月別アーカイブ: 2008年7月

休日

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20056.jpg
半年ぶりの休日です。デイズニーランドへ行ってきました。
スプラッシュマウンテンに乗り 滝壺に突っ込んでいる図です。
五歳になる娘は大はしゃぎです。わたしはめがねが曇って何がどうなっているのかわからない状態。後ろの席の妻は恐怖のあまり顔をおおってしまいました。

求人誌 2

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20005.jpg
思惑どうりにいきました。
 今回の募集に数件の問い合わせをいただき 最終的に2名の新入社員がかづ屋で働くことになりました。
 両名ともまじめで 将来は独立したいという志をもっております。
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20001.jpg
 今まで求人広告だしても 問い合わせ一件も無く 人集めには難儀をしておりました。
今回ホームページと広告を連携させ 良い結果を得ることができました。
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20009.jpg
 新しい人と働き始めると 明るい未来を予感させるような わくわくする気持ちとなります。
予感どうりに 会社と社員の明るい未来へつながればと思っております。

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20010.jpg

今年の冷やし

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E6%8B%93%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%20084.jpg
 今年の冷やし 見た目は去年と同じ どこが違うのでしょう 麺がちがいます。
 自家製麺 復活。 さらに前回の自家製麺より 小麦粉を厳選してみました。
 試行錯誤をくりかえし選んだ粉は 日穀製粉の牛若。
 もちもちとした腰があり さらにしなやかな弾力に富み 噛みしめるとほのかな麦の薫りがします。
 たくさんの方に 確かめていただきたく思っております。

味噌つけ麺

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%81%BF%E3%81%9D%20006.jpg
「はやしまる」の店主 林君が味噌つけ麺のタレを持ってきてくれました。
さっそく賄いとしていただきました。
味噌系のラーメンならば 札幌味噌ラーメンというぐあいに 寒いシュチエーションを思い浮かべます。林君からの頂き物でなければ 今日のような蒸し暑い日の賄いにはその候補にもあがってこなかったでしょう。
 味噌といってもちょっと辛い味噌、麺ともよく絡みます。 付け汁の底には炒めた挽き肉が入っており 麺を引き上げると絡んできます。口の中で麺と異なる触感の挽き肉は アクセントとなるとともに味噌と麺のつなぎの役となり いつまでも飽きをおこさせずに食を進めてくれます。
 麺が終わった後のスープ割は濃厚な味のわりにしょっぱくなく 残った挽き肉を残さず口中におさめようとする貧乏性の私の性分も相まって 底までたいらげてしまいました。
 寒い季節とならば これを“熱もり”で食べたなら さぞおいしく温まるだろうと 食後の汗をぬぐいながら思いをはせておりました。