月別アーカイブ: 2009年12月

餃子定食

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20IMG_0638.JPG
餃子定食を始めました。
個々の品は目新しくはありませんが、組み合わせてお得なセットにしてみました。
オプションとして、餃子を2個単位で追加できたり、ご飯をジャンロウ飯に変更したり、またスープがミニワンタンスープになったり、どれも100円にて承ることにしました。いくつも一緒に追加すればけっこうなボリュームとなり、食いしん坊にも満足してもらえると思っております。
以前は餃子は点心だからご飯の友としては物足らないと考えていました。それでも餃子とご飯とご注文の方がけっこういらっしゃる。それでは物事を柔軟に捉えることとして定食を作ってみました。
餃子のふるさと支那では、ご飯のおかずに餃子はありえない組み合わせだそうです。
それでもここは日本。ラーメンも支那をその発祥としてこの地で発展してきたもの。
餃子もここ日本ならではの在り様が許されるはずです。
宇都宮餃子や餃子の王将の隆盛を見るに、支那とは異なる餃子ワールドがこの日本に広がっているのではと思います。

フランス2

IMG_0669.JPG
先日 フランスの公共テレビ放送局「フランス2」から取材を受けました。
といってもかづ屋の名前がフランスにおいても有名というわけではありません。
ラーメンデータバンクの大崎裕史さんの紹介があっての取材となりました。この企画はラーメンを日本の食文化のひとつとして採り上げ、豚骨ラーメンでは一風土堂、醤油ラーメンではかづ屋という具合に構成されるようです。
今まで日本のテレビ局から何度か取材を受けましたが、それらとはすこし趣の異なる撮影となり戸惑いもありまました。
たとえばなるべく構えた姿を捉えるのではなく自然な状態を。「はい撮りますよ、スタート」。ではなく連続した動きのなかで撮り込みたい場面をさりげなく撮っていく。いつカメラが動いているのわからずちからの入れどころがつかめない、踏ん張りどころがわからない。そんな取材でした。
しかしそんなに構えることなく肩のちからを抜いて自然に取材を受けるべきでした。番組自体グルメレポートというより大衆文化ドキュメントといったもの。そのあたりを理解すればよかったのでしょう。