カテゴリー別アーカイブ: 読書

司馬遼太郎「街道をゆく 台湾紀行」

618iziPPtuL._AA324_PIkin4,BottomRight,-45,22_AA346_SH20_OU09_
台湾繋がりで読んでみました。
司馬遼太郎は十代から二十代にかけて熱心に読みましたが、いまは新作も出ない事もありご無沙汰です。しかしこのての随筆は読みこぼしも幾らかあるようでなにかの折に見つけます。これもそんな一冊でした。
大まかな脈略 はありますが唐突に始まる話題もあります。そうして並べられた具体的な話題が著者の台湾感を浮かび上がらせていいきます。
その中で認識を新たにした事のひとつに李登輝を台湾のトップへと導いたのが蒋経国であった事。今までの台湾を政治を支配していた外省人(国民党と共に日本の敗戦後に台湾に入った人々)から、初めて内省人(日本統治時代からの台湾人)である李登輝が国民党総統になる事により民主化の端緒なりました。
また明治政府の台湾統治はその当初において相当激しい武力抵抗に見舞われた事実。後の成果を考えれば明治人の行った統治政策の努力が偲べます。
久々の司馬遼太郎でしたがこの街道シリーズは著者のエッセンスが味わえると思いました。今からこの作家の長編小説は冗長な感もあり読む気がありません。その辺りで考えてみるならばこの作家の膨大な作品群のなかで「街道をゆく」シリーズは今後も最も読み次がれていくのではないでしょうか。

邱永漢「香港、濁水奚」

41Dn5nq30vL._AA324_PIkin4,BottomRight,-47,22_AA346_SH20_OU09_
邱永漢の著書は「食は広州に在り」「象牙の箸」をはじめとする食物誌は何冊か読んでいました。しかしビジネス物の著作数は圧倒的ですが興味がもてませんでした。読んでいたならばもう少し商売も上手かもしれません。
今回この一冊に興味をもったのは台湾や香港絡みでした。最近大きな賞をとった在日台湾人の小説に物足らなさを感じ、シナ人の話、とりわけ中国本土以外の華人の世界を覗きたくなりました。
この一冊におさめられた2篇の小説は互いに関連しており、時系列的には「濁水奚」が先の物語ですが「香港」が巻頭にあります。
最初の話「香港」は台湾において政治犯として指名手配された主人公が香港に逃れその地で生きる道を模索する日々が描かれています。1950年代初頭の香港は中華人民共和国の成立により多くの人が流れ込み、生存競争の熾烈な社会となっていました。そんな状況に主人公は同じような境遇な人々と交わりながら、色々な試みを行いますがその都度挫折をあじわいます。やがて詐欺まがいな商売を手伝わされ一応の金は手にしましたが、先行きは不透明な状態です。物語はそんな不安感が漂うまま終わってしまいます。
「濁流奚」は太平洋戦争末期から終戦後、日本と台湾を舞台に著者の自伝的な物語となっています。台湾人の主人公は東京の大学で学びながらもシナ人としてのアイディンティティと日本に統治されている台湾の現状に悩みます。しかし日本の敗戦に伴い台湾に進出してきた中国国民党の腐敗した体質に絶望します。やがて国民党による政治弾圧が始まり主人公の身も危険となり香港に向かう事になります。
初めて読んだ邱永漢の小説に今まで持っていた著者へのイメージとは異なる処を得ました。シナ人としてのアイディンティティと現実の非情な政治情勢、さらに民族や国家の在り方にたいし答えがだせず煩悶せざるえない自身。この辺りから氏がより確かな現実としての経済活動に自らの軸足を移していったと考えてみました。

謎の独立国家ソマリランド

%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89.jpg
「ソマリランド」ソマリアではないのか。
ソマリアで思い浮かべるのは、かつては映画「ブラックホークダウン」で描かれた首都モガデッシオの市街戦。最近では紅海を跋扈する海賊の恐怖。それらが代表するような無秩序で暴力支配する一帯です。
そんな場所にこのところ10年の間の平和を維持している地域があるそうです。しかも民主的な選挙が行われ、政権交代が平和理に行われています。しかし国際的には国として認知されていないません。いきなり謎が噴出しそれを確認せざるえない衝動にかられて読むにいたりました。
著者は早稲田の探検部出身のフリージャーナリストで長年アジアやアフリカのレポートしています。著者も「ソマリランド」の謎の検証をするべくその地を訪れ、本書はその探訪記です。
ソマリアの北部3割程、旧イギリスの統治下にあった所がソマリランドと称されるようです。元々ソマリ人の居住地域の多くの場所はイタリアに統治されていたので、独立国家として成立する際にまとめてソマリアとなったそうです。旧イギリス領は同じソマリ民族であるのでソマリアに属してはいましたが、今は独自に政府機能があり「ソマリランド」と称しています。納得です。
さてそんなソマリアも南部は豊かではありますが未だ収拾の取れない状態であります。しかしその反面北部は決して豊かな地域ではりませんが治安は安定しています。それをなし得たのは氏族の長老会議による調停力であったようです。
アフリカを考える折りに国民国家として捉えるよりも部族社会を念頭に述べられております。しかし厳密には部族というよりも氏族として捉えればその理解が早いようです。それは血族を元に系譜が作られ、本家筋を柱に分家が広がりつつもまとまりを構成しています。その氏族社会の実相はなかなか外国人には捉えがい処ですが著者の日本の武士の系譜を例えでかなり伝わり易くなっています。さらに全体を通しての軽妙な語り口と比喩は長丁場を読み通す力となっています。例えば、南部ソマリアの無秩序を「リアル北斗の拳状態」などい言えて妙でしょう。

空也上人がいた 原作山田太一 作画 新井英樹

img.jpg
友達に薦められ読んでみました。
81歳の要介護老人、27歳の元介護施設職員、47歳の女性介護プランナー。三者共に打ち消しがたい過去や打開出来ない現状にあります。
老人は人生の終焉を模索しながらも性への意識を保っています。
若者は仕事の挫折感にとらわれながら生を模索している。
中年の女性は仕事に追われつつも自分の人生の隙間を感じています。
物語は介護プランナーから老人宅への在宅介護を依頼されて始まります。そして老人からの謎めいた要望に応えていくうちにそれぞれの問題が鮮明になっていきます。
そして物語は老人の棺を前にしての青年と中年女性による性行為に至り終演します。
この奇異な結末は粗筋だけではグロテスクにも感じますが、読後感には爽やかなカタルシスがあります。
作画の新井英樹氏は「宮本から君へ」で世に出た漫画家です。人間のあらゆる営みを生々しく表現し多くの読者の共感を獲ている作家です。後書きの対談にありましたが、この作品においてはいささか表現はおさえているそうですが、それでも新井英樹氏ならでは世界です。
えてして 表現があからさまで生々しくあれば、受け手においても羞恥心や嫌悪感を催す事もあります。しかしその辺りを力を抜いて受け入れてみればより作品世界に共感できるでしょう。
先月に出版されたばかりですが、これから評判も高まりそうです。そうであれば映画化なども話があがるでしょう。そこで私なりにキャストを考えてみました。
老人には是非とも山崎努氏にお願いしたいところです。若者には嵐の二宮君辺りで集客を上げてもらいます。中年女性役は私の好みで風吹ジュンとしていただきたい処です。

テレビに映る中国の97%は嘘である

%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%98%98.jpg 
 中国取材のベテランテレビ記者によるレポートです。
 題名からなにか目新しい事実でもと期待しましたが、その辺りの興味を満足はさせてくれません。しかし取材現場の生々しさはよく伝わって来ました。
 なかでも2012年の尖閣諸島の国有化を端を発した反日デモの取材模様は普段の報道とは異なる視点を与えてくれました。
 一概に反日デモといえども一様ではなく、何処まで仕組まれた運動か。また起こっているデモを当局が何れぐらいコントロール出来ているか。また利用できるか、様々な実態と憶測が交差し、全貌の見えにくさが伝わってきます。
 こんなレポートを読むと思い起こされてきたのは、清朝末期に起こった義和団の乱です。これは宗教的情熱を起爆剤にした外国排斥運動です。これを煽ったり規制して利用したのが清朝の中枢、もっぱら西太后であろうとされます。時を経ても根っこの部分は変わってないのでしょう。

日本の路地を旅する

%E8%B7%AF%E5%9C%B0%EF%BC%92.jpg
%E8%A2%AB%E5%B7%AE%E5%88%A5%EF%BC%92.jpg 
 路地とは彼差別部落のことです。通称、部落と呼ばれるこの集落は日本各地に今もあります。この部落出身の著者が訪ね歩いたルポルタージュです。大宅壮一賞を受賞したとあります。
 今、この彼差別部落といっても実感をもって認識しているのは私達50台以上の人達でしょう。私の義務教育の時代がその同和教育のもっとも盛んな時代だったかもしれません。記憶にあるのは中学校から引率されて映画”橋のない川”を見に行った事です。
 しかし差別のない社会を作る目的の同和教育も部落を知る事にはなったと思えません。。私がもっとも彼差別部落に関する知識を得たのは、白土三平氏のマンガ”カムイ伝”によってです。しかしそれは江戸時代の身分制度においての話です。現代においては制度としては取り払われたものの実態としては残る部落問題の実態は不透明な領域でした。
 そんな見えにくい彼差別部落の情景を自然な目線で見させてくれるのがこの著書です。
 部落といってもその成り立ちから、現在の職能の実態も様々のようです。例えば家畜類の死後の処理から端を発し、現在において屠畜業から精肉業へのつながり。また動物の皮処理から、武具生産から現代においての皮革製造業への流れなど。それらの今を住んでいる人達へのインタビューで紡いでいきます。
 とかく政治や地方行政や社会問題として切り込んでいっても見えずらい部落問題も、こんなフラットな視線で捉えると理解が深まると思います。
 そんな著者のもう一冊は食べ物から彼差別民の実像に迫った作品です。取材対象は日本に止まらず、南北アメリカの黒人を初めにネパール不可触民、またヨーロッパや中近東のかつてジプシーと呼ばれていたロマまでです。著者はこれら彼差別民独特の料理を現地に赴き食べてレポートしてくれています。
 驚きの事実としてフライドチキンが南部の黒人の食べ物であった事です。また読んでいて食べたくなったのはブラジルのフェジョアーダ。豚のホルモンと豆の煮込みです。ブラジルの庶民料理として日本でも食べさせる所がありそうです。
 日本では牛の腸をカラカラに揚げた”油カス”がそんな食べ物のひとつだそうです。関西ではこれを刻み入れた”カスうどん”がけっこうな人気です。近くでは中目黒にこれを食べさせる店ありましたが、今は違う店になっています。私はけっこう好きでよく夜食でいただきました。
 

「アメリカは日本経済の復活を知っている」

%E6%B5%9C%E7%94%B0%E5%AE%8F%E4%B8%80.jpg 
 
 多くの書評で取り上げられております。また安倍政権の経済政策に根拠を与える内容で大変なベストセラーになっております。
 アメリカ在住の経済学の泰斗による警世の書といえるかもしれません。色々と目を開かせてもらえました。
 まず日本銀行が斯くまで独立性が保証されているとは知らぬところでした。
 またその日銀が行いうる金融政策が今の日本の経済を好転させる為に最も有効であることが説明されています。デフレと円高に苦しめられている日本経済は、金融緩和によりたちどころに改善される。それは政府が行う財政政策よりも効果が見込まれると述べてあります。しかし明らかに効果があるであろう金融緩和政策が今の日銀の首脳部にその認識がないため行われない。
 この金融政策の有効性は近代の経済学の積み重ねのなかの動かざる定説にもとずくものであると説明されております。それを行わない日本の特異性をアメリカの経済学界の中枢にいる著者が訴えているのが本書の柱といえます。
 問題は有効な手段をもつ日銀がその独立性にある。一旦首脳部がきまれば政府及び一般国民のコントロールの外におかれることにあるようです。日銀法そのものを改正しなくてはいけないと言う議論も生まれてきております。
 そんななか日銀の白川総裁の任期終了直前の辞任がニュースで流されました。この一件は色々なことが取り沙汰される問題でしょうが、事態が加速する事は確かでしょう。今後の日銀人事はこれから数年の日本のの方向性が見えてくる大事な問題です。
 

活字メディア

IMG_2253.JPG
料理批評が世の耳目を集めるようになったのは山本益博氏の登場によるところ大きいと思います。東京味のグランプリは料理のジャンル分けし星印で評価を加えた、ミシュランの日本版と言ったところでしょう。1985年の発行当時とすれば目新しい企画と思えます。洋食から寿司・天ぷら・蕎麦ときてラーメンまで東京の有名店を網羅してありました。たんたん亭も星を一ついただき、従業員としてとても誇らしい気持ちでした。
 この本の案内をもとに休日となるとラーメンの食べ歩きに勤しみ、随分と勉強になったと思えます。いまならインターネットもありグルメ情報誌も数あり溢れんばかりの情報は店の選択に迷いもでるところです。当時の限られた情報はある意味厳選されたところといえあまハズレの店も少なかったようです。
 山本益博氏は落語の評論から文筆業に入られた方です。そのため料理批評に際しても演芸を語る同じ切り口をもって述べられところが斬新と言えるでしょう。料理人の仕事を評価する際、落語家の誰それと同じく天才肌であるとか、又誰それに模して堅実で破綻がないとか、落語を知らない私であってもなぜか納得えたところです。
 このように料理批評に新機軸を打ち出し、この分野の寵児となった感がありますが、難しいところもあるようです。語り口が大胆で世上を厭わぬ所もあり氏に対する反感も多くあります。また多くのお得意を抱えた名店も容赦なく批判する姿勢に随分と嫌われてもいるそうです。逆にその辺りに喝采を覚える人達も数多くいるそうです。
 料理批評の成り立ちに最も大きな障害となっているのは胃袋の大きさには限界があることでしょう。中でもラーメンは対象となる店が多い上、その価格の低さから容易に食べ歩きの機会が得られやすく、ともすると一般の方も多くの店を食べ比べ、一家言を持つ人も多く現れています。最近のネット上のラーメン食べ歩きブログなどをみればけっこうな数のブロガーがいらっしゃるようです。それらを凌駕していくことは容易なことではないでしょう。
 ここのところ山本益弘氏のラーメン批評を目にしないのはこのあたり事情もあるのでしょうか。

食物誌

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%8C%B6%20156.jpg
 「何か 本を読みたい・・・・・」と 従業員に言われ それならばと 食に携わるものとしてぜひとも抑えておきたい食物誌をいくつかあげてみました。
 「壇流クッキング」 壇 一雄(著) まさか自分が飲食業に携わるとは 夢にも思わなかった二十歳ごろ読んだ本です。この本が並みの料理本と一線を隔する点は 徹底した数値化を廃しているころといわれています それと無い材料は代用品か また無いままですましていたりします。しかしながら それがかえってその料理の特色をうきあがらせていたり、また個々の素材・調味料のもつ意味や調理手順の必然性を雄弁に語る下地となっています。採り上げられている料理は日本の家庭料理に始まり 洋食・中華また今で言えばエスニック料理まで裾野が広く 私の料理に対する視野が随分とひろがりました。なかでも朝鮮料理・内臓料理に対する記述には 著者の彼の地への愛情ある思い入れとともに新しい料理世界を垣間見せてもらいました。
 「食は広州に在り」 邱 永漢(著) たんたん亭にて調理人人生を始めた二十八歳ごろ読んだ本です。中華世界の故事来歴、著者の生活体験、 社会風潮などを「食」をとおして論じています。中国人の生活における「食」のしめる大きさ それゆえの探究心を知ることができました。
 両書とも四十年以上前に書かれたものですが、いまでも版を重ねており文庫でてがるに読むことができます。時を経て食事情が変わってきた今日においても読みつがれている両書は 食物誌における古典といえるでしょう。