それぞれの立場でコロナ禍を

それぞれの立場でコロナ禍を乗り切ろうとする努力がされています。
かづ屋では営業時間短縮や外出自粛による売り上げ減少を、お持ち帰りの冷凍麺によって補おうとしています。ありがたい事に冷凍麺の売り上げが徐々に上がっています。仕込む量も一段と増やそうと考えています。
営業時間短縮しても従業員の残業は減らさず、給料は変わりなく払いたく考えています。その為に私の仕事量を減らし夜は家に帰っています。おかげで読書の時間も増え、ブログを更新する余裕もうまれました。社会に出て以来こんなに仕事量が少なかった事はありません。骨休めも兼ねて有意義に過ごしたく思っています。

感染拡大を防ぐために様々な取り組みがなされていますが、全てが的をえた試みばかりではないようです。
今日のニュースでパチンコ店の営業自粛に応じない店を公表した結果、逆にお客が殺到し長蛇の列ができたそうです。対策をたてる方にはパチンコ民の心情まで理解できなかったようです。しかし結果を冷やかす事は簡単ですが様々な要件にすべてに的確な対策は立てがたいのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>