カテゴリー別アーカイブ: 取材

亜寿加元スタッフが家系ラーメンのお店を委託営業しています。その店に来月から加わるかづ屋の従業員との会話の中でパイクー麺が出てきました。
まずパイクー麺とは、カレー粉混じりの薄い衣でパリッと揚げた豚肉をザクザクと切って乗っけた麺であるとか。また家系ラーメンでパイクー麺を作ると面白いかもなどとの展開です。
そんな話題から身近でパーコー麺と言えば渋谷は亜寿加のパイクー坦々麺と思い浮かべます。正調パイクー麺ではありませんが、家系パイクー麺の話題と同じ系譜かと。そこで自然と話の流れはそちらにむかいます。
ひとしきりパイクー坦々で盛り上がると当然食べたくなります。機動力のある食いしん坊の私とすれば渋谷までの距離は苦にもなりません。早速出発しました。
確か今週も来ていますがその時はパイクー味噌でした。大体交互に食べているようです。
麺類にはご飯がサービスされますが、これに卓上の辛子高梨をまぶしパイクーと一緒に頬張るのもここの醍醐味です。
随分以前、確か30年以上前から来ていますが当初からはパイクー坦々麺なかったはずです。今日はその辺りを店の方に聞いてみたのですが、確かに20年前辺りからのメニューだそうです。以前は淡麗な醤油味の麺が主力であったようですが、今は坦々麺、しかもパイクーが乗った麺が主力となっているようです。

下目黒日録 1月19日

小室君の店にてトーキョウウォーカーの取材です。私との対談が目玉となります。さしずめ師弟対談といった趣なのでしょう。
編集者の方がテーマを投げ掛け私達が答えていく流れで、味作り.店作り.店長時代の話などを語りました。そして最後に小室君へ贈る言葉と問われたので「俺を超えろ!」と締めておきました。
今日は取材でもありましたが開業以来初めてラーメンを味わいました。先日ラーメンデータバンクの大崎さんが麺の違いを指摘していましたがそれも確認出来ました。麺に加えたおおきな変更は卵をを全卵で加えて、麺の切り出しを少し太くしたそうです。食べた触感はプルンとして舌触りが良く、噛み締めると弾力が有り、腰も長く保ちます。はやし丸と少し似ているので林君の感想を聞きたい処です。

1106480882.jpg
目黒のムック本です。今までにこの手で目黒専門ありそうですが始めてです。
内容は飲食が多くを占めていますが、なかでもラーメンの扱いは最も多いようです。
目黒在住の私の知らない事が多く載っています。興味をそそられる店もあります。使える一冊かもしれません。

取材

%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%A8%E3%81%B3%20034.jpg
このところ 取材が三件ほどつづきました。そのうちのひとつ、ミュージィシャンの通う店というテーマで森山 直太郎さんに推薦いただきました。森山さんからは ラーメンもさることながら サイドメニューがおすすめとという評価をいただきました。