月別アーカイブ: 2008年5月

日記風に  

 昨夜からの雨が昼ごろまで残り 出足の遅い日曜日となりました。それでも1時過ぎにはいつものかづ屋の週末らしく ちいさなお子様やお年寄りやら家族ずれで店内が満席となりました。そしてこれもまたかづ屋らしい家族ずれの行列が店の前にできてきました。どこかラーメン屋らしくない遊園地の乗り物 それもメリーゴーランドのようなかわいらしアトラクションの行列 そんな光景のかづ屋の週末です。

餃子の焼け具合

069%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
 先日もお客様に言われたことですが 餃子の中がピンクなのは 生焼けなのではないのかと。全然心配はありません 逆に肉の鮮度がよいとこのような色になります。かづ屋の餃子は挽きたての肉を使い野菜は包丁にて手切りにし 毎日仕込んでいます。言ってしまえばあたりまえのことですが、けっこうこのあたりまえが できていないのが近年の食事情かもしれません。農薬入りの冷凍餃子は論外ですが 老舗の高級料亭が客の残り物を使いまわして客に出していたとか とんでもないことが横行しています。極端な例を除いても 餃子の餡を毎日 皮も手のばしで 自店にてしこんでいるラーメン屋はそうあるものではありません。そのあたりが私たちの 自信であります。
 話は餃子からはずれますが 客の残り物を使いまわしていた高級料亭の一件に思うのですが もしかづ屋にて 使い回しできるような残り物がでたならば けっこう深刻な問題としてなぜ残ったのか原因を追及するとおもいます。またその行為が頻繁に行われていたということは そのような残り物がかなりあったいうことです。まさか老舗の料亭でそんなにまずい料理をだしているわけでわないでしょう。とすると そんな「もったいない」ことをするお客様というのはあんがい自分でお金を払わなくてもいい人かもしれません。うがった見方かもしれませんが そんなことを想像してみました。また料理人として 作ったものほとんどを 残さず食べていただいているかづ屋での仕事を幸せにおもいます。