カテゴリー別アーカイブ: 忘年会

世界システム論

例年であれば忘年会の画像をブログにあげていますが残念ですが今年はありません。年明けに条件が整えば新年会といきたいですがはたしてどうなるかです。
今年は世界中がコロナ禍にあり、あらゆる地点から様々な困難が伝えられています。我々の飲食業では度重なる営業時間短縮要請は業界全体を暗くしています。
しかしかづ屋においてはその影響は世間全般にくらべ軽微です。それは何よりもお客様に助けられているなと考えています。
そんな年にも関わらず私的には思わぬゆとりの時間がとれて、それを読書に充てる事ができたのが収穫でありました。
なかでも世界史を読もうと思い立ち、最初は無計画に読み進んでいましたが、やがてウォーラーステインの世界システム論に行き当たり、新たな地平に立てた感を獲ました。
世界システム論とは、近代世界の成り立ちを、一国の成長が世界に波及していった視点ではなく、世界全体のシステムが近代を成立させたとする論考であります。例えばイギリスが産業革命の成果により近代化し世界中にその覇権を広げたのではなく、世界中がシステムとして機能してイギリスの産業革命が成立し覇権を確立したと考えます。
このような世界史の論考は現代の諸問題を理解するうえでのおおきな役割になっています。さらにその諸問題の解決のヒントが見いだせる可能性を秘めています。
今年はこの世界システム論の概説書を幾つか読む事ができました。来年にはいよいよウォーランステインの著作へはいって行こうと考えています。
41A4RDMJARL._SX319_BO1,204,203,200_

2019年の忘年会

DSC_1341
今年も12月30日は仕事納めと忘年会です。目黒の焼き肉屋で全員集合となりました。
思い返せばブログを始めて以来欠かさず忘年会は取り上げています。それをカテゴリーでまとめてみればかづ屋のメンバーの変遷が一望できます。面白そうなので近いうちに行います。

忘年会

_20190101_003402
30日の夜は一年の締めくくり忘年会を行いまた。
昨年と少しメンバーは変わりましたが充実はしています。
新しい年はそれぞれの目標に向かいつつ全体の向上に繋がるように励んでいきたいと考えています。
また次回の忘年会には新たな仲間が加わっていれば良いかなとも思っています。

忘年会

DSC_0917

元旦からの営業が忙しく、恒例の忘年会の報告が遅れました。
今回は叙々苑目黒店にて行いました。
数年前からすれば随分とこじんまりとした忘年会ですが、これはこれで充実しています。
料理も美味しく和やかな宴でした。

下目黒日録 12月31日

毎年この大晦日は年に一度の休業日です。
元々元旦から3日まで4日間の休みをとっていましたが、この界隈の正月の人の出の多さを考えて昼間だけの営業をはじめました。とはいえども大晦日は蕎麦の日のようで特別に開けるほどではないとお休みとなりました。
営業を休んではいますが、私のここ何年来の大晦日の仕事となっている店の床洗いとワックスがけを行いました。明日は輝いた床で営業がはじめられます。

昨日は早じまいとし恒例の忘年会でした。毎年その模様をこのブログに表していましたが今回は写真を撮るのを忘れてしまい文章だけの報告となります。
今年はスタッフのひとりが体調不良で欠席。ゲストは”支那ソバ 小むろ”の小室君。あと、独立していった元従業員にも声をかけましたがスケジュールが合わず。年末は店を開けているところが多いようです。忘年会で皆を誘うよりも3日辺りで新年会を催せば集まりもよいでしょう。かづ屋の同窓会も楽しいかもしれません。

下目黒日録 12月30日

1451488872349

本年の営業は今日までです。
そして例年のとおり掃除を終えて忘年会となりました。
今回は嬉しいことに小室君も参加してくれました。
彼の店も開業し一年を経過しましたが、私が予想していたとおりの成果が現れています。地元に受け入れられ、メディアに取り上げられられ、それが売上に結び付いています。
本人は不安もあったでしょが、私は五反田店の店長を務めた実績は当然この結果を生むと信じていました。
さてこうなれば次の段階への模索も始まり従業員を雇うのも視野に入ってきます。
そんな話題に本日出席した従業員は興味津々といった処でした。

下目黒日録 12月30日

%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A2014.jpg
今年の忘年会は目黒の焼肉屋の本牧亭で行いました。
五反田店の閉店にともない参加者も従来より半数ほどになって、より親密な会となると予想していました。しかし焼肉は肉を焼く作業が忙しく、又食べ頃も逃したくもなく、話は二の次の感もあります。話の材料も幾つかは有りましたが、どれも不十分となってしまいました 。
そんな処で今後はこの様な集まりに焼肉屋は使わないと心に決めた一夜となりました。

下目黒日録 12月30日

bo-nenn.JPG
 毎年30日は営業は夕方までとし、大掃除と忘年会が行われます。
 一年の汚れを落とす掃除も暮れに入ると徐々にに進められていますので、今日は営業中に出来ない場所を重点的に行います。私は大した貢献は出来ませんが、床洗いとワックス掛けは一人で責任を持ちます。この作業に入ると、かつて二十歳の頃のアルバイトを思い出します。持続力こそ当時程はありませんが、モップを掛けるホームはしっかりと身体が覚えています。
 
 毎年忘年会は中華料理店を私が手配しますが、今年は趣向を変えて武藤店長に仕切ってもらいました。選ばれた場所は目黒駅に近い居酒屋「北海道」。雰囲気がいつもと違いくだけた所なので、私の年末の訓辞めいた話も無く飲み食いをとなりました。考えてみれば畏まって一席ぶってもどれだけ伝わっているか自信がありません。ならばこんなのも有りかと思います。
%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%91.JPG

下目黒日録 12月30日

%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%91.JPG
 かづ屋の営業は年内は本日までとなりました。
 大掃除を終えたのちに忘年会を行いました。
 
%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%92.JPG
 ここのところ毎年、目黒駅前の中華料理屋「美寿々」さんで行っていましたが閉店してしまったので、今年は適当に居酒屋でもと安易に考えていました。またなかには気乗りしない従業員もいないではなさそうだし、そんなに意気込まなくともと思ってもいました。しかし武藤店長から今までのスタンスを変えないでほしいとの要望があり、さらに今のスタッフには忘年会に消極的なものはいないとの報告もありました。
 それではと考え、高い料理技術のご主人がいらっしゃる学芸大学は目黒通り沿いにある「楽園菜館」にて行うことになりました。
%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%93.JPG
 忘年会では私からの一年間の総評から始まります。
 今年は店全体も個々人も成長が目に見える一年と特徴づけました。なかでも若者達は目を見張るものがあります。また五反田店においては夏場の劣勢を跳ね返すべ、く秋に入っての売り上げ増加はやっとこの場所らしい活気が見えてきたといえます。
 この調子ならば明くる年はもっと良い結果がでると思えます。
%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%94.JPG
%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A%EF%BC%96.JPG