上海小吃@新宿

P_20190605_175811
 上海葱油麺を求めて新宿の”上海小吃”にまいりましたが、まさに「陋巷に在り」といった感のお店です。歌舞伎町の奥深くまたさらに細い路地に入り込んだ所在は、かつて訪れた上海県城の最も深い路地のようなたたずまいがあります。現地感の強い料理をそれに相応しいロケーションで食べられると云うことです。
 上海葱油麺はとはこんなものなのか、前回の店同様に生温い麺料理です。しかしこれも慣れなのか葱油の香りが鼻腔の奥から薫ってきます。油断しているとガッツいて食べてしまいそうに味に馴染んできています。これはもう少しでハマりそうなのでしょうか。
 箸休めのつもりでスペアリブの黒酢煮込みも注文しましたがこれが美味しい。煮込まれて角の取れた黒酢の味が骨付き肉に絡み、実は舌と歯で触ればほぐれてくれます。見た目は濃い色合いですがとても爽やかな食べ心地です。
 店構えからは足を踏み入れるのを躊躇してしまいましたが、たしかな料理がたべられます。また店の雰囲気も雑然としていますが興味を持ってば眺めればこれはこれで楽しめます。私的にはその中で毛沢東と林彪が並んで微笑んでるレリーフを見つけてひとり心を踊らせておりました。
 
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目3−1
03-3232-5909
<上海小吃a>
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>