ミスターデンジャー@東あずま

デンジャー松長光弘
元プロレスラーのミスターデンジャーこと松永光弘の経営するステーキレストランです。
最近上辞した著書にレストラン経営はデスマッチより酷であるとあります。前回のブログでプロレスラー川田利明氏のラーメン屋経営の著書をとりあげましたが、それと同様に飲食店経営に真摯に取り組んでいる姿が伝わってきます。
店主は現役時代に過激なデスマッチで名を馳せていました。そこでは有刺鉄線バットなどの凶器を持ち込んで戦うのですが、最後にはその自らが用意した凶器で逆襲される流れがあったようです。そんなところにヒールといえども根は真面目でお人よしの本性がうかがえます。
こちらのステーキは通常のレストランでは扱わないような筋の多いい部位を仕入れ、丹念にした処理することにより柔らかいステーキに仕上げているそうです。しかしその下処理が根気と体力が必要とし元レス―ラーであった店主も音を上げるような仕事だそうです。そうして安くて柔らかなデンジャーステーキが提供されています。
いただいたのはデンジャーステーキ250g、店のお勧めはパウンドステーキ450gですがいかにもそれは食べきれまいと思いました。しかし柔らかい赤身のステーキはことのほか食べやすくお勧めでもよかったかもしれません。また食後も脂身がなかったぶん消化がよくお腹にのこりません。豪快な風貌なわりに繊細な一品でありました。
お店はカウンターとテーブル席からなるオープンキッチンの作りとなっており店主の調理風景も垣間見えます。現役時代より小さくなった体で鉄板に向かう姿はまさにステーキ相手のデスマッチの様相であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>