カテゴリー別アーカイブ: 美術

下目黒日録1月26日

画家の松島純様から個展の案内をいただきました。今月29日より表参道ヒルズにて行われるそうです。
昨年の10月にも銀座の万画廊にて個展があり行ってまいりました。その折の事をブログにアップ準備をしていましたが未投稿でした。
この機会に投稿しておきます。
今回の個展にも必ず行かせていただきます。

1453828760973
こちらの作家はかづ屋のお客様です、ひょんな御縁から画家であると知り、個展のご案内をいただきました。
作品は多くは舞踏をモチーフとしています。バレエからタップダンスまたはコンテンポラリーダンス、画面から流れるような動きが伝わってきます。
小さく描かれた顔が無ければ抽象絵画のようです。繊細でスピード感のある筆使いによって描かれた幾筋もの線は音楽を奏でているようです。そのいく筋もの線が様々に流れる様子にジャクソンポロックを連想しますがそれより親しみがもてます。
下地を塗らずキャンバスに直接に線が描かれている作品の奥から柔らかな光を感じます。
今回注目したのは三枚で連作のように並べられた作品です。それぞれ単体として描かれたそうですが、並べられれば一風変わった感じがします。それは美術において古典的モチーフである三美神を思わせて実に味わい深く観る事ができました。

甦るバロックの画家グエルチーノ展@西洋美術館

グエルチーノ
《聖母被昇天》1622年頃

久し振りに美術館へ、新国立美術館にフェルメールでもと思いもしましたが、混雑が予想されるので気乗りせず、そこで上野方面に向かう事にしました。西洋美術館前を通りすがれば、「甦るバロックの画家グエルチーノ展」が目に入り、人の入りも少なそうなので観てみる事にしました。
17世紀のイタリアで活躍し、近年に至って評価が甦ってきているそうです。バロックといえばルーベンスやレンブラント、イタリアではカラバッジョなどが馴染みがありますがこの画家は初めてです。
絵のテーマのほとんどは聖書と神話からで、登場人物も大体決まっています。しかし作品の中の人物はみな生き生きと表情豊かに描かれています。色調が押さえられているので落ち着いた佇まいですが、伝えんとする処には激情があります。会場全体の照明が押さえられているのでそんな絵画世界にしっかりと浸れました。
今日はたまたまではありましたが、バロックの奥座敷を覗かせてもらったようです。

菱田春草展@近代美術館

Kuroki_Neko_by_Hishida_Shunso.jpg
この黒猫は日本の近代を具現化した作品であるそうです。
成る程、琳派の流れを感じさせる樹木と、毛並みの感触が生々しいリアルな黒猫。伝統の積み重ねの上にある新しい現在。明治なる時代の実相かもしれません。
こんな一枚を前にしての、”可愛い猫ちゃん”などと囁き声が聞こえてくるような会場の雰囲気です。平日の昼過ぎでもあり御婦人方が圧倒的多数を占めて盛況の企画展です。
菱田春草は37歳の若さでこの世を去ったため、作品の数もかぎられます。その為今回の企画展では主要作品が勢揃いし、その画業の全貌が明らかにされています。
明治の日本画、中でも岡倉天心門下の作家が好きな私にすれば見逃せない処です。
今回出品の作品の半分程は既に観た作品ですが初見の作品と同様な新鮮な感動もあります。そのなかで印象深かったのは、新しい試みに果敢に取り組んでいた処です。例えば朦朧体と呼ばれた輪郭線を無くした風景画など、これは印象派ではと思われる作品もあります。印象派が主に光の揺らめきを捉えてもいたとすれば、朦朧体は水蒸気に揺らぐ樹木が迫ってきます。この湿潤な日本の風土を見事に表すとともに、日本人の心証まで伝わってきます。
印象的な解説に、晩年の横山大観が世の賛辞を受ける度に、自分より春草君が上であると述べていたそうです。若き日にこんな天才と交わりそして夭逝されたならば、大観にとって終生頭から離れぬ存在であったでしょう。そしてそれは大観の膨大な作品に大きな影響を与えているとおもいます。いわば大観の作品の中に春草は生きているのかもしれません。

ウフィツィ美術館展@東京都美術館

%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%A8.jpg 十代の初めからボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や「プリマヴェーラ」を画集を通じて親しんできました。35年ほど前にフィレンツェに行きましたが見逃しています。やはり現地に向かわねばこの手の作品の観賞は無理かもしれません。
そんな状況故にこのような企画展に大した期待はかけませんが、ルネサンスの片鱗にでも触れられたらと思いました。
そのなかでこのボッティチェリの「パラスとケンタウロス」見応えのある作品でした。
私的にはギリシャ神話からの主題には深く入り込めませんが、見所はパラス像に表された女性の表情です。代表作のヴィーナスや女神にしろ、この作家が描く女性は物憂げな瞳を持っています。それはこの作家の実生活の中で特定される女性のものなのでしょうか。
そんな想像をしていたら、ずいぶん前に読みかけのままの辻邦生の「春の戴冠」なる小説を思い出しました。ボッティチェリを主人公にしたこの作品にはたぶんこの辺りも主題となっていると思われます。そこで電子書籍ではと思い立ち早速購入して読み始めました。しかし冗長な語り口に全4巻なる長編である事から、たぶん今回も途中までしか読まないでしょう。ならば適当な美術解説書にでも当たったほうが良いかもしれません。

オルセー美術館展 国立新美術館

%E3%83%9E%E3%83%8D%EF%BC%91.jpg
充実の企画展です。
 日本的に考えれば国宝に値する作品が何点もあります。
 マネ 笛を吹く少年
 ミレー 晩鐘
 セザンヌ 首吊りの家
 モネ サンセザール駅
 モネの笛を吹く少年は、スペイン旅行の後にベラスケスからの影響が強いと解説にあります。作品を近くで観れば、笛の筒の質感をもたらしている光沢や、赤いズボンのシワに残る筆触にそれらしさが解ります。
%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%81%AE%E6%9C%A8.jpg
 私にとってこのルノアールの作品「イギリス種の梨木」一番の収穫でした。揺らめく陽光の中で鮮やかな緑が印象的で、つい観入ってしまいました。
 個人所蔵が長かったこの作品は複製として出回る機会もなく、長く無名であったようです。
 ルノアールは人物画に注目が集まりがちですが、こんな素晴らしい風景画もあります。昨年、三菱三号館にてヴェネチアを描いた作品も観ましたが今回同様の感想をもちました。
1814%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%81%A0%E5%BE%81.jpg
 美術作品として紹介されるよりも、歴史書の挿し絵的に使われる作品です。
 私は今日まで勘違いしていましたが、これはロシア戦没におけるモスクワ撤退の図ではないようです。題名は「1814年フランス戦没」とありロシア戦没の後の反仏同盟を迎え撃つフランス国内における戦いを描いているようです
 これから先エルバ島へ流刑になる暗い結末を予感させる作品です。
 さして大きくない画面にナポレオンの内面まで浮かび上がらせたて描かれてます。さらに付き従う幕僚達の帽子が不揃いに起立し軍団全体の疲労を感じさせます。また足元を見れば、雪と泥が混ざった轍が幾重にもにあります。戦いの困難さが伝わってきます。
 私にとって思い入れの強い鑑賞となりました。

東京国立博物館 尾形光琳 風神雷神屏風図

%E5%B0%BE%E5%BD%A2%E5%85%89%E7%90%B3%E3%80%80%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E5%B1%8F%E9%A2%A8.jpg 模写と言えども琳派の巨匠であれば単なるコピーの域を越えています。宗達の作品を観ていなけえばこれはこれがオリジナルと認めるかもしれません。
 今同時に見る状況ともなればどうしても宗達との比較になりますが、優劣を考えるよりもそれぞれの個性を味わうべきでしょう。
 装飾性の観点ならば光琳作は際立っています色彩の明瞭さ、配置の簡潔さは馴染み易さがあります。そんな処に描かれた神々に神秘性が薄くより身近な存在を感じさせてくれます。この判り易さや親しみ易さから作品をさらりと見るきらいがあります。それを考えれば宗達の作品の前に佇む時間の方が長かった気がします。この辺りに国宝と重文の差異を見出だすかもしれません。しかし記憶の中ではそれぞれの個性が鮮明に留まっています。又、再び鑑賞する機会を望む気持ちが両作品共にあります。

東京国立博物館特別展「栄西と建仁寺」風神雷神屏風図

%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E5%9B%B3%EF%BC%93.jpg
 国宝の日本画において最も有名な作品ではないでしょうか。モチーフの面白さに親しみが持て、また意匠の斬新さに一目で印象が残る作品です。 本物を間近で観ると筆触の強さが良くわかります。またカラフルな色ずかいですが、個々の色に自然な風合いがあります。たらしこみの技法でえがかれた雲にリアリティーがあります。どれも本物に接してこそ伝わってきます。
 この俵屋宗達と言えばかづ屋の龍です。以前の店舗では外壁に模写して描かれていました。今はコピーを転写して入り口の上部を飾っています。ワシントンのフーリエ美術館の所蔵の作品ですが日本にあればおそらく国宝でしょう。龍は水墨画ですが同様なたらしこみの技法で沸き上がる雲が描かれています。
 この作品は特別展における目玉として展示されています。また本館においては当館所蔵の尾形光琳の風神雷神屏風図も展示されています。琳派の二大巨匠の同じ題目の作品が同時に観られるのは希有な事です。

伝藤原光能像@東京国立博物館

250px-Fujiwara_no_Mitsuyoshi.jpg 
 京都は神護寺所蔵の肖像画3幅はどれも国宝とされる名作です。先だって伝頼朝像の江戸時代における模写を観賞しました。本日は伝藤原光能像が展示されていました。これは国宝指定の本物です。
 隣の展示室では模写の3幅が仲良く並んでいます。伝藤原光能像は本物が隣室にあるので比べて見るのも実に興味深い試みです。たしかに江戸時代の模写は保存がよく色や線が明瞭です。しかし本物はなんといっても人物の表情に深みを感じます。やはりその辺りが肖像画にとってもっとも重要な部分なのでしょう。
 伝頼朝像もそうですが従来の伝承から新説がとって代わりそうな今日です。
 伝源頼朝像は足利尊氏の弟の直義。伝平重盛像が足利尊氏。伝藤原光能像が尊氏の子の足利義詮と各々描かれた人物ではないかとされています。この新説で眺めてみるのも実に感慨深い処です。江戸時代における尊皇思想の高まりと共にに悪漢扱いの足利氏の面々ではありますが、実はこんなに立派な表情していたと想像するのも愉しい事です。

伝源頼朝像(模本)冷泉為恭模19世紀 東京国立博物館

%E9%A0%BC%E6%9C%9D.jpg
 
 
 美術の教科書よりも歴史の教科書に登場機会が多いかもしれません。しかし日本画の肖像画においては屈指の名画であるそうです。以前から実物と観たいと望んでいたのですが此方にあるのは江戸時代の模写であるそうです。本物は京都博物館に収蔵とありました。しかしそれでも随分と立派な作品に映ります。
 しかし近年この作品の伝承に疑わしい点が幾つか出てきているそうです。まずは描かれた人物は源頼朝ではなく足利尊氏の弟の足利直義である。また作者も藤原孝信ではないようです。論拠をさらりと読んでみればなるほど説得力もあります。
 しかし正確には誰であろうと、鎌倉から室町にかけての威厳のある武家像であることには違いありません。当時の日本男子の最も良質な特性をイメージ出来る作品と言ってよいでしょう。