「口驕りて久し」邱 永漢

content
 従業員と食物誌の話しとなり邱 永漢の「食は広州に在り 」を薦めるとともに私も読み返してもみました。さらにその名著から半世紀後、著者の最晩年の食物誌も読んでみました。
「口驕りて久し」とは題名からして響いてくるものがあります。それは世間一般もそうであるようで全く私にも同様であるようです。といっても決して美食を行ってるのではなく好きなものを食べている、要は食べ物の選択肢が豊富になった時代に生きている事なのでしょう。
 題名は著者ご自身の事として云われておられるのでしょうが世の人はあまねく口が驕っているのがこの頃ではないでしょか。
 「食は広州に在り 」では食にまつわる故事来歴の処が読み応えがありました。方や「口驕りて久し」では昨今の食事情が旨く紹介されています。
 その中で上海葱油麺取り上げ、この具のほとんどないシンプルな麺料理を比類なき極めつけとされていました。これは私とって未知の麺で否が応でも興味が湧いてきました。
 さてこの東京のどこで食べられるか、ネットで探せば浅草橋の上海料理の店とあり、さっそく出かけてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>