月別アーカイブ: 2008年10月

汁なし坦々麺

汁なし坦々麺についてあれこれと考えております。
情報を集め食べ歩いては レシピ作ったり オペレーション考えたり。
いかんせん四川省へ行ったことがないので 本物を検証すべくもなく 本来の坦々麺とはどんなものか 確信をえることができませんでした。
板橋にある ‘栄児家庭料理‘
において本場と変わらぬ坦々麺が味わえると知り 先日 従業員と連れ立ち行ってまいりました。
  %E3%83%90%E3%82%B6%E3%83%BC%20011.jpg
いただいた坦々麺は イメージしていたものに近く 自分で作ったレシピもまんざら外れてはいなかったと思いました。ただ唐辛子と花山椒が四川省産とのこと 今まで出会ったことのない味わい、とくに唐辛子は韓国産とも日本産とも異なる まろやかで深みのあるコクをだしておりました。これも調べてみようとおもっております。   %E3%83%90%E3%82%B6%E3%83%BC%20012.jpg

非体育会系

本日より‘an‘に求人広告が掲載されます。
かづ屋の雰囲気を汲み取った いい広告が出来上がっています。
‘an‘のスタッフには 味もサービスも和やかな店づくりを目指している 私の意図をよく理解していただけたと満足しております。
よくありがちなラーメン屋に 店に入るなり威勢の良い掛け声で迎えられ それを従業員全員が連呼するスタイルがあります。さらには 注文を受けるや従業員が大きな声で復唱し 店独自の符丁を言いあいます。しかもその言葉の多くに 日常会話では聞けない独特のイントネーションがあり さも仕事ゆえのやりとりと思い知らされます。
すこし思い込みが強い気がしますがさらに言わせていただけるなら、その手の店のラーメンは食べて消化するのにけっこう体力がいります。味もサービスも含めて‘体育会系の店‘。巷ではけっこうでくわします。もっといえば今風ラーメン店の多数派かもしれません。
そんな店と比べるならば かづ屋は非体育会系を目指しているといえるでしょう。
お客様に対する言葉に必要以上の威勢良さよりも、はきはきとして誠実な口調で。仕事上必要にせまられて発するのではなく本心よりの接客。
味についてゆうならば インパクトよりも奥深い味わい。食べ続けられる飽きの来ないあじ。さらには老若男女をとわず安心して味わえる安全性。
かづ屋は こんな店を目指しています
%E6%94%AF%E9%82%A3%E3%82%BD%E3%83%90%20014.jpg%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20099.jpg