物語 イタリアの歴史

物語イタリアの歴史
今年は私的に世界史の総ざらい(初の分野もありますが)と考えています。
手始めに新書サイズを手当たり次第にと考えて、中公新書の「物語****の歴史」を何冊か読んでみました。
そのなかで優れて面白かったのがこちらです。
筆者の藤沢道郎氏はイタリア史・文学が専門、当初はイタリアの共産主義者グラムシの研究家です、歴史の先生とすれば異色であるような。
そんな筆者であるからか語り口が軽妙で引き込まれるように読ませてくれます。そして読み進すめばちゃんと歴史の流れが入ってきてます。
本の構成はイタリア史を彩った各分野の10人の人物の評伝を通して歴史が描かれています。「聖者フランチェスコ」「コシモ・デ・メディチ」「彫刻家ミケランジェロ」等。
最終章の「作曲家ヴェルディ」ではオペラ「ナブッコ」において古代ユダヤの民の亡国の心情を歌った「行け、思いよ黄金の翼に乗って!」に、19世紀半ば、イタリア統一の途上、未だオーストリア等外国勢力が跋扈する祖国に重ね、イタリア国民の心を揺り動かしたエピソードは感動です。翌日は私もさっそくオペラ「ナブッコ」を聞きながらの散歩をしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>