カテゴリー別アーカイブ: 賄い

下目黒日録9月1日

1441092233734
かづ屋のスタッフのイミィさんが母国のミャンマーから日本に帰ってきました。
家庭の事情で今年の2月に帰国し半年間かづ屋を留守にしました。私的には信頼感のあるスタッフなので早く職場復帰を望んでいましたが、当初の予定より数ヶ月伸びてしまいました。
お土産を幾つかいただきましたが今日の賄いでひとつ食べてみました。小魚とニンニクと唐辛子を豆の油で揚げた保存食です。スナックとして食べてもいいですが料理に振りかけてもいけます。見た目程には辛さはなく、小魚の干物を食べている感じです。支那ソバに入れればエスニック風な味わいになりました。

下目黒日録 7月13日

1437026891179
ランチタイムのセットメニューのミニ丼”焙りチャーシュー丼”を”葱チャーシュー丼”に替えました。
これは、チャーシューを短冊に切り軽く炒め葱を加え、老酒で香りをつけ、醤油ダレと胡椒で味を整え、ご飯の上に海苔を敷きその上に乗せ胡麻をひと振りした丼です。
素材と工程は単純ですが、多様な味わいが巧く調和していると思います。
私の今日の賄いはこれをいただきました。玉葱トッピングの支那との相性もとても良好です。

下目黒日録 7月2日

1435946937826 生玉葱の微塵切りをトッピングにと考えています。
これは冷しソバにも合いそうなので本日の賄いで試してみました。
予想ではもっと生玉葱の癖がでるかと思っていましたが、冷しのタレのお酢や砂糖で中和されました。これは是非ともお客様にお奨めしようと思います。

賄い

%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%A8%E3%81%B3%20012.jpg
 今日の私の賄いです。最近の目黒店における流行り賄いは「炙りチャーシュー丼」。脂身の多いチャーシューをかるく鉄板で炙ってご飯にのせ ネギをちらし 醤油ダレを少々かけてやります。チャーシューからとけだした油とタレがご飯に絡み 食のすすむ一杯です。メニューに加えればさぞお客さんが喜ぶだろうな、と思いつつ毎日食べております。