カテゴリー別アーカイブ: 映画

山猫 ルキノビスコンティ

dfc5f59787c74c1474aca3567e9b9190

巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督の生誕110周年没後40年だそうです。そこで4kと呼ばれる高解析度の画像にてイタリア語・完全復元盤として公開されるとあり、少し胸踊らせながら恵比須ガーデンプレイスの劇場に行ってまいりました。
1840年代のシシリア、イタリア統一運動の盛り上がりがこの地にも迫ってきます。それは貴族社会の栄華が終わり市民階級の台頭を意味し、その時代の流れをシシリアの名門サリーナ公爵が静かに受け入れていく姿が描かれています。
20代に観た映画で記憶の中に残っている映像は沢山ありますが、あらためて観れば理解を深めるところがあります。さらに主人公と同世代となったぶん感情移入も多くなっています。。
物語の冒頭において、争乱が間近に迫り館には不安な空気に浸りつつあるなか、サリーナ公爵はなんとパレルモの市中の馴染みの娼婦訪ねていきます。このエピソードに壮年を過ぎたといえども未だ老人とは言い難いこの公爵の活力が現れています。
公爵を演ずるはバートランカスター。かつて「空中ブランコ」でサーカスの曲芸師や「ベラクルス」での敵役ガンマン、「OK牧場の決闘」での保安官ワイアットワープなどマッチョな役どころのハリウッドスターです。そんな役者が黄昏時を迎えながらも男としての残照の輝きのあるイタリアの貴族を演じるのは、当時とすれば意外な配役と捉えられていましたが今となればはまり役です。この流れはビスコンティの最後の作品「家族の肖像」での老大学教授の役に繋がります。
時代の趨勢に従い主役から降りようとしている貴族社会と、この主人公の老いにまでは至っていないながら自らの死をじっと予感している姿が重なりあっています。
そんな主人公が愛情を注ぐのがアランドロン演じる甥っ子であります。少し軽率な感じはありますが時勢を読み取り新しい時代をかけ上っていこうとしています。公爵はその甥と市民階級の有力者の美しい娘を結婚させ、 その岳父の財力を後ろ楯に付けるように画策します。
物語のクライマックスはシシリアの貴族が集う舞踏会にて、サリーナ公爵が美しい甥の婚約者とワルツを踊るシーンです。死を予感しながらも人として男として充分に魅力的な公爵
は、会場の衆目を魅了させる共に一緒に踊った若い甥の婚約者も心引かれるでありました。
そんな公爵にたいしアランドロン演ずる甥は、嫉妬とも戦慄とも混じりあったような感情が沸き上がって来るのでした。貴族社会にせよサリーナ公爵にせよ、完全に老いたわけでもなく余力を残しながら静かに主役から去ろうとしているところに美しい輝きあるのでした。
また視野を広げ考えるならば、時代に抗わず静かに表舞台から退いたが故に貴族社会の遺産は現代社会に良質な文化や習慣となって残っているのでしょう。それがイタリアを含めヨーロッパの現在だと考えます。
この映画にはニーノロータの音楽が物語に深味を加えてくれています。悲観にくれるような場面ではなくとも、心が滲み出てくる演技にニーノロータの音楽がかぶさってくれば涙腺が敏感にもなります。観終わり数日過ぎても頭のなかで音楽が鳴っています。
全編3時間の大作ですがドラマ大きくが動く映画ではありません。最後にある舞踏会の場が作品の30%を占めていたり、長いカットが続いたりかして長時間になてはいますが退屈な部分はありません。撮影はスタジオは使わず全編ロケとなっており、建物や室内はすべて歴史を感じさせる本物で見応えあります。またシシリアの雄大な自然も目を見張らせます。更に本物と言えば舞踏会の参加者の多くは貴族の末裔だそうです。そんな方々故か豪華な質感が伝わって来る衣装も映えています。このように全編どの場面をとっても味わい尽きせぬシーンばかりで、長いカットでこそしみじみと映画に浸る事ができます。

e0059574_1512778

元禄忠臣蔵

%E5%85%83%E7%A6%84%E5%BF%A0%E8%87%A3%E8%94%B5.jpg
 体調不良でベットに横になっていますが退屈です。ついついタブレットを開けてこんな映画を観てしまいました。
 これは怖ろしく退屈な映画かもしれません。1942年の作品であるので画面もかなり観ずらくなっています。役者の芝居も随分と鷹揚です。思い詰めたように武家言葉で語られる台詞は、音響の悪さもあり良く聞き取れません。これが御存知の忠臣蔵であるので物語に付いていけますが馴染みの無い方は途中で投げ出してしまうかもしれません。
 しかしこの巨匠溝口健二の作品にはとんでもない見所があります。この映画の制作に当たり江戸城本丸御殿の一部、松の廊下辺りを寸分違わず作り上げたそうです。さらに舞台となる赤穂城をはじめ当時の建築物の再現力は他に類をみないほどの徹底ぶりです。また室内装飾や衣装に至る充実ぶりは画面の中に引き込まれていくほどです。
 そんな興味で作品に臨んでいましたが物語が進行し主題が明確になってくるに従い作品世界にも引き込まれます。多くの忠臣蔵映画では討ち入りのクライマックスに向けて物語が進んでいきますが、ここではその討ち入りシーンすらありません。この物語にとってその行為を追うよりも、その道義を突き詰める事こそが主題となっています。
 赤穂藩が改易された後、復讐を企む赤穂藩士ではありますが、もし前藩主の弟を新しい藩主に据え、藩が再興されたならば敵討ちの大義は失われてしまいます。無念のうちに切腹して果てた主君を考えれば受け入れられぬ結末といえます。主君の無念を晴らした後に自らも死んで行くのが武士の道であると主人公である大石内蔵助訴えているようです。
 物語の終盤はこの主題をたたみかけるような展開で観るものを引き込んでいきます。ここに至っては流石は巨匠溝口健二と言うよりは無いでしょう。日本映画において数少ない重厚な作品です。

処女の泉 ベルイマン

%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3.jpg  中世の北欧、豊かな自然の中、信仰深い夫婦と純潔な一人娘に悲劇がおこります。教会へ蝋燭を届ける用を託された娘は、その道すがら出くわした男達に凌辱されて殺されます。偶然に復讐する機会を得た父親はそれを遂行しますが、娘を失った哀しみは晴れません。父親はこの悲劇をご存知であるはずの神に、その沈黙の意味を問います。そしてそれに答えるかのように、娘が殺された場所から泉が湧いてきました。
 物語はいたって簡潔です。悲劇と復讐そして救い。物語が求めたものは神の沈黙の意味なのでしょうが奇蹟が救いへと導きます。しかしこの物語の舞台が中世であればこそ奇蹟に話をもって行けます。この後のベルイマンの映画製作において同じ主題として、神の沈黙が問われていますが、現代を舞台とするならば容易に奇蹟をもって来れないと思います。
 この物語は一連のベルイマン作品のなかでの考えみるならば、今後、生涯を通じて追い求める主題の序章なのでしょうか。もしくは、神を見出だす事が現代においての困難さを、物語を中世を舞台にすることにより、逆に提示しているのかもしれません。
 こうしてこの夏は三週続けてベルイマンの作品に浸る事になりました。若い頃は難解と思えていた作家ではありますが、こうして鑑賞してみるならば随分と楽しめたと思います。幾らかは私も成長したのでしょう。
 作品の主題を考えてみるならば、どの作品も普遍的で大きなテーマです。「死について」「神の沈黙と証し」「人生の意義」これほど根本的命題に真っ向から取り組まれた作品も現代においては希かもしれません。

野イチゴ

%E9%87%8E%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4.jpg 
 先週につづき今日もベルイマンをみてまいりました。
 「野イチゴ」とは主人公の若い時分の甘酸っぱい甘美な記憶の象徴なのでしょう。
 78歳の主人公は医者であり、研究者としても実績をあげてきた人物です。その功績に対し名誉博士号が授与される事になります。その授賞式に向かう一日行程のドライブが映画の舞台となります。
 最初の予定では飛行機で向かうはずでしたが、夢を見た事により車に変更されました。夢では自身の死を予感させ、おのずと人生を振り返って思い起こす事に成りました。車で向かう途中には若い頃の思い出が残る別荘が朽ちた姿をのこしています。
 人生の中で欲しても得られなかた事。また大切にしたかったらけれど失ってしまった事。色々と沸き上がってきます。さらに、同行している息子の妻からは、自己中心的で薄情であるとなじられます。思い当たる処があるだけに、言葉が心に響きます。
 しかし主人公が単に情の薄い人間であるかといえばさにあらずです。理知的で在ろうとしたり、節度のある生き方を望んでいたりした姿勢が、得てして周囲の人々の無理解にあっていたかもしれません。
 物語の最後の辺りで、40年間も努めてくれている家政婦に、そろそろもっと打ち解けた間柄になっても良いだろうと提案します。しかしそんな望みも、今更それは無いよと拒絶されます。これは家政婦が主人公に関わってきた人々の声を代弁されているのでしょう。
 そんな主人公が、人生を静かに受け入れる事が出来るのも、野イチゴが象徴する昔の思い出が在るからでしょう。
 

第七の封印

%E7%AC%AC%E4%B8%83%E3%81%AE%E5%B0%81%E5%8D%B0.jpg
 ベルイマンは若い頃に何本か観ました。どれも取っ付きが悪く理解したとはとても言いがたい処です。しかしこれ程にも評価の高い作品群と馴染めないとは残念な気持ちはもっていました。
 今回、渋谷のユーロスペースにてベルイマンの特集が組まれるとなり、見逃すべきではないと思いました。いわば若い頃から残された宿題といった処でしょうか。
 物語は中世の北欧が舞台です。十年に及ぶ十字軍の遠征から帰国の途にあった騎士の前に死神が現れます。騎士は死神からの死への誘いを拒否します、そしてチェスの勝負に勝つ事を条件に死から免れようとします。こうして館迄の道程の折々にチェスの勝負がおこなわれて行きます。
 騎士と死神との絡みと共に描かれるのは中世の不安な世状です。人々は迫り来るペストの病渦や、キリスト教的終末感に見舞われています。宗教的情熱により十年もの戦争を体験した騎士がなおもこんな現実を前にし、神の証しを得たいと望みます。しかし物語はそんな騎士の思いとは無関係に終焉を向かえます。チェスに破れた騎士は従者や旅の道ずれと共に妻の待つ館にたどり着来ますが、やがて死神も訪れます。
 こうして色々な問題に何ら回答を出すまでもなく死神は人々を死をもたらせてしまいました。これなど実に現実的で人生の意義など模索していても死は来るべきときには唐突に訪れるものです。
 しかし、この作品の最後に死神に連れられて手を繋ぎ一列で丘を登って行くシーンに、死は単に畏忌すべきものでもなないとのメッセージがあると思います。ベルイマンは安易な結末に結びつける作風ではありませんが、このテーマの重さから救いの一項を付け加えたのでしょうか。
 古い映画ですがデジタルりマスターで画面は綺麗です。とは言え集中力を持続させなければ画面から取り残されそうになる映画です。しかし後に残る印象は鮮明に持続します。映画の終了後、 誰も居なくなった客席をふと振り返えれば、先程まで画面の中にいた死神が客席の隅に座っているような妄想が湧きあがってきます。それは物語の出来もさることながら、画面作りの見事さから強い印象が残って行くのかもしれません。
 
 

ゼロダークサーティン

da-ku.jpg
  映画、ゼロダークサーティを見て参りました。
 ロードショウ公開に間に合わなかったにで下高井戸の2番館にての鑑賞となりました。
 アメリカがオサマビンラディンを襲撃した実話の映画化です。現実に実行されて数年しか経てないにも関わらず、このような作品が登場する事に驚きがあります。しかも時事問題を扱ったセンセーショナルな話題性だけの映画でもなく、作品としても評価が高いようです。アメリカの安全保障の観点から公表出来ない問題も沢山有るかもしれませんが、よくぞこんなシナリオが書けた関心します。こんな処にもアメリカの底力があるのでしょう。
 CIAのパキスタン支局に赴任した女性分析官が何年もかけ地道な調査を積み上げる事によりビンラディンの所在を掴む話です。
 物語はテロ組織の捕虜をCIAの職員が尋問する処から始まります。尋問と言えども生半可では情報は得られずやがて拷問へとエスカレートします。テロ容疑者に対する取り扱いでは、世界中から批判を受けていたグアンタナモ収容所の実態があります。現実には至る所で同様な事が行われ、またそれに対する検証と非難は確実に起こっております。そんな声に対し為政者も無視するわけにもいかない処です。映画の流れの中でも拷問を情報収集の手段とは使えなくなってしまいます。
 しかし実際問題このような拷問を含めたテロ容疑者の取り扱いは、人権問題以前に果たして有効な手段であるのかといえば、私には大きな疑問に思えます。映画のシーンにおいてもCIAが拷問を加えるのがいかにも非情な行為として描かれていますが、所詮中途半端な生ぬるい責めでしかないのでしょう。何よりも拷問を施しているのはCIA職員、いわば公務員であるわけです。彼らは通常の市民生活の中から教育を受け試験に受かって採用されてきた人であります。またキャリアを積んで管理職ともなればワシントンでの官僚生活の可能性が待ち受ける人でもあります。
 方やテロ容疑者達の置かれている状況はそんなアメリカ人とは雲泥の差がある状況でしょう。そこには宗教的な熱狂も有るでしょうし、属する組織の非情さは西洋社会の規範から大きくそれる処にあるでしょう。言うならばCIAが行う拷問よりも信仰や組織のほうがよっぽど怖い存在であるはずです。もしかしてテロ容疑者達は拷問を受けながらも、内心はアメリカ人の生ぬるさをセセラ笑っていたかもしれません。
 かつてコッポラが「地獄の黙示録」で同様のテーマを描いているのを思い出しました。ベトナム戦争においてアメリカは西洋世界とは異質な敵と対峙します。そしてその異質さを乗り越えられず行き詰まります。物語はこの戦いに勝には西洋社会の規範の超えなくならないと信ずるカーツ大佐の狂気が主題となっていました。アメリカは対テロ戦争においてもベトナム戦争同様な問題を抱えているといえます。しかし多くの対価は支払っているだけでなく成長もしているはずです。
 映画はやがて主人公のCIA職員による地道な調査へと向かいます。それは藁の中から縫い針を探すような気の遠くなるような根気が必要とされました。さらに同僚の女性職員がテロ攻撃により死亡するにいたり、その行動は執念を帯びていきます。
 映画の終盤は、捜査の足掛かりが付くにいたり畳み掛ける展開となります。さらに所在地特定から強襲作戦にかけて結果は判っていても固唾を呑んで見入ってしまいました。
 このようにテーマは時事問題として深い処にありますが、それでいて超一級のエンターテイメントに仕上がっているのが本作であります。

グランドマスターと李小龍

%EF%BC%92%E6%9D%8E%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
 
  グランドマスター葉問(イップ マン)はブルースリー(李小龍)の師匠にあたります。ウォンカーウァイがこの映画を撮る動機はこんな処であるようです。
 私は中学生のころ「燃えよドラゴン」を観て、そのすざまじきクンフーによってすっかりブルースリーに痺れてしまいました。しかし後年になってブルースりーのクンフーの真髄は、あのド派手なアクションとは別物である事を知りました。それが今回グランドマスターの主題となっていた詠春拳であるようです。
 この武術の特徴は接近した敵に対して、主に上半身を使った攻防を行います。その際、防御と攻撃をひとつの呼吸で行います。空手等では受即攻とか交差法など表現される動きだと思います。
 その辺りを知った上で再びブルースりーを観るならば、それらしき技を使っているのが判ります。目を凝らさなければ判らない早業ですが実戦的な武術と言えるでしょう。
 映画グランドマスターにおいてはかなり詠春拳の特徴を踏まえたバイオレンスシーンを作ってはいますが、時おり現実離れしたアクロバティックな技が飛び出します。
できうるならばその辺りは封印し、真にリアルな武術シーンにすれば画期的なクンフー映画が出来上がったかもしれません。誰かそんな映画を作れませんか。
 ネットで画像を検索した処、葉問と小龍とが稽古をしているのが見つかりました。二人ともいい表情をしています。
%EF%BC%93%E6%9D%8E.jpg

グランドマスター

%EF%BC%92%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89.jpg
 映画「グランド・マスター」を観てまいりました。
 中国武術界の実在の人物を主人公とした物語です。
 1930年代から60年代にかけ戦争や内戦のなか、武術の継承や親子や男女の愛情を描いています。
 監督は香港のウォン・カーウァイ。以前には「花様年華」において1960年代の香港を舞台にし、独特の耽美な恋愛世界を描いていました。今回は主演者はトニーレオンと同じ配役ながら、功夫(クンフー)世界がモチーフです。
 香港映画といえば圧倒的にクンフーアクションのイメージがありますが、かの監督にとって初めての分野であるそうです。
 そんな独特の世界をもったウォン・カーウァイが武術の世界をどのように描くか随分と前評判のあった作品です。
 作品全体を通じての画面の特徴は対象物にぐっと近寄った描き方がされています。前半の多くは技楼が舞台として使われています。そこの着飾った女達や装飾過剰の室内をカメラはぐっと寄って捉えています。「花様年華」においても同様な画面の使いかただったとおもいます。かつてそこでは主演のマギーチャンが、これでもかと云わんばかりに腰を絞ったチャイナドレスを見事に着こなしていました。本作では技楼の女達が着ている、チャイナドレスの前身であるチーパオが現実離れした美しさがあります。もっとも本当に実在しないような代物だとおもいますが、しかし美しさは際だっています。女達の顔立ちも退廃的で危うい美しさがあります。この辺りはウォン・カーウァイ的世界の真骨頂なのでしょう。
 寄りの強い画面の中で戦われるカンフーも近接戦闘と言ってよいでしょう。
 この主人公、葉問(イップ・マン)が用いる詠春拳は、主に上半身を細かく使った接近戦を得意とする武術です。技楼の狭い空間で戦われるには相応しいかもしれません。
 方やもうひとりの主人公を演じているチャン・ツィイーが見せてくれるカンフーは八卦掌。主に手をにぎった拳とせず開いた状態で使い、観るも優美な武術です。
 このようにかなり実際のカンフーに則した内容になっていますが、この手の映画を見慣れた者にすれば者足らなさを感じるかもしれません。はっきり言ってウォン・カーウァイはバイオレンスは上手くないと言い切れるかもしれません。例えば、日本において成瀬巳喜男監督が任侠映画を撮ったらこんな感じなのかもしれません。
 しかしこの作品の見所は登場人物の表情の見事さかもしれません。主役のトニーレオンの静かな表情には、優しさや強さ、人生への哀感など複雑な感情がにじみ出ています。さらに物語の最後に見せたチャン・ツィイーのクローズアップされた中年顔から、思い通りにいかぬ人生を静かに受け止めている心情が滲みでています。そして阿片の煙りの中に身を沈める姿に悲しい安らぎがあります。
 
 
%EF%BC%91%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89.jpg

ライジング・ドラゴン

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%EF%BC%92.jpg
  ジャッキーチェンの最後のアクション映画との触れ込みでした。だからといって見に行ったわけではありませんが、小学五年の娘に誘われて行って参りました。
 ジャッキー扮する正義?のトレジャーハンターの活躍するお話です。清朝の離宮、円明園より戦乱により略奪され国外に流出した十二支の像をめぐる争奪戦がテーマになっています。
流出文化財の帰属と返還問題は、民族意識の高揚した国においては関心の集まる問題です。つい先頃、対馬の寺院より仏像が盗まれた事件がありました。これは盗難事件として扱われるべき処でしょうが、元の帰属が韓国であるとの主張がなされ、日本の持ち主の手に戻らない事態となっています。映画の中でもフランス人所有の清朝の文化財を、中国人が無理矢理持ち去ろうとする場面があります。どちらも随分と乱暴な話ではあります。
近頃、ジャッキーチェンの共産党政権に追随する発言が、香港では批判的に論じられているそうです。そんなおりの微妙なテーマの映画といえます。
しかし、突っ込み処が気になってもジャッキーチェンの活躍には目が釘付けになります。流石に全盛期にあったような肉身をすり減らすようなアクションは減り、仕掛けに凝った活劇になっています。それでも我が子は座席から身を乗り出した見入っていました。
かつて淀川長治さんが活動写真の原点はバスターキートンのドタバタ劇であり、そして現代においてその継承者はジャッキーチェンであると述べていました。まさにその通りと思いますが。しかしその継承者はとなる危ういと言えるでしょう。それは近年のCG全盛の映画からは、役者の肉体をすり減らすような活劇が観られなくなった処から感じています。

レミゼラブル

%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB.jpg 
 2月1日に訪れた映画館はおりしも割引の日にあたり満席で観ることが出来ませんでした。今日再び訪れたところ前の方の席が辛うじて空いていました。随分な人気です。アカデミー賞ノミネートに勢いずけられているかもしれません。入場者で目を引くのが年配者カップル。奥様がミュージカル好きか旦那が全共闘世代かと想像したりもしますが、やはり原作が不朽の名作の力でしょう。
 しかし、このビクトル・ユーゴーの長編を通して読みきった人はそんなにいないと思います。私にしても子供時分に少年少女世界文学全集やらの抄訳で読んだ気になっています。しかしそれも怪しくさらにダイジェスト版の名場面を読んだだけかもしれません。しかしまったく読んでいなくとも、ジャン・バルジャンの名前と、銀の燭台のくだりは誰もが知ってる話でしょう。
 そんなことを含めて全ての人に感動が伝わる作品だと思いました。
 ミュージカルなので歌で伝える場面が各所にと予想していましたが、台詞が全部歌になっていました。半分位は普通にお芝居をしてほしかったところです。しかし音楽はドラマを盛り上げて印象を強くしてくれました。驚きは出演者の歌の上手なこと。最初は本人が歌っているとは信じられませんでした。訓練の賜物なのでしょう。また役者根性もすごいですね。
 少し気になったのはジャン・バルジャンが男前過ぎかと。出来るならジャベール役と交代して逆のキャストも面白そうかと思ってもみました。