餃子の王様@浅草

DSC_1354 
焼き餃子420円 うま煮そば780円
かづ屋の餃子とは対照的な野菜餃子です。野菜は驚くはど細かく切っており、皮は薄く多めの油でカリッと焼きあげており、口当たりもよろしく食が進みます。
町中華とはかくなるものかといった店です。
時折、かづ屋を町中華とする書き込みがありますがそれは全くの間違いです。町中華は必ず煽りものがあります。煽りものとは中華鍋で炒める料理です。それとスープの作り方がちがいます。よく要点を抑えて考えれば町中華とラーメン店とは明らかなちがいがあります。
ここ数十年、平成の世に町中華は減少しラーメン店が幅を利かすようになっています。なぜか、皆さん後継者いらっしゃらないようです。
 町中華の興隆は昭和の高度経済成長期にあったようです。店のの方によると、あの時代は企業の残業も多く、ランチタイムもそこそこに稼いだうえに夕方にも出前の注文がたくさんきたようです。
 今、町中華は少なくなっています。その多くは後継者がいなくて閉店に至っています。昭和の時代に忙しく働いておられた方々の子供世代がこの仕事にを引き継ぐだけの魅力を感じてないようです。長時間労働のわりに収入もさしてであればしかたないでしょう。
 常々考えている処ですがもう少し値段を上げれば魅力的な仕事として継承してもらえるのではないでしょうか。すべての料理を100円値上げしても十分納得してもらえると考えます。
 多店舗経営の店はスケールメリットを生かし低価格の設定で経営を進めています。そんな土俵へは個人経営の店は乗るべきではないでしょう。個人経営の店では値段はすこしばかり高くとも手作り方の味を楽しんでいただくべきです。
 時々、飲食店のレポートで安値を評価されている
のに出くわします。それは一般的の方であれば理解もできますが飲食業を批評されている方であれば少し考えていただきたい処です。 町中華のような店が今後とも存続していく為には、すこしばかり値段が高くてもそれを好意的に受け入れていただきところです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>