カテゴリー別アーカイブ: 食べ物屋さん

餃子の王将@学芸大学前

%E7%8E%8B%E5%B0%86%E9%A4%83%E5%AD%90.jpg
午後3時を過ぎますと昼御飯を食べる店の選択肢がぐっと狭まります。そんな状況にも中華炒め物系を欲する腹具合に「餃子の王将」を選んでみました。
注文したのはモツの味噌炒めと餃子のセットで1080円。
店員の方が「今から餃子を焼きますからお時間をいただきます」とおっしゃる。当たり前でしょうと思いましたが、此方では忙しい時間は注文を見越して焼き置くのが流儀だったようです。おかげで今まででの王将餃子で一番美味しいカリカリに焼けた餃子にありつけました。
餃子を食べつつ厨房内を見れば、一心に餃子を握っている若者が目にはいりました。この手の店では機械で包むのではと先入観がありましたが、聞けば店舗により異なるそうです。流石は餃子の王将。

美(メイ)@元住吉

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%96%99%E7%90%86%E3%80%80%E7%BE%8E.jpg
台湾料理、盧肉飯(ルーロー飯)やパイクー麺や混ぜソバなどを求めています。ネット上で探してこれはと思えば足を運んでいます。しかし多くの店は一般的な中華料理店と然程変わらぬ品揃えで台湾らしさが薄まっています。
此方の元住吉駅には東急目黒線は不動前駅から一本で来られます。そして駅から3分ほど歩けばこちらの「美(メイ)」に到着します。以外と近場です。店の軒下には中華民国の国旗、青天白日旗が暖簾のように並べて吊るされています。ここは純度の高い台湾料理が食べられそうと期待が高まります。
時間は午後2時を回ってランチタイムは終わりかけています。客は私だけなのでお店の方がメニューの説明をしてくれます。色々と食べたい品はありますが、お腹の容量を考えて汁ビーフンとルーロー飯のランチセットに決めました。
意外であったのはルーロー飯のボリュームです。なんと大きな角煮と煮玉子が乗っかっています。同じ品であっても店により様々なのでしょう。
量が心配でしたがいただけば上品な旨味で食が進みます。汁ビーフンと交互に口に運べばさらに食べやすく、瞬く間に完食です。
食後にメニューを見れば、内臓系の煮物とか、混ぜソバとか、臭豆腐とか気を引く料理が並んでいます。
これは誰かを誘って再訪せねばと直ちに決定をしましたが、何方か付き合ってくれませんかね。

神宗@鎌倉

%E7%A5%9E%E5%AE%97.jpg
久々の鎌倉。
駅前のレンタルサイクル屋で自転車を借りて街を巡りました。幸いにもは寒さが小康を得た日となり快適でした。海辺を走り、長谷から雪ノ下の住宅地を宛どなく。
昼過ぎになりネットで検索し、現在地より近場の美味しい店をさがしました。
丁度頃合いよく辿り着けたのが「神宗」。昆布や鰹節を手掛ける「だし工房 宗達」が運営している和食のお店です。
いただいたのはランチタイムの定食です。淡く味つけされた品々は天然の真昆布を使っているそうです。素材の味を妨げずいてさらに味わいを深めている。まさにお出汁の持てる力なのでしょう。

丸香2@神田神保町

%E4%B8%B8%E9%A6%99%EF%BC%92.jpg
二度目の来店です。
小雨が時折雪に変わる空模様。九段下から神保町まで歩き身体が冷えきりました、うどんを食べるコンディションとすれば上々です。
今日は妻と二人なのでうどんは二つ。ならば1つはカレーうどんをたのんでみました。 神田神保町といえば美味しいカレー屋さんが集まっているからと安直ですが期待しました。カレーはさほど特筆すべきでも無く逆ににもうすこし熱々であればと思う出来であります。そうであればこそ此方では汁物のうどんです。麺もさることながらお汁の旨さは際立っています。最初の一口をすすれば煮干しの風味が広がります。
本日はさらにゲソ天と野菜天をいただきましが、素材が良く揚げたてでとても美味しくいただきました。

釜竹@根津

%E9%87%9C%E7%AB%B9.jpg
年末以来始めてランチタイムを抜けられました。天気も良く気温も上がってきたのでブラブラと出歩きました。上野は博物館辺りから根津にかけて宛どなく行くうちに、趣のあるうどん屋さんがありました。古い倉を店の一部として使っています。ネットで調べてみればミシェランでもとりあげられているそうです。いただいてみることにしました。
メニューには種物はなく釜揚げうどんかザルのみ。つまみ類は充実しており、酒も多くを取り揃えているようです。
注文したのは大盛り釜揚げうどん、見た目、生麺で400g長はあると思われます。青ネギと七味、オロシショガと揚げ玉で味わうようです。
麺には適度のウエーブがあり汁の絡みを良くしています。さらに 揚げ玉を投入すれば浸け汁のもちあがり良く美味しくなります。
全てにおいて上品に仕上がっています。それ故か大盛り麺の最後の方にはは少し飽きがきます。使い方とすれば軽く飲み、つまみを堪能した後に締めで軽く流し込むが正解かもしれません。

金谷ホテル@日光

%E9%87%91%E8%B0%B7%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
日帰りで 日光に行きました。
紅葉も終りすでに初冬、雪もちらつく寒い一日です。
昼前に到着し日光東照宮の境内を散策しましたが、観光シーズンではないので、杉の老木に囲まれた境内は落ち着いた雰囲気を醸し出していました。境内の要所を巡った最後は長い石段を上り家康公の陵墓までお詣りしました。死して後に遥か江戸を望むが如く、又は西国に睨みを効かす様に祀られた陵墓は、実際に臨んでみればなるほどと納得がいきます。
適度に歩き回ったの後には、昼食にと東照宮に至近の金谷ホテルへと向かいました。クラシックホテルとして名高い此方には一度は泊りたいものでが、今日はせめてランチでもといったところです。
此方のランチでお勧めにあったのは、虹鱒の金谷風とありましたので私はそのランチセットお注文した。連れの妻は栃木夢ポークのチーズはさみ揚げアップルソースにに惹かれたようでそちらのランチセットを。さらに名物とあった大正コロケットも気になる処だったので、アラカルトで注文をしてみました。
虹鱒は黄金色に仕上がった大ぶりな姿に食欲をそそられます。魚はこの土地の産なのでしょうか、身は柔らかく旨味に富んでいます。骨からの身離れも良く食べやすく調理されています。表面は軽く粉がまぶされ香ばしく焼かれ甘味のあるソースが絡まっています。どこか甘露煮を思わせる洋食ですが、和洋折衷のこのホテルに似つかわしくあります。
コロケットは上品なベシャメルソースに蟹の身が潜んでいます。元来は芋コロッケ党の私ですが此はいただけます。表面のパン粉も微粒子で口当たり優しく仕上がっています。
食後はランウンジにて小一時間ほどのんびりさせていただきました。年季の入った内装とソファーは居心地がよく、さらにスチームヒーターの温かさについうとうととしてしまいました。暫くして気が付いた時には広くとった中庭を臨む窓の外に細かな雪が舞っていました。この時季の日光も棄てがたい処です。

ピーマイ@学芸大学

%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4.jpg
思い付きで担々麺を胡麻ではなくココナッツミルクで作ったらと考えた事がありますが実際にタイ料理で出会しました。タイ北部の麺料理カオソーイがそれです。
特徴的なのは揚げ麺が盛られています。汁にはモチットした麺が浸っています。交互に食べても味わいがあるし、揚げ麺がふやければこれはこれで楽しめます。
学芸大学駅から南に伸びる商店街にあるタイ料理屋ピーマイの店先を通ればいつもお客で賑わっています。本日はランチタイムですが色々なセットメニューやサイドディッシュが取り揃っています。どれもボリュームがありお得感があります。
連れの妻はガッパオとイスラムカレーのハーフセットと生春巻を注文しました。どれも美味しい出来映えですが私の基準ですこし辛口なようです。しかしまた来たいと思わせてくれるお店でした。

B.@武蔵小山

%E6%AD%A6%E8%94%B5%E5%B0%8F%E5%B1%B1B.jpg
武蔵小山の洋食屋さんですが夜はバーの色合いが強くでるお店のようです。しかしメニュー構成や狭いオープンキッチンながらオーブンを備えている処から料理の提供に力を注いでいるのがうかがえます。
場所はメイン通りのパルム商店街から細い横路を入って50メートル辺り。小さな飲食店が其処此処に見受けられる場所です。この店舗は以前蕎麦屋がありました。10坪に充たない処に小さな旧式製麺機を備えて頑張っていました。さらにその前はタイ料理屋でした。日本人のご主人がタイ人の奥様と美味しいタイの家庭料理を提供されていました。清潔感があり安心していただけるとてもお気に入りでしたが短い営業期間でした。
どちらも良い店ではありましたが長続きはしませんでした。私の推測では酒飲みのお客の対処に問題があったのではと考えてもみました。
例えば蕎麦屋では、昼の遅い時間に訪れると、飲み客がカウンターにて煙草を吹かしつつ店の人に話しかけている光景に出会す事が続きました。昼食を取りにきた客の私的にはあまり居心地の良い空気ではありません。以降は段々と訪問間隔が開いてきたのは自然の流れでした。
またタイ料理屋のご主人は夜の飲み客が料理をしっかりと食べてくれないとこぼしていました。来店はうれしいお客様でも店の為にならない場合もあります。
こんな事の続いた場所ですが、フラリと気まぐれに昼食を取りに入りました。いただいたのはカレーですがなかなか手の込んだ作りを感じさせる逸品でした。おそらく小麦粉のルーを使わず大量の玉ねぎを炒めて円やかな味わいを出していす。辛さはさほどではありませんが充分スパイシーです。美味しくいただきました。他の

カオマンガイ@渋谷

1415769297473.jpg
タイ国のチキンライスチェーン店の日本1号店です。
渋谷は並木橋の交差点近くで開店して2ヶ月程でしょうか。もう何度も店の前に来ていますが売り切れで食べられません。今日は満を持して2時前に店に到着しました。店の前には何人かの待ち客とさらにはテイクアウトを注文している人。
メニューはチキンライスの単品です。これに大盛りやスープに肉付きの骨を入れるかといった変化はあります。さらにパクチーがお好みの量でいただけます。
この日本出店に際して何処までアレンジされているか判りませんがライスはインディカ米です。好きとは言い難い米ではありますが美味しくいただけます。チキンスープで炊き込んだとありますが、パラパラしてはいますがモッチリ感もあります。これに乗せられチキンは柔らかく茹であげられてありますが味付けはありません。ピリリとした辛さのタレがご飯との仲立ちをしてくれます。
かつて台湾の「髭張魯肉飯」が日本にて進出してきましたが定着出来なかった前例があります。私とすれば共に好みの味であるので頑張ってもらいたく思います。
1415769283943.jpg

下目黒日録 10月26日

1415363043212.jpg
先日の来店おり次回は酒好きと一緒に来て色々な料理を食べようと思っておりました。そんな事で今日は行徳にて開店を準備している小室君を伴ってまいりました。
壁に掲げメニュー見つつを何品かマスターにお願いしました。
シメサバ、カマスの一夜干し、ピータン、ガソとマメのニラ炒め、ゴーヤ入り八宝菜、アスパラガスのゴマソース、等々。まずはラーメン屋では有り得ない取り合わせの数々です。
7席と限られた店が、ほぼ満席状態が続ています。あまりオーダーが散らばればマスターに負担がかかります、注文も程々にせねばと思いました。小室君は日本酒の杯は進みさらに気になるメニューも有りますが深追いはやめてておきました。後は又の楽しみとなります。
こんな一時のなか小室君から提案をひとついただきました。近い将来にマスター石原への感謝の夕べなどを催しては如何かと。その際たんたん亭に連なる人々を出来るだけ限り集められればと思いましす。是非とも実現させたい計画です。