かづ屋の手作りキムチ

DSC_0239
白菜キムチを作りました。
キムチは今から15年前にお客様にお出ししていたメニューです。
この作り方を教わったのは25年程前にかづ屋で働いていた在日韓国人の方でした。私より10才長者で以前には焼肉店も経営されていた方です。
そのレシピを元に改良を加えかづ屋ならではのキムチが評判をよんでいました。
さてその特長を上げれば、まず濃い煮干しの出汁をたっぷり使う、また白菜は真ん中の甘い黄色の部分だけ用いる、さらに唐辛子は円やかな辛さの韓国産だけしようする。その外にけっこう手間のかかっているものでした。
お客様のなかで在日韓国人もいらして、そのお母さんの作ってた味に似ていると評価していただいた事もあります。
そんな美味しいキムチも手間がかかりすぎるのでやめてしまいましたが、当時の味を覚えている者から懐かしむ声もありましたが、毎年冬になると作るといって果たさず、伝説の味になっていた感がありました。
そんなキムチをぜひ習得したいと、今年独立予定の従業員から申し出があり腰があがりました。
出来映えは当時を彷彿させる自然な味わいが出ています。そこで考えたのはメニューの復活。さて実現しますか作業手順等の調整をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>