平成の終わりに

平成が終わりを迎えようとしています。様々な媒体をとおしこの時代の総括などが伝えられていますので私的にもその真似事などを。
身近で考えるならば平成はラーメン勃興の時代でありました。この馴染みのある食べ物が個人的にも世間的にも圧倒的な存在感となった時代でした。
言うまでもなく元号は日本国における暦ですので国内のこの時代を特徴ずけるのはどんな事なのか。それを悲観的な視線で捉え自然災害の多さや国力の衰退などを言及するのにでくわします。しかし災害は自然界の長い時間のなかでそこまで頻度の多い時代かと専門家に聞きたい処です。また国力は衰退したとあれば、それではかつてはそこまで圧倒的な力であったのかと疑問です。
では私的に平成の世を特徴ずけている事柄といえばインターネットの普及と考えています。昭和の時代では想像だにしなかった情報のやりとりは、令和の世の大きな変革を予見させます。平成はそんな時代の下地を作った世であったかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>