「たんたん亭の系譜」補足2

たんたん亭の系譜から洩れた4軒。
そのうち2軒は半年も営業せずに閉店にいたりました。
まずは1998年頃大田区で開業した店。店主は修行期間は2年程でまだまだ早い感はありましたが諸事情により開業に向かい、私もそこそこに協力をしました。
開店後は入客も良く上々の滑り出しの感もある数ヶ月でしたが、店主は何を考えたか、フードコーディネーターに依頼し、たんたん亭の係累と異なる味で再スタートをする事に。そのフードコーディネーターはテレビにも頻繁に出演する有名な方で、この時もテレビの企画込み、さらに費用も数百万円かかったようです。
しかしテレビの収録をすませリニューアル開業をした数日後に店主は不慮の死をとげてしまいました。店主の方向転換から全く関わりをもたなかったので詳しい事は判らず、また遺族の方に根掘り葉掘り聞くのもはばかられ、今もって判らない処もあります。色々な意味で残念で悲劇的な一件でありました。
もう一件は2012年に港区で開業した店です。
2年程勤めていた従業員でしたがラーメン屋の資質とは随分とかけ離れた人物だったので、私は事ある度にこの業界から外れるように忠告をしていました。退職後しばらくして店を開業したようですが元々独立には否定的な意見を伝えていたので私に協力を求めてはきませんでした。
そんな店はそこそこに評価をされたり、かづ屋との関係を取り沙汰されたりもしておりました。しかし彼が私をおもんばかりか、参考にはしたが直接には教えられてはいないと、その関係性を否定していました。
しかし半年もせず店を閉めたと伝え聞き驚きましたが、彼のギャンブラー的資質がそれを行わせたのか、また“損切り”とは行うは難しく、それが出来るのは才能の一つかもと考えてもみました。
その後通りで偶然彼と出くわし、屈託なく元の業界に戻り元気に働いていると語ってくれ、気持ち良く別れた事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>