カテゴリー別アーカイブ: 食べ物屋さん

シータ@学芸大学駅

DSC_0001
学芸大学駅の商店街に今年春に開業したそうです。
アジアンダイニング&カフェと名乗っているのは、インド料理がメインではあるもののタイ料理等もありカフェタイムにはドリンクオンリーも大丈夫との事であるようです。
ランチセットはカレーとサラダにナンかライス、ソフトドリンク付きで950円からです。
いただいたのは2種類のカレーのセットです。カレーはホウレン草のチキンカレーと本日の日替わりのカボチャのカレー。これにナンと小さなサフランライスが付いていました。
カフェ風の店なので現地風が薄まった料理かと思ってもいましたがしっかりと本物です。特にナンのモッチリ感に充分満足しました。

萬和楼@横浜中華街

DSC_0387
台湾について何冊か読んでいるうち、当然ここは食欲にも繋がってきます。
そこで台湾フードとなりますが本場の牛肉麺(ニュールー麺)が食べられるこちらにやってまいりました。
今回で2度目めになります。店に入り迷わず牛肉麺を注文すれば、それを聞いたご主人がいきなり間合いを詰めて解説を始めます。こちらも興味があるのでさらに距離が詰まった会話となっていきます。
話によれば今でこそ台湾名物となっているこのニュールー麺もじつは外省人がもたらしたものだそうです。日本の統治が終わった後、大陸から国民党と共にやってきたそうです。もっとも中華料理全般にわたって高いレベルが味わえるそうで、それは蒋介石やその幕僚達がそのお抱え料理人として大陸から多くの調理人を伴ったおかげだそうです。
今日のニュールー麺は肉にゼラチン質が少なかったのは残念でしたが、相変わらずスープも麺も美味しくいただけました。
前回は麺をしっかりと写さないかったので今日は持ち上げて撮ってみました。この平打ちの感じは、カンスイの少なさもあいまって、ヒモカワうどんに近いかもしれません。台湾から取り寄せているようですのでたぶん乾麺だとおもいます。

ピーマイ@学芸大学

パクチー大盛 二度目のランチです。オダーストップが2時半なのでなかなか来られませんが暫くぶりに来てみればメニューに変化がみられます。
 以前のランチタイムメニューのオプションとして全てにパクチー大盛が加わっています。これは当然試すべきと、バジル炒めご飯とグリーンカレーのハーフセットをパクチー大盛で注文しました。
 バジル炒めとは香草系が重なりますがそれぞれの風味は邪魔もせずいただけます。グリーンカレーはこれは当然のように味わいが増します。
 パクチー大盛のボリュームはもっとあっても良いと思うのは私だけではないとでしょう。パクチーダブル大盛も有りかもしれません。
 此のところの外食業界においてパクチーはトレンドになりつつあるように感じます。かづ屋においてもパクチーを支那ソバにトッピングにお勧めした処、すでにその味にはまっていらっしゃる方もいます。
 そこで心配がひとつ。パクチーはやっと世間的に認知されつつあるところで、まだまだポピュラーな野菜でもありません。その為供給も安定しない時もあります。さらに葉物はこの酷暑に滅法弱いときます。品薄で奪い合いの時もあります。パクチーの安定供給の為に増産をお願いしたいところです。
 

丸香@神保町

1433410884457
冷しぶっかけうどん400円。
五反田のおにやんまの冷しぶっかけは300円。
どちらも価値ある逸品です。こんなに美味しいいのにこの値段でいいのだろうかと思ってしまします。
さらに見た目も美しい。見事なエッジと艶やかな光沢を放ちながら湾曲する麺が淡い色をしたで汁に沈んでいます。それに鮮やかに映えるアサツキの翆。

ダバインディア@八重洲

1432894368765

南インド料理の店のレポートが続いていますが、やはり満足度ではこの店が最も高いでしょう。
調理はインド人ですがサービスは日本人が担当しています。店の内装や運営方法から察して経営は日本人かもしれません。総合的に完成度の非常に高いレストランだとおもいます。
本日いただいたのはベジタブルのミールス。肉を使わない料理で構成した定食です。
すこし残念だったのはライスがジャポニカであった事です。店の方にその辺りを尋ねてみれば、ランチタイムは基本的にはジャポニカだそうです。しかし終了間近になりジャポニカ種が無くなればインディカ米が提供されるそうです。いつもの利用時間は遅めのランチタイムなのでインディカ米であったようです。本日は比較的早い時間であったのでこのような結果になったようです。

南印度ダイニング ポンディバワン@武蔵新田

1432834722866
インドが猛暑に見舞われているようです。
中でも南部のアードラ・ブランディシュ州では連日50度にせまる気温だそうです。
そんな地方の料理を提供してくれるのがこちらのおみせです。
いただいたのは南インドスタイルの定食ミールスです。何種類もの料理がワンプレートに盛られ、好みにより混ぜ合わせていただきます。

南インドキッチン@中野

1432031554824
暑くなってくれば食べたくなるのはカレーです。私の場合、特に執着するのは南インドのカレーです。今日は新しい店を開拓したく、ネットで調べ、中野の「南インドキッチン」に行ってまいりました。
シェフは南インドのチェンナイの出身だそうです。この都市はかつてのマドラスとよばれていましたが、私が知らぬ間に変わっていたようです。
注文したのは、今や私の好物に成った感のあるマサラドウーサです。米粉入りのクレープにカレー味のポテトが入っています。
もともと軽食の類いだそうですが目の前にすると迫力があります。添えられているのはココナッツとチャナ豆ペースト、野菜のカレー、生姜と玉ねぎのチャツネ。それを付けながらいただきます。
ドウーサの表面がパリパリに仕上がってムッチリとした生地のアクセントになっています。中のポテトがあっさり味で食べやすくなっています。

おにやんま@五反田

1429980417906
最近このうどんを食べる頻度が上がっています。今日は仕事が終わって、深夜1時過ぎの訪問です。
並盛のかけうどんが300円、揚げたてのちく天が120円、さらにアスパラ天が100円。
この値段でこの時間帯で、ツルツルでシコシコの茹でたてうどんがたべられます。
立ち食いではありますが、この東京でトップクラスのうどんでしょう。
一生懸命作っているお兄さん達に感謝したいで気持ちでいただいております。

萬和楼@横浜中華街

台湾牛肉麺%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC.jpg
元住吉の台湾料理屋「美(メイ)」に行きましたが臨時休業です。お店の方が春節(旧正月)で台湾に里帰りだそうです。しかし、すでに台湾料理のモードに入っている私とすれば、引き返すわけにもゆかず横浜中華街まで足をのばすことにしました。
ネットで調べてみましたが、この中華街に台湾料理は片手に余るほどしかありません。これだけ中華料理屋がありながら意外です。
ランチタイムから外れてしまったので休憩をとっている店もあるので選択肢が限られます。そこでこちら萬和楼へ入ろうと店の前に着きましたが、あまりの雑然とした店構えについ臆してしまいます。しかし引き返すにも代替案が見つからず、思いきって入ってみました。
メニューには素食料理が得意とありますが、それは仏教寺院の精進料理における、肉の替わりに肉擬きを使った料理だそうです。かといってベジタリアン専門でもないようで、店の方は「牛肉麺(ニューローメン)」を勧めてくれます。それではとこの台湾を代表する麺を注文しました。
以前に都内某所において牛肉麺は体験済みですがさしたる印象は残ってはいません。また店主曰く、台湾の味そのままとの前口上にもあまり期待が湧いてはきません。しかし食してみるなりその美味しさに夢中で箸を進める事となりました。
麺は中華麺と言うよりも稲庭うどんを思わせるような、弾力のある腰とツルツルとした滑らかな触感があります。台湾から取り寄せる乾麺を使用されています。また見た目はしつこそうなスープも驚くような淡麗な味わいです。そんな麺とスープを繋げる役割は、ゼラチン質を張り付けた柔らかい牛の脛肉が担っています。それは口中の粘膜が肉からゼラチン質受け取り、口に入ってきた麺と絡み、またスープを流し込むと熱で溶け込み味わいに円やかさが加わります。正に脛肉と麺とスープが三位一体となりお互いを引き立てあっているようです。
今日は台湾の国民食と呼べる逸品の真髄に触れた思いでありました。
%E8%90%AC%E5%92%8C%E6%A5%BC%EF%BC%92.jpg

ベジキッチン@御徒町

%E3%83%99%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg
昔インドの国内航空に乗った時、「ベジー?、ノンベジー?」等と機内食のオーダー取っていました。なるほどインドではベジタリアンの比率が高いのでこんな機内サービスとなるのかと感心した記憶があります。
此所はベジタリアンに特化したインド料理屋。最近のインド料理は南インド専門店の存在感が増していますが、遂にこんな括りの店が現れました。開店は昨年だそうですが先日ネットで見かけ、興味津々で出かけてみました。
店の場所は御徒町の駅から5分程の古くからの商業地帯の一角です。場所柄を考えればここのアジアンチックな外見は唐突に見えます。また店の中の雑然とした雰囲気も現地の色が漂っています。さらにはスタッフの接客もアジアンテイストで、一見客の私にもいきなり距離を詰めてきます。
いだいたのはランチミールス、インディカ米のゴハンと揚げパンのプーリ、基本のカレーであるラッサムとサンバル、これに日替わりの豆とチーズのカレーです。このスタイルで考えれば南インド的ではありますが、メニューにはそれにとらわれてはいないようです。