カテゴリー別アーカイブ: 演劇

トーキョー・スラム・エンジェルス@青山円形劇場

%E5%86%86%E5%BD%A2%E5%8A%87%E5%A0%B4.jpg
荒廃した近未来にはそれ自体にドラマ性があります。
かつては大友克洋の「アキラ」や「マッドマックス」の世界に魅了された記憶もあります。
そんな荒廃した未来を作り出していたのは戦争であったり科学技術の暴走でしたが、このお芝居では経済システムがその役割を担ったようです。この辺りへの着想に敬意を表したい処ですが、突っ込み処を探す人もいそうです。しかしここはじっくりと人間のドラマを味わうべきでしょう。
さて物語は近未来に出現したトーキョウスラムのラーメン屋台に、証券業界で成功を修めたかつての妻が訪ねて来た処から始まります。さらにこの元夫婦を取り巻く人々がこの荒廃をもたらせた経済システムと自身を語っていきます。それらはテロリストや煽動家、不法滞在の外国人、証券業界で地位を成した者、またこれから成そうとしている者。そして元夫婦の子供。
その登場人物各自が物語はを持っており、サブストーリーの様に語られていきます。それらの物語は膨らませればそれだけで1話の劇が成り立つ可能性をもち。思わずこれはシリーズ化かと先走ったりもしました。
そうであるとすれば出来ればしっかりと舞台セット作っていただきたい。今回の劇場は円形劇場でもあり、目に観える最大の構築物がラーメン屋台でありました。これだけで未来のスラムに誘うには観客はかなりの想像力を働かさねばなりません。私の持つスラムのイメージは、横浜ラーメン博物館が作り上げた昭和の街並みを荒廃させ、さらにかつての香港九龍城の猥雑さが加われば物語への期待は高まるでしょう。そこから醸し出す空気は昭和の腐臭を漂わせるてはいますが、発酵した濃厚な味わいもあります。
こんな物語ですが私的には全く無縁な話でもないかもしれません。自分が将来において屋台を引いている姿もそんなに不自然ではない気がします。それはそれで自分らしいかと考えます。
ただ劇中の人物ほどストイックかといえばそうではありません。上手くは行きませんでしたが多店舗経営等に乗り出し利益を増やそうと企てもしました。
しかし、もしかして劇中の人物もかつてはそんな試みを行っていたかもしれません。そんな経緯があってこそストイックにラーメンに向かっているかもしれません。その辺りにも面白い物語が成立するかもしれません。かんがえれば益々、続編またはシリーズ化が望まれます。

下目黒日録 11月8日

さて、舞台でラーメンを使う事になりましたが、いくつかの問題がありました。
制作担当者からの説明では、劇中の屋台にてラーメンが作られるそうです。その際、舞台上である制約より、熱源が全て使えないそうです。そんな条件下に役者さんが屋台で調理しましたという風にラーメンを提供しなくてはなりません。
まずスープは保温性の高い寸胴にいれておけば問題はありません。しかし厄介なのは麺の提供です。舞台上では寸胴のお湯は熱源から離されています。それを用いて麺を調理するのは不可能です。そこで考えたのは、あらかじめ麺を茹で、それを水洗いしサラダ油を絡め、その茹で麺を舞台上の屋台の寸胴で湯通して丼に移す事です。
さて実際にその方法を行う為に劇場では適当な場所がありません、結局目黒で作り配達する事になりました。また茹で麺の劣化を考えれば公演日ごとに作る必要があります。
そんな段取りを考えていた昨日、渡辺謙さんが新潟の新米を持って来てくださいました。今回の企を素早く察知されての行動です。恐縮するとともに流石と感心しきりのかづ屋の面々です。

下目黒日録 11月7日

By1MO9wIMAAgxT5.jpg-small
南果歩さん主演の舞台です。
劇中にてラーメンを食べる場面があるそうです。しかも二回。12回ある公演で毎回お湯に浸した麺ではいささか味気なく、出来ればかづ屋のラーメンであればと望まれたそうです。劇の制作担当者が根回しをされ、私まで話を持ってこられました。
南果歩さんとご主人の渡辺謙さんにはいつもご贔屓にしていただいております。さらにいくつもののメディアに紹介していただいた事もあります。お役にたてる機会が巡ってきて嬉しく思っております。

コクーン歌舞伎 天日坊

%E5%A4%A9%E6%97%A5%E5%9D%8A%EF%BC%92.jpg
 大阪の橋下知事と文楽協会がもめているようです。伝統文化を存続させていくには様々な取り組みが必要なのでしょう。
 そんな今、このコクーン歌舞伎を観て伝統文化の継承うされ方の一つを姿を見せてもらえたと思いました。
 時は鎌倉時代、名も無き小者の若者が、頼朝の後烙印になりすまし天下を狙わんと悪党達と徒等を組み、いざ鎌倉と東海道を下って行く道中記。
 歌舞伎の戯作を元に現代の脚本家が書き直し、演出も随所に現代風に。たとえばお囃子もトランペッットの音色で主人公の心の移りゆきを表現したり。また台詞も歌舞伎風の言い回しの中、いきなり「マジかよ」と今風の言葉使でい感情を一発で通じさせたり。随所に効果的な演出は観るものを物語に引き込んでくれます。
 配役ほ主人公に中村勘九郎。名も無き小者が野望を持ち段々と人が変わっていく様を見事に演じ分けていました。また中村七之助は清楚な娘と悪党女を美しく作り上げ、中村獅童は舞台上でスケールの大きい存在感を表していました。三人とも若い歌舞伎役者ですが伝統が身体の芯から生きずいているのが判ります。
 舞台は歌舞伎の世界ですが、観客である現代人との波長と重なり合っていたようで、最後はスタンディングオベーションでフィナーレとなりました。感動モノですね。
 客席は空席など見あたらず、興行的にも成功しているようとれるのですが。
 また観客は本来の歌舞伎愛好家の枠を越えているのでしょう。
 たとえばこのコクーン歌舞伎の観客が、この舞台から歌舞伎への新たな観客にならなくても、このような商業的成功はこれに携わる古典芸能の担い手の懐を潤すことでしょう。それは純粋な古典芸能の興行が商業的成功をもたらさなくとも、業界を支え伝統を次世代につないいく力となるのではないでしょうか。
 文楽の世界も興行が商業ベースにのる手はないのでしょうか。同じことをやっているだけでは伝統文化は守ってはいけないと思うのですが。保守主義の神髄は革新なくして伝統は護れないではないでしょうか。
%E5%A4%A9%E6%97%A5%E5%9D%8A.jpg