「たんたん亭の系譜」補足1

かづ屋六本木店の実際は私の友人が経営者でした。
まずは友人から不安定な業種からの転向を持ちかけられて、そこで私が店作りを協力する事になった次第です。
当初は、かづ屋やから独立した店とするつもりでしたが、友人のたっての願いから支店として開業しました。その為スタッフもかづ屋やたんたん亭から連れて行き、私も何ヵ月も毎日六本木に詰めていました。
しかし、支店とすると私からの制約が多すぎて自由な店作りに支障をきたしているようなので、後に名前はそのままに”のれん分け”にしました。こうして別経営をうたってはみましたが当初の認識が覆るのは難しく、かづ屋六本木支店がいまだに通っているようです。
かづ屋は私の個性から創られた店です。なまじまがい物を作るよりは勉強して自分の個性をだすべきでしょう。その為の協力は惜しみ無くすつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>