カテゴリー別アーカイブ: ラーメン

パクチーラーメン はやしまる

1434708095759
パクチーラーメンが臨時メニューとして登場していると聞き早々に来てみました。
塩味ベースにどこかタイ料理の風味を感じます。しかし聞いてみればそれ風の調味料は使ってはいないそうです。パクチーとレモンとラー油が基本ですけれど、爽やかでありながら複雑な味わいをだしています。
麺は従来のままだそうですがプルプルとした触感がさらに活きています。
これは今までの期間限定メニューの中でも出色の逸品ではないでしょうか。面倒でなければレギュラーメニューに加えればとおもいます。

吉村家@横浜

1434708064080
前回来たおり見かけた「生玉葱トッピング」が気になりやってまいりました。
この生玉葱の微塵切りは八王子辺りのラーメン店ではけっこう入っているそうです。又、私も子供時分にインスタントラーメンに入れていた事もあります。
そこまで意外ななトッピングではありませんが、この家系にてはといった処です。
いただいてみれば確かにこのコッテリとしたスープの良いアクセントになってきます。
さらにこの生玉葱は体にもよさそうです。日射病対策になるそうですから此からの季節によいかも。
このトッピングは支那ソバも相性がよさそうです。

新福菜館@麻布十番

1433920518022
新福菜館は京都を代表する老舗ラーメン店です。
何年か前に本店でいただいた事があります。
関西の食であるにもかかわらず、お汁の色が濃いのには意外な感じがします。しかし決して醤油っぽかったりしょっぱかったりの味わいではなく、実にマイルドです。たぶん熟成度の高い醤油を使っているのでしょう。
さらにスープに浮かぶ油もわずかです。なをさら熟成した醤油味が効いてきます。
カウンターから調理場を覗けば肉のスライサーが見えます。ごく薄く切ったチャーシューの感触もこのラーメンの味わいに欠かせぬようです。

塊力屋@五反田

塊力屋

 

五反田駅周辺に新たなラーメン店が開店していました。

ネットで調べてみれば京都が発祥の大型チェーン店です。

ラーメンの画像を見ればどこか懐かしき尾道の朱華園と似ています。これは行かねばと思い立ち早速にスクーターを走らせました。

到着は午後3時をまわっていましたが満席です。席数は40席以上はありそうですが、繁盛しています。暫し待たされた後にカウンターの隅にあんないされました。

注文したのは醤油ラーメン。いただいてみれば見た目どおりに朱華園の味に似ています。濃いめの醤油味に脂身が浮いています。厳密には朱華園のように平打ち麺ではないし脂身もこちらは細かなアラレ状なので異なる点もありますが、しかし私には懐かしくて好きな味です。

 

 

 

 

亜寿加元スタッフが家系ラーメンのお店を委託営業しています。その店に来月から加わるかづ屋の従業員との会話の中でパイクー麺が出てきました。
まずパイクー麺とは、カレー粉混じりの薄い衣でパリッと揚げた豚肉をザクザクと切って乗っけた麺であるとか。また家系ラーメンでパイクー麺を作ると面白いかもなどとの展開です。
そんな話題から身近でパーコー麺と言えば渋谷は亜寿加のパイクー坦々麺と思い浮かべます。正調パイクー麺ではありませんが、家系パイクー麺の話題と同じ系譜かと。そこで自然と話の流れはそちらにむかいます。
ひとしきりパイクー坦々で盛り上がると当然食べたくなります。機動力のある食いしん坊の私とすれば渋谷までの距離は苦にもなりません。早速出発しました。
確か今週も来ていますがその時はパイクー味噌でした。大体交互に食べているようです。
麺類にはご飯がサービスされますが、これに卓上の辛子高梨をまぶしパイクーと一緒に頬張るのもここの醍醐味です。
随分以前、確か30年以上前から来ていますが当初からはパイクー坦々麺なかったはずです。今日はその辺りを店の方に聞いてみたのですが、確かに20年前辺りからのメニューだそうです。以前は淡麗な醤油味の麺が主力であったようですが、今は坦々麺、しかもパイクーが乗った麺が主力となっているようです。

芳村家
告知を行わずでありましたが、ブログを新しく作り替えました。以前より便利な機能もあるので、記事のほうもより充実させようと目論んでおります。
さて、久々のブログ更新は横浜家系総本家の吉村家のレポートからです。
近場で時々ではありますが家系のラーメンを食べています。近年益々都内に増えているようです。そんなおり元祖はどんなあんばいであったか記憶が薄まっています。そこで味を確かめるべく足を伸ばしてみました。
かれこれ5年ぶりだとおもいます。午後2時過ぎの到着ですが待ち客も何人もいます。さすが、繁盛は相変わらずといった処です。
確かこちらはローストタイプのチャシューなので注文はチャーシュー麺に。麺は家系では柔らかめを頼んでいたのでこちらでも。回りの若いお客から固めコールが飛んでいますので少数派であるようです。
いただいてみますと味の記憶と比べて 味付けが強い感はありましたが美味しくいただけます。麺も丁度よい感触です。
明らかな変化は卓上の調味料に刻み生姜が加わっています。おろし生姜は以前よりありましたさらにが刻んで酸味を加えた生姜が卓上にあります。試してみればこれは良いアクセントです。
そのほかトッピングに刻んだ生玉ねぎがあったりと色々な変化があります。これだけの繁盛店でありながら新たな試みが続けられている姿勢に敬服します。

さぶちゃん@神田神保町

%20%282%29.jpg
先日この界隈を歩いたので懐かしくなり今日は此方目当てで神田神保町にまいりました。
15年ぶりになりますが、いまだ営業をされていることに驚きです。おそらく開業されて50年程になると思います。ご主人もとうに70を越えられているでしょう。
注文したのは当然ごとく半チャンラーメン。ご主人の年齢を考えれば往時の味わいを求めるのは無理な事です。懐かしさだけを噛み締めていただきました。
たぶんご主人がご隠居になられるのは遠からずでしょう。長い間ありがとうございました。

大@五反田

%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E5%A4%A7%EF%BC%92%20%282%29.jpg
冷たい雨の降っています。こんな日は味噌ラーメンで暖まりたい処です。
二朗系の店ですが期間限定で味噌味が提供されています。今日はさらにニンニクを追加してもらいました。暖まる一杯です。
この系列にくれば決まって麺を柔らか目にしてもらいます。べつに腰の無い麺が好きなわけではありませんが、太めで加水が低めのボソッとしたのが苦手な処です。本日も注文の折りにお願いしましたが、出来上がりは好みまでには至りませんでした。スープは飲み干しましたが麺は少し残してしまいました。

凪@五反田

1419401569536.jpg
かつてのかづ屋はその面影も残ってはいません。
店内に入れば薄暗くまるで洞窟に入り込んだようです。
席数は17席、かづ屋より4席増えています。カウンター2つが平行して作られ中を通って接客がされます。入口はそれぞれののカウンターごととにあり、初めての方は戸惑われるかもしれません。
座席に座った位置からは確認できませんが席数が増えている分調理場は狭くなっているはずです。おそらくこの高い家賃の場所での調理は極力避け、セントラルキッチンにて行っているのでしょう。
いただいたラーメンには渋谷の「煮干し王」には無かった辛味調味料が加えられています。麺をすすれば滑らかな触感か舌をはいまわるので柔和さを感じますが、噛んでみればしっかりとした弾力を持っています。出汁は煮干しのエグミまで絞り込んでいるかのようですが、辛味を持って嫌味になるのを防いでいるようです。
美味しくいただきましたが、私とはまったく異質な感性が店作りとラーメンに表れているようです。
1419401584745.jpg

下目黒日録 11月9日

%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%93%EF%BC%98.JPG
西荻窪のマスター石原の店でも担々麺を始めるそうです。
かづ屋の担々麺は、五反田店開店のおりにマスターから伝授された芝麻醤を元につくりだされました。いわばマスター石原と私のコラボレーションと言えます。
それが8年前の話なのでマスターの店でも担々麺を出していないのが不思議でもありました。しかし考えてみれば、マスターは沢山の引出しを持っておられるので担々麺に固執する必要もなかったようです。
この度は気まぐれか思い付きか判りませんが寒くなったら始めるそうです。そこでマスターから依頼されたのが担々麺の画像作りです。以前かづ屋にて見かけた担々麺の画像を評価して私にお鉢が回ってきたようです。