休日、日帰りで京都にいってきました。
 お目当ては枯山水の庭を現代に甦らせた作庭家杉森三玲の旧宅。
 庭の鑑賞は予約制で日に数回に分けておこなわれていました。私の回はは観覧者は3名で、作家の縁者の方に案内と解説をしていただきました。
 当日は昨日からの雨が朝のうちに残り、午後の空模様も不確かな曇り空の一日でした。しかしかといって光は弱くはなく、ものの色合いを観るにはちょうど良い天気だったようです。
 案内を受け潜り木戸が開けられて、まず目に飛び込んできたのは杉苔の鮮やかな緑でした。そしてその緑に映えるように石が据えられていました。石にはどれも存在感が強くありますが、どれも浮き上がったところもなくみごとな調和を形ずくっています。
 石はそれぞれ主張をもって据えられている様にみえますが、隣接する石との関係や全体として考えたり多様な鑑賞をさせてくれます。
 また一日の時間の流れや、季節の移ろいゆくなかでこの庭は色々な美しさを見せてくれることが想像できます。ここを生活の場とするならばさぞ心に豊かさを得ることができるでしょう。
 枯山水という様式は室町期あたりから作られてきたにわですが、いまここで目にしているものの新さには驚かされました。これは出来上がったばかりの新しさではなく、趣が前衛的ということです。
 作家が目指したのが”永遠のモダン”という言葉であらわされています。これは私が日々作っている支那ソバと相通ずるところかなと考えています。