養老渓谷温泉

DSC_0080
つげ義春の貧困旅行記にあった千葉県の養老渓谷温泉に行ってまいりました。とは言え温泉旅行などではなく小湊鉄道に乗って養老渓谷あたりをサイクリングし、本にあった鄙びた旅館を見に行った日帰り旅行です。
旅の目的のひとつが小湊鉄道に乗る事であったので温泉に浸からなくともとても充実した一日でした。
小湊鉄道はJR内房線五井駅から内陸部へ40キロ延びる私鉄ローカル線で、田園地帯をコトコトと走る素朴な鉄道のイメージがあります。確かに緑溢れる風景を進むのはとても心が和みます。電車は行きは1両で帰りは2両編成で広々とした風景に小ぶりな赤い車体は予想どおりののどかな雰囲気を醸し出していました。
しかし以外と速度があり、年を経たジーゼル機関車はその速さ以上に揺れて車体を軋ませます。さらに座席はスプリングの形状がお尻に伝わるほど薄くなっておりワイルドな乗り心地です。とは言えそんな予想と異なる処もありますが概ね満足の小湊鉄道でありました。
養老温泉駅からはレンタル自転車を借りてのんびり渓谷に向かいました。つげ義春が逗留した宿は温泉街から一軒だけ外れて渓谷の際にあります。当時から一度建替えられたそうですがそれでも充分鄙びています。渓谷を流れる水もさして勢いもなくその川に少しナダレ落ちそうな旅館は泊まらなくても独特な雰囲気は醸し出しています。
つげ義春はこに泊って辺りをうろつきながら、年金をもらいながらこの近所で暮らせばどんなだろうと妄想をめぐらせていたようです。
そこで私もこのような田舎でのんびりとラーメン屋などやって暮してみればとか、商売は昼間だけにして週に2日ぐらい定休でも家賃が安そうだからやっていけそうかな、
等など旅の道連れに妄想を膨らませておりました。
DSC_0085

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>