カテゴリー別アーカイブ: 店の運営

武藤店長の復帰

%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%20282.jpg
一昨年9月に退職した武藤店長がこの6月をもってかづ屋に戻ってきました。
退職時には独立開業を目指して準備をしておりましたが、一旦計画を白紙に戻し、再び目黒店の店長として働くこととなりました。
彼の開業は私も心待ちにしていましたが残念です。
洒落にならぬ話ではあるのですが、彼は小麦アレルギーという体質をもっております。日常生活や通常の業務には差し障り無い症状ではありますが、けっして無理が利く体質とは言えません。独立開業すれば自分自身しか頼るところがありません。体力に不安をのこしたまま開業に踏み出すことは賢明とは言い難いところです。
しかしながら将来において、体質改善なり治療法の確立なり独立の道が開ける可能性があります。その時はまた仕切り直せば良いかと思っております。
しかしながらかづ屋の立場で考えるならば、彼の復帰は歓迎すべきところです。
武藤店長が入店したのが平成6年、最初は夜のアルバイトからのスタートでした。平成12年から店長を勤めてもらい、店の業務を取り仕切ってもらっています。
武藤店長からすれば、はやし丸の林君、なかじまの中島君、しなてつの吉次君らはみな後輩にあたり、ともに彼のもとで働いてきた仲間です。そしてその仕事ぶりからみなの尊敬と信頼を得るに至っています。。
技量的にみれば麺揚げの技術は特筆のものがあり、かづ屋において第一人者といえると思われます。それは私を含めての話であり、数年前辺りからその熟練は目を見張るものがありました。
また業界を見渡しても彼ほどの平笊の使い手はいないのではと思うところがあります。
そんな彼を表して「たんたん亭系第三世代のエース」と言えるかもしれません。
今後の活躍がきたいされます。

かづ屋の新しい龍

017%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
お気ずきの方もいらっしゃると思いますが、かづ屋の新しい龍は店の入り口の上に描かれいます。
かつての龍は俵屋宗達の雲龍図屏風を友人に模写してもらったものでした。
今回は複製画をコピーして貼り付け内側から照明をつけてみました。
昼間はあまり目立たないようですが、暗くなると結構映えるようです。
原画は屏風絵で暗雲たなびく波間に二頭の龍が合い対するようにえがかれています。旧店舗では向かって右側の龍が入り口を飾っていましたが、今回は左側の龍を配してみました。
本物の屏風図はワシントンのフリヤ美術館に所蔵されています。もし日本にあれば国宝であろうと言われております。現在、門外不出の作品となっているそうで、できれば里帰り展示会が開催されれば喜ばしいのですが。
%E4%BF%B5%E5%B1%8B%E5%AE%97%E9%81%94%E3%80%80%E9%9B%B2%E9%BE%8D%E5%9B%B3%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E3%80%80%E5%B7%A6%E9%9A%BB.jpg
23年前独立開業の準備を進める中、店の外壁に龍を描こうと思い立ち、図書館をめぐりをしたことが思い返されます。当時はインターネットなどなく時間をかけ足をつかって探さなくてはなりませんでした。
そして多くの龍の図を見た中でこの作品を選び、友人に依頼して模写をしてしてもらいました。
店は移動してもこの思い入れの強い龍は欠かせないそんざいです。
%E4%BF%B5%E5%B1%8B%E5%AE%97%E9%81%94%E3%80%80%E9%9B%B2%E9%BE%8D%E5%9B%B3%E5%B1%8F%E9%A2%A8%E3%80%80%E5%8F%B3%E9%9A%BB.jpg

新店舗の開店

2月17日新店舗がオープンしました。
みんながいろんな思いを託したスタートといえるかもしれません。
私的にはラーメン生活後半のスタート、ちょうど折り返し地点かなと考えております。
修行時代からいれて30年ほどこの仕事をしています。今まで考えてもなかなか結果のだせないことが多くありましたが、これからは学んできたことを確実に実らせることが大切と考えています。
015%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
奇しくも本日は私の56歳の誕生日。従業員からケーキとお花をいただき、すこし照れ気味の表情です。
先ほどラーメン生活の折り返しと述べたところですが、考えれば80歳過ぎまでラーメンを作り続けることとなります。生涯現役の覚悟をしているところです。
019%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

お疲れ様 

昨日で目黒店の営業がひとまず終了いたしました。
新しい目黒本店は17日に開店いたします。
この場所で営業を始めて23年となります。途中に拡張と改装をおこないましたが、そこからも10年が過ぎようとしています。
このお店にはほんとうにお疲れ様という気持です。
長い年月にはいろいろな出来事がありおもいだせば限のないところです。しかし今は新しい店舗の立ち上げに気ぜわしく立ち回っているせいか、感慨に耽るところでもありません。
新店舗が完成したのちに、反省を含め思い返していこうと思っています。
012%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
013%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
009%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

かづ屋の龍

003%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
目黒店の外壁に描かれた龍の画です。
今は亡き友人の作です。23年間かづ屋の外装を担ってくれていました。
このたび店を移転することとなり、オリジナルは失われることとなります。
すこし寂しさもありますが、お疲れ様ということとなります。
新しい店はどんな装いとなるか、まだまだ決めかねています。ただ現在の店と同じ雰囲気は持って行こうと思っております。
龍もどこかに描きたく考えております。辰年の新春に新しい龍が、かづ屋の新店に姿を現すことでしょう。

忘年会

 ちょうどこの日が誕生日と重なったスタッフがいました。
 普段と違いすこしパーティーモードです。
 いい雰囲気につつまれた一年の締めくくりです。
016%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
 新しい顔、古くからの顔、復活した顔。
 いい顔になってきた様な気がします。
 いままでのかづ屋なかで、最強のチームができると思います。
022%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

新しい年を迎え

瞬く間に一年が過ぎ 年はじめのブログを 昨年と同じ様に綴っております。
昨年と同じといえば 今年も「タッチタイピング」の習得を目標に掲げなくてわなりません。
いまもってひとさし指のタイピングに この一年のあわただしさが実感されます。

IMG_0064.JPG
暮れの忘年会の写真です。
誤解のないよう説明をつけておきます。
私の膝の子供は 五反田店店長の長女です。また隣の女性はその子の母であり スタッフでもあります。昨年から従業員の入れ替えはありましたが 私の家族は同じ顔ぶれです。

非体育会系

本日より‘an‘に求人広告が掲載されます。
かづ屋の雰囲気を汲み取った いい広告が出来上がっています。
‘an‘のスタッフには 味もサービスも和やかな店づくりを目指している 私の意図をよく理解していただけたと満足しております。
よくありがちなラーメン屋に 店に入るなり威勢の良い掛け声で迎えられ それを従業員全員が連呼するスタイルがあります。さらには 注文を受けるや従業員が大きな声で復唱し 店独自の符丁を言いあいます。しかもその言葉の多くに 日常会話では聞けない独特のイントネーションがあり さも仕事ゆえのやりとりと思い知らされます。
すこし思い込みが強い気がしますがさらに言わせていただけるなら、その手の店のラーメンは食べて消化するのにけっこう体力がいります。味もサービスも含めて‘体育会系の店‘。巷ではけっこうでくわします。もっといえば今風ラーメン店の多数派かもしれません。
そんな店と比べるならば かづ屋は非体育会系を目指しているといえるでしょう。
お客様に対する言葉に必要以上の威勢良さよりも、はきはきとして誠実な口調で。仕事上必要にせまられて発するのではなく本心よりの接客。
味についてゆうならば インパクトよりも奥深い味わい。食べ続けられる飽きの来ないあじ。さらには老若男女をとわず安心して味わえる安全性。
かづ屋は こんな店を目指しています
%E6%94%AF%E9%82%A3%E3%82%BD%E3%83%90%20014.jpg%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20099.jpg

駐車場

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20081.jpg
 近くに駐車場ができました。
車でおみえの常連様より常ずね「あったらいいね・・・・・」と 言われてきました。
山の手通りは今後工事も増えるため 車でのご来店が難しくなるかなと思っていました。
羅漢寺の交差点にある高橋駐車場とあわせてつかっていただければ 随分と便利となります。
タイムズさん ほんとうにありがとう!
%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20065.jpg