月別アーカイブ: 2011年7月

里見朗 展

CA3H0100.JPG
抽象絵画がいかに表現主義的であるかは先日のアンフォルメルとは何かで理解したところです。
戦後すぐに興った抽象絵画の二つの多きな流れである、抽象表現主義とアンフォルメルはどちらもその表現するところには深刻なテーマを宿していたと思います。それは二つの大戦を生き抜いてきた人達とすれば必然的な結果といえるでしょう。
我々と同世代の作家が先人と同じような土俵で深刻なテーマを展開しようとすれば、取って付けたような不自然さを感じてしまいます。
里見氏のテーマにはそんな深刻さはみえてはきません。また作家の押しつけがましい自己主張もありません。
そのかわり彼の作品からは抽象絵画でありながら光や大気を感じることができます。
またターナーやモネと同じような身近な自然を愛でる気持ちを彼の作品から感じることができます。

「アンフォルメルとは何か」展

%E3%81%B5%E3%81%89%E3%83%BC%E3%81%A8295208fbbc484381c0ca59bd39525c3e.jpg
金沢在住の友人が東京で15年ぶりに個展をひらきます。20代からずっと抽象絵画に取り組んで久々の個展です。作品がけっこう難物なのですこし予習せねばと思い、ちょうどブリジストン美術館でやっている企画展を見てまいりました。
戦後の抽象絵画といえばアメリカを中心とした抽象表現主義を思い起こしますが、同時代的に興ったヨーロッパを中心としたアンフォルメルの美術運動もそれに並び称されるようです。
私がよく知らない作家の作品ばかりで、良い勉強をさせてもらいました。
そのなかでの表現主義的傾向はアンフォルメルのほうがより顕著になのではという感じを得ました。
作家の多くは両大戦を体験した人々でテーマも重く深刻です。同じ世代といえどアメリカとくらべ、戦争体験において直接戦地になった場所とそうでない差なのでしょうか。
作家の強い思いが、具象では伝えきれないところに、抽象絵画の必然を見ることができました。

ブラックスワン

%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3.jpg
今年評判の映画。遅ればせながら見てまいりました。
バレエを題材にしたサイコスリラーの傑作です。
白鳥の湖の主役の座を獲たヒロインは、純真な白鳥は演じられても、黒鳥の妖艶さが表現できず追い込まれて行き、やがて役の重圧から精神の異常をきたしてゆきます。
かつてシャイニングという映画で、ジャック・ ニコルソンが創作にゆきずまり、しだいに狂気をおびてくる作家を怪演していました。このブラックスワンではナタリー・ ポートマンが現実と幻覚とのはざまで恐怖を味わうヒロインを演じ切っています。
怨霊とか魑魅魍魎なども恐ろしいものですが、人の心が作り出す狂気もじつに恐いものです。
すこし疑問に思えたのですが、黒鳥の舞とはそこまで妖艶さを追求されるものでしょうか。これは肉食系の白鳥の湖かなと思うのですが。

冷やし支那ソバ

CA3H0099.JPG
先日営業時間中に電話がありました。
「冷たい醤油ラーメンはまだやってないんですか」
え、まだかとは。だれにも試作のことは話してはいないはずだけど。
先日、賄として試作品をたべているのを見られたかもしれません。
この冷たいスープがとっても美味しいのですが。
あと麺との絡みをどうすればよくか、試案中です。
早く商品化できればと思っております。

地雷原

CA3H0096.JPG
先日の月曜日は五反田店店長の小室君の定休日でした。
なにをして過ごしたか問うたところ、ラーメン屋を三軒ほどはしごしてきたとのこと。中野方面。中野大勝軒、好日、地雷源とタイプの違う各店。
実に研究熱心と感心しました。
小室君に触発されて私も足をのばしてみました。
塩ラーメンはここのとこの探求のテーマなので、地雷源へ行ってまいりました。
いただいたのは冷やし塩ラーメン。スープが良くできていました。いろんな素材を感じるのですが、どれもバランスよく生きていて、飲み口がとても良く気持ちよく喉を通っていきます。
ただ麺はすこしスープと絡みにくい気がしましたが、別皿で提供される梅肉を加えるとなじみがよくなりました。
美味しくいただけたのもよかったのですが、食べている途中に私が大きなくしゃみをしたところ、すかさずティッシュを若い従業員がさしだしてくれました。
きがきいているね。ごちそうさま。